MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

HEALTH

2022.02.27

理想のカラダをつくりあげる! 高たんぱく&低糖質の新主食【最上級事典】

ロング麺

海外ではポピュラーな黄えんどう豆だが、これを使ったロング麺は世界初(※Mintel社データベース「GNPD」を用いたZENB JAPAN調べ。2021年5月)。薄皮まで丸ごと使用しているので、環境にも優しい。

SDGsとしても注目されている未来の食生活

野菜や豆、穀物を、皮や芯などを含めて可能な限り丸ごと使い、栄養やおいしさにこだわると同時に、環境を意識したパッケージを採用。未来の食生活を提案するブランドとして、健康やSDGsへの意識が高い層を中心に支持されている食品ブランドがZENB(ゼンブ)だ。なかでも、カラダづくりやダイエットに励むエグゼクティブたちからの人気が高いのが、ZENB ヌードルである。

たまごかけヌードル

シンプルに味わうなら「たまごかけヌードル」で!

原料は、植物性たんぱく質が豊富で、脂質が少ない黄えんどう豆のみ。薄皮まで丸ごと使っているため植物繊維もたっぷりで、1日の目標摂取量(※日本人の食事摂取基準〈2020年版〉食物繊維の1日当たりの目標量18〜64歳の男性21g・女性18g)の半分以上を、1食でクリアするほど。しかも、たんぱく質はうどんの1.8倍、糖質は、ご飯やうどん、パスタといった通常の主食に比べ約30%もカット。つなぎをいっさい使っていないのでグルテンフリーなうえに、糖質の吸収がゆるやかな低GI食品でもあるなど、カラダに嬉しいこと満載だ。

ZENB ヌードル[2袋]

8食分(1食分80g)入り。ZENB ヌードル[2袋]¥1,584

とはいえ、おいしくなければ続かない。そこで、和洋中の有名シェフにアドバイスを受けながら、試行錯誤すること3年。黄えんどう豆のおいしさを活かしつつ、モチモチとした食感や調理のしやすさなどを実現した。ダイエットや糖質制限のためにと主食を我慢するのではなく、おいしく食べ続けることで健康になれる主食をつくりたい。その熱い想いは、1804年の創業時から日本人の食と向き合ってきたミツカングループ発のブランドならではといえよう。

ZENB マメロニ[250g]

黄えんどう豆100%でできたマカロニ。ZENB マメロニ[250g]¥792(ともにZENBお客様センター TEL:0120-133-309)

さて、この新主食、どう食すればいいのかというと……。熱湯で約6分ゆでるか、容器に入れて水を注ぎ、500〜600Wの電子レンジで7分を目安に加熱。あとは、パスタや焼きそば、まぜそば、汁麺など、好みに合わせてアレンジすればOK。ゆで汁にも豆の旨みと栄養がたっぷり出ているので、汁麺のつゆに使ったり、具材を加えてスープにしたりと、余すことなく活用できる。まずは、ZENB ヌードルそのものを味わうために、生卵をのせて醬油を垂らした「たまごかけヌードル」を試すのもお薦め。豆の風味が口いっぱいに広がって、やみつきになるおいしさだ。

血糖値や体重を気にして主食を抜くものの、満足感がなく、ストレスばかりがたまり、反動でドカ食いしてしまう。そんな前時代的な食生活とは決別! 新主食、ZENB ヌードルを活用して、おいしく手軽に、健康なカラダを手に入れよう。

TEXT=村上早苗

PICK UP

STORY

MAGAZINE

11月号 Now on sale

ゲーテ11月号表紙は相葉雅紀。エグゼクティブの服選び&秘められし京都の2大特集。

月刊誌「ゲーテ」2022年11月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

11月号 Now on sale

ゲーテ11月号表紙は相葉雅紀。エグゼクティブの服選び&秘められし京都の2大特集。

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]11月号が2022年9月24日に発売となる。今号は秋のファッションと京都の2大特集。さらに、くりぃむしちゅー有田哲平に密着し、普段は見せないビジネス脳を丸裸にする企画ほか、相葉雅紀のインタビューやゲーテ公式ECサイト「ゲーテストア」限定アイテムも必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる