MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

PERSON

2021.08.10

無類の椅子好き、原田マハの人生を支えた運命的な出合い

苦楽をともにした仲間、憧れのアートピース。椅子とは座るための単なる道具ではなく、その存在を紐解けば、人生の相棒とも呼べる存在であることがわかる。原田マハさんが愛でる一脚と、そのストーリーとは? 「最高の仕事を生む椅子」特集はこちら

原田マハ

蓼科の家のリビング。緑を背にした一角がLC4の定位置に。「美しい椅子は見るだけで満足。私より猫や犬のほうが使っています(笑)」。

惹かれるのは背景にあるデザイナーの思いや時代性

「無類の椅子好き」と公言する作家・原田マハさん。東京、蓼科(たてしな)、パリに持つ制作拠点には、いくつもの名作椅子が並ぶ。なかでも、人生に「意外な経験をもたらしてくれる」というのが、ル・コルビュジエとピエール・ジャンヌレ、シャルロット・ペリアンが手がけた「LC4」と「LC2」だ。

LC4との出合いは16年前。作家デビューのきっかけとなった小説『カフーを待ちわびて』で、第一回日本ラブストーリー大賞を受賞した時だ。

「スポンサーのウェディング会社からの副賞がウェディングドレスだったので(笑)、既婚者だからと辞退したところ、代わりに届いたのが、その会社が輸入していたLC4だったんです」

実は原田さんの大学の卒業論文は「ル・コルビュジエの絵画論」。学生の頃、何度も見たあの椅子が、期せずして自分のものとなったのだ。

「運命的な出合いに驚きました。でもなぜこの椅子が私のもとに来たのか、改めて考えたんです。その時、まるで啓示のように『いずれ私はこの椅子にふさわしい家をつくる!』と心に決めました」

以来『楽園のカンヴァス』での山本周五郎賞受賞をはじめ、数々のベストセラーを創出。そして7年後、誓いどおりLC4のための蓼科の家が完成した。

「LC4は私の作家人生とともに歩んできた椅子なんです」

そしてLC2にも、ちょっとしたエピソードがある。海外の拠点とするパリで、執筆の合間に行くのが百貨店、ル・ボン・マルシェ。目当ては買い物だけでなく、店内の要所に置かれているLC2だ。

「身体を包みこむようなLC2に座るたびに、いつかこの椅子を迎えられるような部屋に住みたいと思っていました」

一昨年、それにふさわしい部屋を見つけ「いよいよだ」と決断。高価なため悩んだが、「アートだと思って買えばいい」という友人の言葉に背中を押され、「どうせなら全部を最上級にする!」と、座面やフレーム素材など、金額を度外視して自分好みの1脚をオーダーした。そして待つこと2ヵ月。新居に届いたLC2は、なぜか2脚!

原田マハ

「〝一生に1脚〞のつもりが、気づかず2脚オーダーしていたようで。とても得した気分になりました(笑)」と、思わぬ結末を今は楽しんでいる。

購入後すぐコロナ禍となり、座り心地を十分に堪能はしていないが「LC2がある部屋に帰るんだと思うだけで、豊かな気分になる」と再会を待ちわびる。

新刊ミステリー『リボルバー』でも椅子が大きな鍵となる

そんなパリで書かれたのが、ゴッホの死の謎に迫る新刊ミステリー『リボルバー』だ。舞台化も決まり、その脚本も手がけているが、実は舞台ではゴッホが描いた2枚の"椅子の絵"が大きな鍵になっているという。

「ライバルでもあり、友人でもあったゴッホとゴーギャンの心の距離感を象徴するのが、その椅子なんです」

1枚の絵から画家の心の声を読み取るように、原田さんにとって椅子とは「その背景に魅力を感じるもの」だという。

「デザイン以上に、椅子に込められたデザイナーの思いや時代性に惹かれます。インテリアの一部というより、そのクリエイターのスピリットと一緒に暮らすようなものだと思いますね」

作家人生の始まりを告げ、執筆意欲をかき立てたLC4、そして遠く離れたパリを、通過点ではなく戻るべき場所にしたLC2。運命的な出合いをした椅子が醸成する豊かな空間は、原田さんが紡ぎだす文章に、静かに、しかし確実に影響を与えているに違いない。

LC2

LC2
デザイナー:ル・コルビュジエ、ピエール・ジャンヌレ、シャルロット・ペリアン
ブランド: カッシーナ
購入年:2019年
購入場所:パリのル・ボン・マルシェ

LC4

LC4
デザイナー:ル・コルビュジエ、ピエール・ジャンヌレ、シャルロット・ペリアン
ブランド: カッシーナ
購入年:2005年
購入場所:いただき物

原田マハ
MAHA HARADA
1962年東京都生まれ。関西学院大学文学部、早稲田大学第二文学部卒業。伊藤忠商事、森美術館などを経て、2006年に『カフーを待ちわびて』で小説家デビュー。著書に『楽園のカンヴァス』『暗幕のゲルニカ』ほか多数。

リボルバー
幻冬舎 ¥1,760
パリのオークション会社に持ちこまれたのは錆だらけのリボルバー……。ゴッホの死を巡る著者最新のミステリー。

TEXT=牛丸由紀子

PHOTOGRAPH=小野祐次(部屋・上)、川口賢典(部屋・下)、嶋本麻利沙(原田マハさん)

PICK UP

STORY

MAGAZINE

9月号 Now on sale

ゲーテ9月号はハワイ特集。最強のハワイガイドが完成!

2022年ゲーテ9月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

9月号 Now on sale

ゲーテ9月号はハワイ特集。最強のハワイガイドが完成!

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]9月号が2022年7月25日に発売。総力特集は「涙するハワイ」。誰しもの心の故郷ともいえるハワイをどこよりも早く、アップデートしたハワイ情報を一挙に紹介する。そのほか、二宮和也のインタビューやゲーテ公式ECサイト「ゲーテストア」限定アイテムも必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる