GOETHE

MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

HEALTH

2020.12.28

タフな身体の鍵を握る、毛細血管を鍛えるトレーニング【動画レッスン】

長時間のハードワークに耐えるスタミナや持久力、難題にも即座に立ち向かうガッツや反射神経など、仕事で闘う”ビジネス・アスリート”には、スポーツアスリートのそれにも共通する心身のスキルが求められる。自宅にいながら短い時間で道具も使わず、効果の高いエクササイズを、メジャーリーガーをはじめとする世界レベルのアスリートのみならず、著名な経営者や多くのビジネスパーソンが慕う人気トレーナー、吉田輝幸さんに教わる。【吉田輝幸の目指せ! ビジネス・アスリート31】

体幹・お尻の筋力と毛細血管も鍛えるトレーニング

1日の仕事もひと段落し、そろそろ帰ろうかという頃。不測の事態はそんな時に限って起きたりする。ここでもし、体力を使い切って疲労困憊状態では、やる気も起きないし思考も鈍る。判断も誤りがちになり、仕事終わりでもスタミナに余裕がある人との間にパフォーマンスの差が出ることは明白だ。

「そのスタミナを左右するのが、心肺を中心とした循環系の機能です。運動する、仕事をする、人が身体を使って何らかの活動をするには、全身の筋肉に血管を通じて酸素を送ることが必要です。その中枢となる心臓の強さは『最大酸素摂取量』という指標で示されます」(吉田輝幸さん)

最大酸素摂取量とは、体重1kgあたり・1分あたりにどれだけの酸素を体内に取り込めるかを示す。さらには心臓の1回の拍動でどれだけ多くの血液を全身に送ることができるかという「酸素運搬能力」や、全身すみずみまで酸素を送るための毛細血管の発達の程度、体を動かすために使われる骨格筋における酸素を利用する能力も関わる。

ESDトレーニングはこうした循環機能を高め、心臓を鍛えるとともに、毛細血管も発達させるという。

「人の全身の血管は、毛細血管が95パーセント以上を占めています。ひとりの毛細血管をすべてつなげると、地球2周半の長さ(約10万キロメートル)にもなり、ESDトレーニングを続けると、この毛細血管が筋肉内まで発達します。すると、筋肉を流れる血液量が増し、より多くの酸素をとり込めるようになり、多くのエネルギーを生み出せるようになるため長時間のハードワークでもスタミナ満点、いつでも余裕で仕事をこなせる身体になれますよ」

〈運動時間と休息時間のめやす〉
●初期段階・・・「運動10秒・休憩30秒」✖️「3セット」
●慣れてきたら・・・1セットを「運動15秒・休憩30秒」「運動15秒・休憩15秒」と負荷up。
●この秒数に限らず、運動と休憩とを「1:3」→「1:2」→「1:1」→「2:1」→「3:1」を目安に負荷をかけていこう。

▼ハンドウォーク

最短で最大の効果を出す、ビジネス×トレーニング論!

『6つの力を養い、理想の働き方を叶えるトレーニング』
幻冬舎
1300円(税別)

Teruyuki Yoshida
パフォーマンス、スペシャリスト。トレーナー歴25年で数多くのトップアスリート指導からヒントを得て最短で最大の効果を出せる「コアパフォーマンス®︎」を考案し、数多くのトップアスリートやアーティスト、ビジネスパーソンのトレーニング指導をおこなっている。

TEXT=野田まゆ

PHOTOGRAPH=鈴木規仁

COOPERATION=LDH SPORTS

PICK UP

STORY

MAGAZINE

2月号 Now on sale

謎に包まれたアートの仕事を徹底解剖!/表紙 西野七瀬

GOETHE 2021年2月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

2月号 Now on sale

謎に包まれたアートの仕事を徹底解剖!/表紙 西野七瀬

12月24日発売の「ゲーテ2月号」は豪華3本立て! 総力特集は「アートのお仕事」。アートの世界で働く仕事人たちを徹底取材! 一度心を捉えたら離さない、アートの奥深い魅力を大公開します。また、多彩な活躍をする西野亮廣が時代をつくる才能の育て方を激白。さらに、競馬界のレジェンド武豊さんに1年密着取材を敢行! 孤高のジョッキーの光と影が語られます。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

Salon Memberになる