MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

AND MORE

2022.11.17

専用スパ、レストラン、健康相談室も。虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワーの凄い特権サービス

森ビル史上、最高峰ともいえるクオリティを誇るレジデンス、虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワーが誕生した。住空間として世界標準を実現した最新レジデンスをご紹介する。【特集 浪漫のある家】

虎ノ門 ライブラリー

1階にあるライブラリー。美術書から絵本までさまざまな本が揃う。

暮らしを全面サポート! 至れり尽くせりのサービス

虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワーの素晴らしさは、部屋やその眺望だけにとどまらない。

デザインを手がけたトニー・チー氏が「居住者がエントランスを入った瞬間から、このレジデンスがひとつの家だと感じられる場所にしたい」と語ったように、居住者がいかにこのレジデンスの中で心地よく過ごせるかを考え抜いた、あらゆるサービスが揃っているのだ。

虎ノ門 エントランス

エントランス奥には、ベルナール・フリズ氏の作品が。

今回、森ビルのレジデンスで初めてつくられたのが、居住者専用のレストラン「虎ノ門ヒルズキッチン」だ。レジデンスという家の中でお腹を満たす場所として、“キッチン”と名づけられたレストランは、ブッフェ形式の朝食に始まり、軽食からカレーやちらし寿司、黒毛和牛のステーキなど種類も豊富。オーガニック野菜や、血糖値が上がりにくいアガベシロップをドリンクに使用するなど、居住者の健康に配慮し、安心な食材を使用したメニューを提供する。もちろん料理は部屋やラウンジなどへのルームサービスも可能なので便利だ。

虎ノ門 キッチン

虎ノ門ヒルズキッチンは居住者と同伴者の利用が可能だ。

虎ノ門 キッチン

虎ノ門ヒルズキッチンからは美しい水盤を望める。

レストランとともに居住者に人気なのが「虎ノ門ヒルズスパ」。ジムやトリートメントルームのほか、特筆に値するのが他のレジデンスにはなかなかない25mのプール。広々としたプールに浮かべば最上の気持ちよさが味わえる。テクノジムのマシンが並び、200㎡もの広さを誇るジムは、ピラティスなどのプログラムも充実。タオル、ウェアや水着などはすべて揃っているので、部屋からは何も持たずに気軽に来ることができるのも居住者の特権だ。

虎ノ門 ジム

広がる緑を眺めながらトレーニング。広いジムには、テクノジムのマシンが揃う。トレーナーも常駐する。

虎ノ門 プール

25mプールを備える会員制スパ。キッズ向けのスクールも開催。

41階にはゲストハウスとして使える、大きな窓から広がる眺望を楽しめるキッチンつきのダイニングやリビングを完備している。友人を招いてのパーティや出張シェフを呼んだ食事会などを開いてもいい。同じフロアには、遠方の家族などの宿泊に使えるゲストルームもあり、大切な人たちをもてなす場も揃っている。

虎ノ門 ゲストルーム

来訪者が宿泊できるゲストルーム。

居住者の日々の暮らしを支えるサービスを

またその存在だけでも安心感を得られるのが、健康相談室だ。東京慈恵会医科大学附属病院と連携し、医師の診察は決まった時間のみだが、看護師は24時間常駐。日常の健康相談のほか、子供の急な発熱や夜間の体調不良など心配な時は電話でも対面でも、いつでも相談することができる。看護師は英語対応も可能なので、サービスアパートメント滞在の海外からの出張者も安心して相談できる。

虎ノ門 健康相談室

健康相談室は24時間相談可能。診察は慈恵医大の医師が担当する。

その他、スカイスイートの居住者には専用のフロントとラウンジ「スカイサロン」が。広々としたサロンではコーヒーやソフトドリンク、スナックを用意。虎ノ門ヒルズキッチンからのルームサービスも可能なので、友人とのちょっとした歓談など、自由に使うことができる。

虎ノ門 スカイサロン

スカイスイート居住者専用のラウンジ“スカイサロン”。

施設だけではなく、居住者のためのサービスはまだまだある。帰宅時のクルマはバレーパーキングへ。クルマと鍵を預けて、そのまま部屋へ向かうだけ。スタッフが駐車場へ入庫してくれる。外出の際も事前に連絡すれば、スタッフが時間に合わせてクルマ寄せにクルマを出してくれる便利なサービスだ。

虎ノ門 フロント

スイートとサービスアパートメント専用フロントにもアートが。

またスカイスイート居住者なら、空室管理サービスも。長期間不在中の清掃や換気などのほか、帰宅前に部屋の準備をしておくなどの手配が可能に。久しぶりに戻ってきたその日から、いつもの生活ができるよう整えてくれる。

施設の充実度だけではなく、日々の暮らしを心地よく過ごすサポートが揃っている。

虎ノ門 外観

外観デザインを手がけたのは、建築家クリストフ・インゲンホーフェン氏。低層階の外観に植栽を設け、近隣の愛宕山へとつながるグリーンベルトに。

虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー
住所:東京都港区愛宕1-1-1
間取り:スイート56.56㎡(1BR)~、スカイスイート124.11㎡(2BR)~
総戸数:547戸(サービスアパートメント 160戸・スイート 328戸・スカイスイート 59戸)

【関連記事】
■森ビル史上、最高峰ともいえるクオリティ! 話題の虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワーとは
■虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー、短期滞在型サービスアパートメントとは

【特集 浪漫のある家】

TEXT=牛丸由紀子

PHOTOGRAPH=鈴木拓也

PICK UP

STORY

MAGAZINE

1月号 Now on sale

ゲーテ1月号表紙は松田翔太。エグゼクティブを刺激するスノーリゾート&時計の2大特集。

ゲーテ1月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

1月号 Now on sale

ゲーテ1月号表紙は松田翔太。エグゼクティブを刺激するスノーリゾート&時計の2大特集。

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]1月号が2022年11月25日に発売となる。本格的なウィンターシーズンの到来に向け、今月号はスキーリゾートを大特集。さらに、新作タイムピースをピックアップした時計特集ほか、新ビジネスを始めた松山ケンイチ、松田翔太のインタビューやゲーテ公式ECサイト「ゲーテストア」限定アイテムも必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる