GOETHE

MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

HEALTH

2021.09.09

名医が指南! 香りや呼吸で自律神経を整えて平常心を保つ

想像を絶した未曾有の事態のなかで、今なお続く、さまざまな不安と混乱ーー。だが、こんな有事の時だからこそ、平常心を保つことこそが、今をベストにし、明日を切り拓く一番の鍵になる。自律神経の名医、小林弘幸・順天堂大学教授が説く、最先端の医学に基づいたピンチをチャンスに変え、150%のパフォーマンスを引き出すための極意。2011年の記事を一部抜粋して再編集。

平常心を保つ自己防衛法

「ゆっくり早く」という、手術における外科医のノウハウの如く、落ち着いて呼吸をすると、副交感神経が働いて交感神経優位の状況を改善し、周りが見えるように なります。呼吸法は、自律神経を鍛える方法としてとても有効なんです。人は、不安やストレス、怒りなどのネガティブな感情に襲われた時、必ず呼吸が浅くなっている。すると、副交感神経の働きが下り、平常心を失うだけでなく、血液が滞り、身体の調子まで悪くしてしまう。そこで、「あ、まずい」と思った時は、1対2の呼吸をすること。1で吸って、2〜3倍の長さで吐く。別に腹式呼吸など難しいことは気にしなくていい。とにかく1で吸って2〜3で吐く。これを3回繰り返せば大丈夫です。

自律神経を鍛える方法は他にもさまざまありますが、ヒーリング効果のある音楽や適度な日光浴、食事の内容によっても自律神経のバランスを整えることができます。香水やアロマなどの香りも高い効果があって、 私も状況に応じて使い分けています。ヨガや鍼ももちろんいいですし、単純に笑うだけでも効果があります。 シンプルなところで言えば、朝、寝坊をしてしまったら、慌てずゆっくり歯を磨いてください。慌てると無意識のうちに呼吸を止めてしまって、交感神経が高まり副交感神経がどんどん落ちているんです。意識してゆっくり落ち着いて歯を磨くと、自律神経のバランスを整えることができます。

小林教授愛用の香水。「香りでも自律神経のバランスを整えられるのですが、交感神経を高ぶらせたい運動時などにつけることもありますし、逆に興奮を抑えて謙虚さを出すべく、学会などで高いパフォーマンスを得たい時など、使い分けています」

HIROYUKI KOBAYASHI
順天堂大学医学部教授。ロンドン大学附属英国王立病院、アイルランド・トリニティ大学附属病院、順天堂大学医学部小児外科助教授を経て、現職。専攻は、外科学、スポーツ医学、リスク管理学など。また、多くのトップアスリートに「150%のパフォーマンス」を引き出すための助言も多数行っている。著書に『死ぬまで“自分”であり続けるための「未来日記」』『死ぬまで歩くにはスクワットだけすればいい』『「これ」だけ意識すればきれいになる。自律神経美人をつくる126の習慣』がある。

TEXT=ゲーテ編集部

PHOTOGRAPH=岡村昌宏

PICK UP

STORY

MAGAZINE

12月号 Now on sale

ゲーテ12月号は三代目 J SOUL BROTHERS特集! 全42ページのフォトストーリー&インタビュー! 挑戦を語る

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

12月号 Now on sale

ゲーテ12月号は三代目 J SOUL BROTHERS特集! 全42ページのフォトストーリー&インタビュー! 挑戦を語る

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]12月号が10月25日に発売。三代目 J SOUL BROTHERS特集のほか、スニーカー特集もお見逃しなく!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる