MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

PERSON

2021.08.24

「椅子にはクリエイターの思想や哲学が表れる」チームラボ代表・猪子寿之

苦楽をともにした仲間、憧れのアートピース。椅子とは座るための単なる道具ではなく、その存在を紐解けば、人生の相棒とも呼べる存在であることがわかる。チームラボ代表・猪子寿之さんが愛でる椅子と、そのストーリーとは? 「最高の仕事を生む椅子」特集はこちら

猪子寿之

チームラボプラネッツの建物に巻きついたベンチ/デザイナー:チームラボアーキテクツ 製作年:2018年

他者が存在し、椅子以外のものに変化するベンチ

さながら大きなプラレールのようなベンチだ。曲がりくねり、上り下り、時には交差しながら、延びゆく先は飲食販売店。さっきまでのベンチはここではカウンターとなって、建物に巻きつく。東京・豊洲の「チームラボプラネッツTOKYO DMM」の前に設置されたベンチは、「チームラボの思想、哲学の象徴」と代表の猪子寿之さんが語る。

「椅子は、昔から芸術家や建築家が自らの思想を表現するためにつくられてきました。このベンチも同じ。チームラボが大切にしているのは、他者の存在を肯定すること。そして連続した物語があること。普通は、座る自分と椅子しか存在しない。でもこのベンチには他者が存在するし、さらに椅子以外のものへと変化することもあります」

複雑に重なる平面、曲面は、座るだけでなく、机やテーブルとしても使用可能。空いている時なら傾斜部分を寝椅子のように使うこともできる。

「大人がご飯を食べている横で、子供たちが遊具のように登って楽しんでいる。そういう光景を見ると、"いい椅子"がつくれたなと思います」

オフィスや自宅ではハーマンミラーの「コズムチェア」を愛用している猪子さん。しかし座ることは少ないそう。「なるべく椅子には座りたくない(笑)。会社ではいつも歩き回っていますし、会議の時もウロウロしていることが多い」

国内外で複数のプロジェクトを同時進行しているチームラボの猪子さんだが、頭のなかではさらにいくつも新しいアイデアが生まれているという。

「実は新しい椅子もつくりたいと思っているんです。道具であり、彫刻であり、遊具でもあるような……そのうち実現できると思っています」

TOSHIYUKI INOKO
1977年徳島県生まれ。2001年、東京大学工学部卒業と同時にチームラボを創業。独創的なデジタルテクノロジーによるアートの展示が国内外で大きな話題に。現在、アートとサウナをかけ合わせた『チームラボ&TikTok, チームラボ リコネクト:アートとサウナ』開催中。

TEXT=川上康介

PHOTOGRAPH=長尾真志

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

ゲーテ7月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ7月号』が2024年5月24日に発売。今号は、“美食四兄弟”が愛してやまない恍惚レストラン。 秋元 康・小山薫堂・中田英寿・見城 徹がこの一年の間に通ったベストレストランを紹介する。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる