MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

TRAVEL

2024.05.14

1フロア1室! ワイキキビーチ眼前のプライベートホテル「エスパシオ ザ ジュエル オブ ワイキキ」に潜入!

よく知っている通りに最新ホテルが! さらに昔泊まったあのホテルが実は劇的な進化を遂げている、なんてことも。生まれ変わりつつあるオアフのホテルから、今回は「エスパシオ ザ ジュエル オブ ワイキキ」をご紹介。【特集 魂のハワイ】

「エスパシオ ザ ジュエル オブ ワイキキ」のプール
最上階のプールは90分間の予約貸切制。レストランから食事をプールサイドに運んできて楽しむことも。

究極のプライバシーを保つ

現在オアフでは、ホテルの開業や、老舗ホテルのリニューアルが相次いでいる。パンデミックで延期になった開業計画が再開、あるいは休業期間中に改装工事を始めるホテルも多くあったことが現在につながっているのだろう。さらにパンデミック直前に開業したホテルは、世界中の人が旅を楽しむようになった今、改めてその存在をアピールし始めている。

2019年にワイキキビーチの前にオープンした「エスパシオ ザ ジュエル オブ ワイキキ」もそのうちのひとつだ。かつては72の客室があったホテルの建物を、わずか9室のみに作り変え、優雅な寛ぎの空間を実現させた。入り口には鍵がかかっているため宿泊者のみが入ることを許されるなど、セキュリティも厳重。ハワイを訪れる富裕層はより安全性とプライバシーを重視するようになったことが感じられる。

一方、街中の老舗ホテルでは、水回りは最新鋭に整えつつ、1950〜’70年代のレトロなアメリカを感じさせるデザインへの改装がトレンド。古きよきが、新しく感じられるようになった今、ハワイのホテルで世界の流行をチェックしたい。

エスパシオ ザ ジュエル オブ ワイキキ

喧騒をよそに圧倒的プライベート感

ワイキキビーチ前という目抜き通りにありながら、全米からセレブリティがお忍びで訪れるホテルがある。それが「エスパシオ ザ ジュエル オブ ワイキキ」だ。

209㎡、2または3ベッドルームの客室が、全9室。1フロアに1部屋ずつとなるため、館内で他のゲストの姿を見ることはほぼなく、チェックイン時も顔を合わせないよう計算されている。室内にある専用エレベーターは、部屋から2階のレストラン階、最上階のスパ・プールを結ぶ。他の階に止まることはないためプライベートエレベーターとして利用可能。プライバシーを守ることにとことん重きを置いているホテルだ。

ふたつまたは3つのベッドルームはそれぞれバス・トイレ、ウォークインクローゼットつき。ラナイにあるジャグジーに浸かれば、外のビーチのざわめきが嘘のよう。

「ジュエリーボックスの中」というテーマのもと、インテリアには大理石がいたる所に使われ、ダイヤモンドカットが施されたクリスタル調のチェストボードが輝く。ワイキキの中心の宝石箱のような空間で、静かな時間を過ごすことができる、だからこそセレブたちはここを常宿として選んでいるのだ。

【特集 魂のハワイ】

この記事はGOETHE 2024年6月号「総力特集:ボルテージが上がる! 魂のハワイ」に掲載。▶︎▶︎ 購入はこちら

TEXT=安井桃子

PHOTOGRAPH=Hisashi Uchida COORDINATE=Mike Kelly

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

ゲーテ7月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ7月号』が2024年5月24日に発売。今号は、“美食四兄弟”が愛してやまない恍惚レストラン。 秋元 康・小山薫堂・中田英寿・見城 徹がこの一年の間に通ったベストレストランを紹介する。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる