GOETHE

MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

GOLF

2022.04.27

【オブシディアン ゴルフ】なぜ今まで無かったのか。ファッション思考優位のゴルフウェア――ゴルフギア連載

ゴルフギアは進化がめざましく、同時にゴルフファッションの多様化がここに来て一気に進んでいる。ギアやレッスンプロに精通するゴルフライター出島正登氏と、ゴルフのファッションに注目しているゲーテ前編集長の二本柳陵介が新作を解剖。第十回目の今回は、OBSIDIAN(オブシディアン)からゴルフウェア、キャディーバッグをご紹介! ゴルフギア連載はこちら

ゴルフにもファッションにもこだわりとスタイリッシュさを求める全ての人に向けたラグジュアリーゴルフブランドとしてスタートし、2021年夏の本格始動したオブシディアン。2020年にRon Herman(ロンハーマン)でプレローンチしたときには、即完売が続出し、ゴルフにスタイリッシュさを求める、ファッショナブルなプレーヤーから大きな支持を得ていた。ファッション性を重視し、トレンド性の高いエレガントなウェアを提案するブランド。それがオブシディアンだ。

ゴルフウェアにもスタイリッシュさを

二本柳 出島さんはオブシディアンのウェア、バッグ等について知ってましたか?

出島 もちろん知ってました。ゴルファー仲間の間でも話題になっていましたからね。ただ、ブランド自体は知っていましたが、手にとったのは初めてです。

二本柳 今までありそうでなかったブランドですよね。言われてみると、ゴルフウェアってこういうモノトーンでスタイリッシュなウェアが少なかった。いや、あんまり無かったですからね。

出島 そうですよね。意外とここまでファッション性を深く掘ったゴルフラインは初めてかもしれませんね。

二本柳 去年からのゴルフウェアの傾向として、モノトーンが流行った感じがありませんか?

出島 確かに言われてみればそんな気がしますね。コースでもモノトーンに着こなしているゴルファーが増えたような気がしますし、セットアップやセットアップに見えるタイプのものも増えましたね。

二本柳 僕は、オブシディアンがその走りだった気がするんですよね。

出島 ゴルフウェアでシンプルかつスタイリッシュなものって、あるにはありましたけれど、おしゃれな感じには見えにくかった。ただのシンプルみたいな。

二本柳 今までは、誰が見てもわかる「Theゴルフウェア」っていう感じのウェアが好まれていた部分もあったんじゃないかな。でも最近はそういうものじゃなくてもいいんじゃないかって流れになってきて、アウトドアブランドが取り入れられたりとかね。
そしてオブシディアンは「もっとスタイリッシュでも良いじゃないか」という流れを作っている気がする。

出島 ゴルフウェアにも、その時代のトレンドみたいなものはあると思いますけど、選択肢は少なかったと思いますね。コースに行ったら知り合いと一緒のウェアだったって経験をした人も少なくないと思いますよ。特に普段からおしゃれにこだわっている人にとってが、おしゃれなゴルフウェアを探すのに苦労していたと思いますよ。

二本柳 最近知り合いに聞いたんですけど、去年は28もの新しいゴルフウェアブランドができたらしいですよ。これは本格的なゴルフブームと言ってもいい数字だと思いますね。

出島 え!?そんなにできたんですね。すごい数字ですね。確かに今回のゴルフブームは今までとは違う感じがしますね。今までも新しいゴルフウェアブランドって結構あったと思うんですけれど、知らない間に無くなっている印象もあります。
オブシディアンはこれからも着る人がどんどん増えそうですね。

二本柳 どんどん増えていくだろうね。どうせ買うなら格好良いものを買いたいですしね。

白と黒の配色により上品かつシャープな印象を与えるキャディバッグは、スポーツカーにも積載できるコンパクトな仕上がり。撥水加工も施され、口径8.5型で14本のフルセットを収納できる。
Caddy Bag ¥102,300[予定価格]

二本柳 このキャディーバッグは、6月発売予定で限定55点らしいですよ。

出島 プレミア感が一層高く見えてきました!

二本柳 最近はキャディーバッグは軽いものが多い。びっくりします。

出島 確かにそうですね。プロは今でも大きいカートバッグを使っていますが、スタンドタイプはスタイリッシュに見えますからね。オブシディアンのキャディバッグもシンプルなデザインでいいですね。

二本柳 このキャディーバッグは撥水加工もしてあるし、かなり頑丈そう。
そういえばウェアも撥水加工がしてあるんですよ。

出島 ちょっとした雨のときは嬉しい機能ですね。実際にスイングするときも肩から背中まわりを動かすのがとても楽だったんですよ。

二本柳 楽だよね!素材の感触も凄く気持ちがいいし、ストレッチ生地で動くのが凄く楽。スプリットラグラン仕様っていうみたいで、スイングで大きく背中を動かすときとかにもストレスフリーに動かせる。

出島 オブシディアンは、全体的にモノクロのトーンなんですかね?

二本柳 そうですね。今発表されているのは、モノトーンのスタイリッシュなものだね。2020年にロンハーマンのポップアップストアから火が付いたっていう流れがあって。そういう流れを作った代表的存在なのかなと思っています。逆に、出島さんみたいにずっとゴルフをやっている人からすると、オブシディアンのウェアは落ち着きがあるように感じますか? 

出島 そうですね。さっきも話したようにシンプルなものって地味に見えるというか。コースでは派手な方が映える部分もあるので。シンプルでもおしゃれに見えるなら、個人的にはそのほうがいいですね。これからはオブシディアンを着てプレーしたいと思います!

二本柳 「オブシディアン」という名前が、これからもっと広がっていきそうですね!

ウィンドブレーカにも撥水加工を採用。また、縫い目はスプリットラグラン使用でスイング時の背中の動きを妨げない。
Caddy Bag ¥102,300[予定価格] 2022年6月発売予定(限定55点)
Wind Breaker (Black) ¥53,900

詳しくはオブシディアンゴルフオンラインストアまで

Masato Ideshima(右)
研修生を経てゴルフ出版社に勤務。現在はフリーライターとして、ゴルフメディアを中心に活動。国内男子のAbemaツアーのライターも担当。ゴルフ歴30年。ベストスコア70。研修生時代に工房をしていたこともあり、自身のクラブは自分で調整。年齢と共に効率良く飛ばせて、スコアが出せるギアを探し続けている。

Ryosuke Nihonyanagi(左)
ゲーテ前編集長。長谷部誠「心を整える。」などベストセラー多数担当。長年、アコーディアの会員誌を製作。ゴルフ歴は6年。ギアは見た目派。ウエアは白が好み。スイングを綺麗するのが目標。ベストスコアは81。

TEXT=荒谷優樹(ゲーテ編集部)

PHOTOGRAPH=植一浩

PICK UP

STORY

MAGAZINE

7月号 Now on sale

完全保存版! ゲーテイスト2022。ゲーテ7月号は最強のレストラン特集

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

7月号 Now on sale

完全保存版! ゲーテイスト2022。ゲーテ7月号は最強のレストラン特集

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]7月号が5月25日に発売となる。毎年恒例のゲーテレストラン大賞「ゲーテイスト」が今年も開催! 食に対して尋常ではない情熱を傾ける、秋元 康・小山薫堂・中田英寿・見城 徹の美食4兄弟がとっておきのスペシャルな店を紹介する。そのほか、最新リゾートホテルGUIDEやゲーテ公式ECサイト「ゲーテストア」限定アイテムも必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる