GOETHE

MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

PERSON

2016.08.05

寺田和正×似鳥昭雄 ~相師相愛vol.01「知人の結婚式で隣に座り、叱られた。明日、勉強しに会社に来い!」

師匠か、恩師か、目をかける若手か、はたまた一生のライバルか。相思相愛ならぬ「相師相愛」ともいえるふたりの姿をご紹介。第1回は、アニキと慕う経営者と慕われる経営者。

相師相愛1

寺田 振り返れば2009年、出会いは共通の知人の結婚式でしたね。仕事はどうだ、なんて話から気づけば説教されて。

似鳥 はて、そうだったかな。

寺田 本気で怒られたんですよ。今のままではダメだ、泥船の船長だ、社員がかわいそうだ……。

似鳥 泥船はいい表現だったなぁ。あの時は自然に出てきた。

寺田 ショックでしたよ。会社やってて叱られることなんてありませんから。そのうえ、勉強しに会社に来い! と言われて。

似鳥 誰にでも言うわけじゃないよ。人なつっこいところがあったから。社長には苦言を呈してくれる人はいない。間違った方向に気づけない。僕は師匠がいて、徹底的にしごかれた。そういう存在がいないのは、かわいそうだとよく思うよね。

寺田 実際、伸び悩んでいる時期でした。翌日、会社の幹部に相談したら「行かなくてもいいんじゃないか」と。あ、これではダメだ、と僕はむしろ反省したんです。叱られに行くことになるけど、敢(あ)えて行こうと。

似鳥 忙しいから、無理に会うこともなかったんだけど(笑)。

寺田 来い、と何度も言ったじゃないですか(笑)。

似鳥 最初から2時間半いたよね、タダで(笑)。1時間100万円は欲しかったなぁ(笑)。

寺田 でも、本当に愛情を感じました。ニトリの強さの秘密をすべてさらけ出してもらって。担当者まで社内から呼び出して説明してくれたり。この時もひどく叱られましたけど。

似鳥 また来られたら大変だと思って(笑)。でも、あんなに叱ったのに次も来たよね。

寺田 会社にうかがって本当に衝撃を受けたんです。椅子や机の配置に始まり、すべてに緩みがない。しかも改革するんだという空気に満ちていて。自分の足元を見つめ直しました。全国を回って1300人の全販売スタッフと面談をしたのは、ニトリの凄まじい事業へのこだわりを見せてもらったからです。

似鳥 経営は科学と論理。僕は師匠に褒(ほ)められたことはなかった。叩いて叩いて立ち上がれないくらいにするのが師匠。でも、師匠のおかげでここまで来れた。

寺田 僕はこの人についていこうと思いました。アニキなんて他の誰のことも呼ばないです。この人のためなら何でもできる。そのくらいのつもりでいようと。それこそ、この女性と結婚しろと言われたら、しますよ。

似鳥 薦められる人がいないな(笑)。

サマンサタバサジャパンリミテッド創業者 寺田和正(左)
1965年生まれ。94年、サマンサタバサジャパンリミテッド設立。華やかなデザインのバッグやジュエリーを主体に、若い女性たちから圧倒的な支持を得ている。

ニトリ 創業者 似鳥昭雄(右)
1944年生まれ。67年、似鳥家具店を創業。85年、家具のチェーンストアを志し、似鳥家具卸センター設立。経営コンサルタントの渥美俊一氏を師と仰ぐ。

PICK UP

STORY

MAGAZINE

12月号 Now on sale

経営者が読む座右の漫画 表紙 V6

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

12月号 Now on sale

経営者が読む座右の漫画 表紙 V6

10月24日発売の「ゲーテ12月号」は座右の漫画特集!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

Salon Memberになる