MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

GOLF

2024.04.14

飛ばすか? 刻むか? 難所を攻略する快感が味わえる「鹿児島ガーデンゴルフ倶楽部」

陽光が降り注ぎ、南国特有の気候が気持ちのいい丘陵地には、雄大な自然に融和した、戦略性の高い18ホールズが広がる。鹿児島市の中心地から約20km。九州を代表する人気コースを紹介する。 ※アコーディア・ゴルフのゴルフメディア「SHIBAFU」の提供記事。

鹿児島ガーデンゴルフ倶楽部の上空写真

クラブ選択が難しいコースがゴルファー心をくすぐる

活火山のある桜島をはじめとした雄大な自然。名湯として人気の霧島温泉や指宿(いぶすき)温泉など全国屈指の温泉地として知られ、西郷隆盛ゆかりの地であり、歴史にちなんだスポットが豊富な鹿児島県。

そうした観光巡りも良いが、ゴルファーならばぜひ訪れてほしいのが「鹿児島ガーデンゴルフ倶楽部」だ。

桜島と霧島を望むなだらかな丘陵地にある鹿児島ガーデンゴルフ倶楽部は、自然の恵み豊かな大地の造形を生かしたコースレイアウトが特徴。

美しく、かつ戦略性に富んだホールが、訪れたゴルファーを魅了する。

「このコースは18のホールすべてが魅力!」と話す西支配人に、名物ホールを聞いてみた。

「6番ホール、516ヤード・パー5の打ち下ろしのロングホールは眺望が美しいうえに、戦略性が高いことが魅力です。第1打をドライバーで飛ばせればフェアウェイの傾斜部分に落ちるので、ボールが転がってさらに飛距離が伸びます。

ツーオンの可能性が高くなりますが、注意しなければいけないのはアドレス! 傾斜地の途中にボールが止まるため、左足下がりでグリーン狙いのショットを打たなければいけないので、リスクも高くなります。ですから『飛ばすか? 刻むか?』の判断と、クラブ選択が難しいのです」

その他のホールも同様に、ハザードを避けたりグリーンまでの距離を考慮したり、つねに飛ばすか、刻むかの二者択一を迫られるシーンが多いという。

まさにアスリートマインドをくすぐるコースだ。

鹿児島ガーデンゴルフ倶楽部、6番ホールの写真
6番は515ヤード・パー5の打ち下ろしのロングホール。ティーショットはキャリーとランで距離を稼げば、ツーオンも可能。だが、左足下がりのセカンドショットになるため、リスクも高くなる。

例えば11番ホールは、331ヤード・パー4はフェアウェイ横の大きな池が要注意。

ティーショットを上手くフェアウェイに打てたから「よし、ツーオンを狙うぞ!」と意気込むと、グリーン手前を横切って左奥へと続くクリークに注意しなければいけなくなる。つまりここでも飛ばすか刻むかを熟考させられる。

また、18番、409ヤード・パー5のやや左ドッグレッグのロングホールは、第2打、第3打に要注意。

グリーン手前にクリークがあり、その手前フェアウェイ右横にバンカーが2つ並んでいて、さらにグリーン右横にもバンカーが1つ待ち構える。

そのため、グリーンを狙ってちょっとでも距離が足りなかったり、方向がブレたりすると、3つのバンカーのいずれかに捕まってしまう。飛ばしてグリーンを狙うのか、それともグリーン手前に刻むのか...思案のしどころだ。

3つのホールのリスクを強調してしまったが、ゴルファーにとっては己の「ショットのスキル」と「正しいコースマネジメント」を試されることほど面白いものはないはず。

「鹿児島ガーデンゴルフ倶楽部を訪れたお客さまは必ず魅了され、そして何度プレーしても魅力は色褪せません」と西支配人話す。

2023年8月のリニューアルでは特に女性ゴルファーを意識して、トイレや浴室などの設備をリニューアルした。

コースも綺麗に整い、アスリートマインドくすぐる鹿児島ガーデンゴルフ倶楽部。鹿児島県内や近県のゴルファーはもちろん、大阪や東京のゴルファーも九州旅行の際にはぜひともプレーしてほしい。

■鹿児島ガーデンゴルフ倶楽部
住所:鹿児島県鹿児島市直木町6000
TEL:099-278-5200
アクセス:九州自動車道・松元ICから13km(10分)
▶︎▶︎予約はこちら

TEXT=POW-DER

PHOTOGRAPH=池田佳史/アコーディア・ゴルフ提供

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

ゲーテ7月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ7月号』が2024年5月24日に発売。今号は、“美食四兄弟”が愛してやまない恍惚レストラン。 秋元 康・小山薫堂・中田英寿・見城 徹がこの一年の間に通ったベストレストランを紹介する。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる