MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

GOLF

2023.03.05

飛距離を伸ばす! "プッシュアウト"と"アッパーめに振り抜く"がドライバーのコツ!

ゴルファーはいくつになっても、「遠くへ飛ばしたい」という欲求が衰えない。そこで冨永浩プロに、飛距離を出すことを念頭にドライバー、フェアウェイウッド、アイアンで"飛ばす"ショットを伝授してもらった。2回目はドライバー。 #1 ※アコーディア・ゴルフのゴルフメディア「SHIBAFU」の提供記事。

冨永浩プロのゴルフレッスン

アドレスとボールの捉え方しだいで飛距離は伸びる

野球では「右バッターが右中間方向へ打ったボールはよく飛ぶ」といわれているが、ゴルフでも「右へ振り抜くと飛距離はアップする」と、冨永プロはアドバイスする。

ドライバーはヘッドスピードと、きちんとボールに当てる(=正確に振り抜く)というふたつが重要だ。こうした基本を押さえつつ、「ターゲットに対しインサイド軌道で、アッパーめに振り抜くこと」が、回転数を抑え、曲がらずに飛距離をアップするコツだという。

「実はプッシュアウトが一番飛ぶのですが、この打ち方はリスクもあるので注意が必要です。コツとしては、右方向に振り抜くイメージで打つことです」

ヘッドスピードが限界に達している、またはスイングが完成しているゴルファーでも「アドレスとボールの捉え方しだいで伸びしろはある」と冨永プロ。

「最下点からヘッドが離陸していく瞬間、ボールをインパクトするスイングで、飛距離は確実に伸びるはずです」

飛距離のためのインパクトはヘッドが“離陸”するタイミング!

「ドライバーはきちんと当てれば、しっかり飛距離を出せるクラブ」と断言する冨永プロ。

「ティーアップして打つため、他のクラブと違って最下点から〈離陸〉するタイミングで当てるので、効率よくヒットできるのです」

そのためには、合わせにいくスイングではなく、振り抜くスイングが大事! 自分のヘッド軌道にこだわりすぎず、ティーの高さを変化させて練習するのもおすすめだ。

冨永浩プロのゴルフレッスン

ヘッドが最下点から上がり始めるところでヒットするのが、最も効率のよいスイング。そうすることで、ロフト角どおり理想的な弾道が生まれる。

"インサイドイン"のスイングで回転数を抑えたショットを実現!

スイングが完成している、あるいはヘッドスピードの向上が難しそうなゴルファーでも、「右へ振り抜くプッシュアウトをイメージすることで、目の覚めるような飛距離を手に入れることが可能です」と冨永プロは話す。

そのためには「インサイドインの軌道が理想」だが、「まっすぐ、あるいは少し内側からの軌道でも回転数が抑えられ、飛距離が伸びるショットになります」とのこと。

【飛距離アップのスイング】

冨永浩プロのゴルフレッスン

ターゲットに対し、少しだけ右を向いたスタンスで、ヘッドはあくまでインサイド軌道。そして、最下点からアッパーめにきちんと振り抜く。ヘッドの位置と向きに注意が必要だ。

【NGスイング】

冨永浩プロのゴルフレッスン

飛距離を出そうとして力んだり、アッパーめに振り抜こうとしたりすると、とかくスイング軌道が「アウトサイドイン」になりがち。スライスボールが出やすく、飛距離が伸びないので注意が必要だ。練習場ではボールの近くに箱などを置き、それにクラブのヘッドが当たらないように振るとよい。

【ヘッドの軌道】

冨永浩プロのゴルフレッスン

アウトサイドからヘッドが入ると回転数が上がる。飛距離アップには、上記の写真の実線のようなインサイド軌道を意識した練習が有効だ。

 
冨永浩/Hiroshi Tominaga
1961年東京都生まれ。10歳でゴルフを始め、成城大学卒業後にゴルフ研修のために渡米。1985年にアマチュアで全米オープンに、さらに同年の全米アマチュア選手権に出場する。プロ転向後はカナダツアーや豪州ツアーに参戦。2011年からはPGAシニアツアーに戦いの場を移し、現在はゴルフネットワークの解説者としても活躍中。

TEXT=石橋寛

PHOTOGRAPH=池田佳史

COOPERATION=成田ゴルフ倶楽部

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年8月号

美食旅の新スタンダード、泊まれるレストラン オーベルジュ

2024年8月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

バックナンバー一覧

MAGAZINE 最新号

2024年8月号

美食旅の新スタンダード、泊まれるレストラン オーベルジュ

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ8月号』が2024年6月25日に発売。今号は、フランス発祥の“泊まれるレストラン”、オーベルジュを大特集。今市隆二は、2024年2月にグランドオープンしたばかりの「仙石原古今」を訪れた。

最新号を購入する

電子版も発売中!

バックナンバー一覧

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる