MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

TRAVEL

2022.07.08

京都の”美”が凝縮した「THE HOTEL HIGASHIYAMA」オープン!

東山・白川橋から蹴上までのエリアは粟田口といわれるかつての宿場町。東海道山科から入洛する入口のひとつだった。2022年7月7日に由緒ある粟田口に誕生した「THE HOTEL HIGASHIYAMA by Kyoto Tokyu Hotel」。その魅力を紹介する。

THE HOTEL HIGASHIYAMA by Kyoto Tokyu Hotel

風光明媚な東山に誕生した、京都の伝統文化を体感できるホテル

南禅寺や建仁寺などの名刹のほか、京都市京セラ美術館や京都市動物園などが点在する東山は、京都のアカデミックなエリア。春は桜、秋は紅葉を愛でて古都の風情を楽しめるだけでなく、歴史文化や京料理などにも触れることができる。

そんな東山に2022年7月7日、「THE HOTEL HIGASHIYAMA by Kyoto Tokyu Hotel」が開業した。東隣には粟田神社、南側には青蓮院門跡がある絶好のロケーション。かつては粟田小学校だった敷地を生かし、現代的でありながらも古都の伝統を感じられるホテルになっている。

ロビー

ロビーフロア

たとえば、足を踏み入れたロビーでゲストを迎えるのは、吹き抜け部分にかけられる大きな西陣織の織物アート。粟田小学校に由来する文様や校章、校舎図などをモチーフに、華やかな色合いを印象付ける。

ほかにも、この地で発祥した粟田焼をはじめとする京焼、竹細工、京唐紙の版木などさまざまな伝統工芸品を館内に展示。卓越した本物の技を間近に体感できる空間となっており、これから始まる滞在への期待に胸が膨らむ。

カフェ

Tea & Bar「Sarei produced by Gion Tsujiri」

館内のレストランやカフェ・バーも京都の名産や風習に触れられる場所。ロビーフロアにあるTea & Bar「Sarei produced by Gion Tsujiri」は、1860年創業の宇治茶の老舗「祇園辻利」がプロデュース。ボトリングティなどオリジナルメニューを味わえるほか、宇治茶講座をはじめとしたワークショップも開催されるので、滞在の機会に体験してほしい。

レストラン

レストラン「ナナノイチ」

地階のレストラン「ナナノイチ」では、ランチ、ディナーともに和のエッセンスを盛り込んだ京フレンチを提供。調味料から野菜まで地元の食材を使った個性的な料理を堪能できる。

また、ここでは宿泊のゲストの朝食も用意。おばんざいを中心に京都の食材を使った和朝食、焼き立てパンと卵料理の洋朝食、どちらか好きな方を選んで、一日をスタートしたい。

併設の「AMUSE BAR」では、ワインや季節のカクテル、フィンガーアミューズも用意されており、レストランと合わせてさまざまなシーンで利用できる。

クラフトショップ

クラフトショップ「Craft Editions produced by Kyoto Museum of Crafts and Design」

ホテルのコンセプトである「京の極み 東に宿る」からもわかるように、京都が極めてきた技や味を手に取るように実感できるのがこのホテルの魅力だろう。

クラフトショップ「Craft Editions produced by Kyoto Museum of Crafts and Design」を館内に併設し、伝統工芸品を販売することもそのひとつ。京焼、清水焼、京友禅、京扇子など、京都でしか出会えない逸品に出会うことができる。

さらに、滞在中にホテルのオリジナルアクティビティ「京いろは」を実体験できるのも嬉しいところ。「京いろは」は、五感に合わせて5つの切り口からアプローチした、京都の文化を愉しみながら感じられるプログラム。唐紙制作、陶芸、写経、和菓子づくり、扇子絵付けなどを実際に体験できる。

観光や美味を満喫し、アクティビティを経験することで、五感に響く滞在を楽しめる。この最新のホテルなら、きっと記憶に残る京都旅を堪能できるに違いない。

 

THE HOTEL HIGASHIYAMA by Kyoto Tokyu Hotel

THE HOTEL HIGASHIYAMA by Kyoto Tokyu Hotel
住所:京都市東山区三条通白川橋東入三丁目夷町175-2
TEL:075-533-6109
施設:フロント、ロビー、レストラン、Tea & Bar、ショップ、プライベートスパ 他
客室数:168室
アクセス:京都市営地下鉄東西線「東山駅」徒歩約4分、JR「京都駅」よりタクシー約20分

※開業を記念した宿泊プランを用意。エグゼクティブタイプ(ツイン・キング)に泊まり、ギフトが付いて1泊食事なし¥35,000~、朝食付きで¥40,000~(2名1室料金)。今後は神社仏閣の特別拝観プランなど、多彩な宿泊プランを企画する。

TEXT=中井シノブ

PICK UP

STORY

MAGAZINE

11月号 Now on sale

ゲーテ11月号表紙は相葉雅紀。エグゼクティブの服選び&秘められし京都の2大特集。

月刊誌「ゲーテ」2022年11月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

11月号 Now on sale

ゲーテ11月号表紙は相葉雅紀。エグゼクティブの服選び&秘められし京都の2大特集。

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]11月号が2022年9月24日に発売となる。今号は秋のファッションと京都の2大特集。さらに、くりぃむしちゅー有田哲平に密着し、普段は見せないビジネス脳を丸裸にする企画ほか、相葉雅紀のインタビューやゲーテ公式ECサイト「ゲーテストア」限定アイテムも必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる