MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

TRAVEL

2022.08.14

ハワイで今一番お薦めのイケてるサーフショップとパタゴニア新店──#本田直之のハワイ新常識 6

平常時は年に5ヵ月をハワイで過ごす本田直之さんが現地から情報をお届けする連載「#本田直之のハワイ新常識」。第6回はハワイを訪れたら立ち寄りたい、本田さんオススメのショッピングスポットを紹介する。【過去の連載記事】

Patagonia Honolulu

大型店舗「パタゴニア ホノルル」で「パタロハ」のTシャツをチェック!

日本人に大人気のアパレルブランド、パタゴニア。ワード店が、2021年に少し離れた場所に移転し、リニューアルオープンした。その大きさが半端ない。広さが734平米あり、まるで倉庫のよう。お土産としても人気のハワイ限定ブランド「パタロハ」もかなりバリエーションが豊富だ。

新店舗には、その「パタロハ」のTシャツがまるでギャラリーのように展示してある。天井も高く、商品展示にゆとりがあるので買い物をゆっくり楽しむことができる。

久しぶりにかわいいなと思ったのがミニ・トートバッグ。女性が財布と携帯をいれて持ち歩くとき、またオフィスに持って行くお弁当を入れるのにぴったりのサイズ。

パタゴニアはSDGsという言葉が流行る前から率先してサステナブルやエコロジーといった取り組みをしていた企業だけに、トートなどを生産する際に端切れを出にくくするプロセスやフェアトレード・サーティファイドの縫製を採用している。店内にはパタゴニアのそういった精神をわかりやすく説明する展示があり、その世界観を感じられる造りとなっているのも好印象だ。

Patagonia Honolulu(パタゴニア ホノルル)
住所:535 Ward Ave, Honolulu

「HAWAIIAN SOUTH SHORE」でボードを買って、ハワイの波に乗る

ハワイに来たサーフィンをする友人から「どこでボードを買っていいかわからない。オススメのサーフショップを教えてください」と、よく聞かれる。

今、僕のイチオシは「HAWAIIAN SOUTH SHORE」。場所はカカアコ。店の入り口にある黄色のサーフボードが目印の、ワードアベニューに面した路面店で駐車場もある。かなりおしゃれなセレクトショップではあるが、ボードの品揃えもなかなか。僕のイチオシ「Firewire」の種類がとにかく豊富だ。先日、日本で18万円ぐらいする板を1,050ドルで手に入れた。

他にも「JS Industries」「Lost」「Thunderbolt」なども扱っていて、リーシュやサーフボードフィンも揃っている。

ゆっくりボード選びする間、飽きてしまいがちの女性たちも、ハワイの老舗ブランド「Aloha Days」のTシャツを始め「Banks journal」「VISSLA」「Outerknown」などもあるから、お土産にいいよと誘ってみてはいかがだろう。

HAWAIIAN SOUTH SHORE
住所:320 Ward Avenue #112 Honolulu

【連載 #本田直之のハワイ新常識はこちら】

Naoyuki Honda
レバレッジコンサルティング代表取締役。オンラインサロンHonda Lab.主宰。ハワイと東京に拠点を構え、デュアルライフを実施。ハワイに関する著書や、近著に『パーソナル・トランスフォーメーション』。

COMPOSITION=今井恵

TEXT=本田直之

PICK UP

STORY

MAGAZINE

11月号 Now on sale

ゲーテ11月号表紙は相葉雅紀。エグゼクティブの服選び&秘められし京都の2大特集。

月刊誌「ゲーテ」2022年11月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

11月号 Now on sale

ゲーテ11月号表紙は相葉雅紀。エグゼクティブの服選び&秘められし京都の2大特集。

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]11月号が2022年9月24日に発売となる。今号は秋のファッションと京都の2大特集。さらに、くりぃむしちゅー有田哲平に密着し、普段は見せないビジネス脳を丸裸にする企画ほか、相葉雅紀のインタビューやゲーテ公式ECサイト「ゲーテストア」限定アイテムも必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる