MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

GOLF

2021.11.27

タイガー・ウッズの思考からゴルフ上達のヒントを学ぶ

世界No.1のゴルフコーチ、デビッド・レッドベターの愛弟子・吉田洋一郎による、最新ゴルフレッスンコラム169回目。多くのアマチュアゴルファーを指導する吉田洋一郎コーチが、スコアも所作も洗練させるための技術と知識を伝授する。

タイガー・ウッズをグレートプレーヤーへと成長させた最大の理由とは

タイガー・ウッズが今年2月に単独の自動車事故を起こして以来、初めてスイングする姿を自身のSNSで公開しました。以前と比べて慎重にスイングをしているように感じますが、これからの復活に期待が膨らみます。タイガー・ウッズはこれまで度重なるケガで再起不能と言われながらも復活を遂げてきましたが、今回も不死鳥のように復活してくれることでしょう。今回は復活が期待されるタイガー・ウッズのゴルフの取り組みを「PGAツアー超一流たちのティーチング革命」から一部抜粋し、再構成した記事としてご紹介します。ゴルフに対する考え方をアップデートすることでゴルフ上達に役立てていただきたいと思います。

今回はタイガー・ウッズのプロフェッショナルとしての姿勢や取り組みについて、私が実際に取材をしたり、親交のあるクリス・コモ(「週刊ゴルフダイジェスト」で著者とコモによる「クリス・コモのバイオメカ研究所へようこそ」連載中)をはじめとした歴代のコーチに話を聞いた内容をもとにお伝えしようと思います。

タイガーは、アマチュアからプロ転向翌年の1997年4月に、いきなりマスターズ・トーナメントで優勝し、世界を驚かせました。
マスターズ初日は前半こそ、初出場のプレッシャーからか4オーバー40でしたが、後半で6アンダーを記録すると、2日以降もスコアを伸ばし続け、完全な独走状態となりました。そして、最終的には2位に12打差の通算18アンダーという圧倒的なスコアで優勝を飾ります。

このときタイガーがゴルフ界に与えた衝撃は計り知れないものでした。それはプロ入りから1年足らずの青年が圧勝したからではありません。300ヤードを超えるドライバーショットを放ち、ピンをデッドに狙う攻撃的なプレースタイルで世界中のゴルフファンを熱狂させたからです。
それまで、ゴルフはパワーよりも技術や経験が生きるスポーツだと言われ、選手たちは真っすぐ飛ばすためのスイング技術を磨き、小技の精度を高めることに取り組んできました。
ところが、タイガーは300ヤードを超えるドライバーショットを武器に、そうしたゴルフ界の常識を破壊し、パワーゲームの扉を開いたのです。タイガーの出現によって、ゴルフはそれまでとは全く違うスポーツになったといっても過言ではありません。

当時21歳3カ月の最年少優勝記録は2021年現在も破られていません。この年は出場するトーナメントを総なめにするほどの破竹の勢いで勝ち星を積み重ね、世界ランキング1位、PGAツアーの最年少賞金王にも輝きました。スーパースター街道の始まりでした。華々しい活躍はその後勢いを増し、32歳になった’08年にトリプル・グランドスラム(4大メジャーをそれぞれ3回制覇すること)を達成し、彼のゴルフ人生は頂点を極めました。’09年の不倫スキャンダルや度重なるケガによって、激しい浮き沈みを経験したものの、’18年には長期低迷を脱し、世界のトッププレーヤーとして返り咲きます。’19年にはマスターズで、2008年大会以来11年ぶり、5度目の優勝で完全復活しました。この年は日本初開催となったPGAツアー、ZOZOチャンピオンシップでも優勝しています。

私がタイガーのキャリアで他の選手と違うと感じる点は、セルフプロデュース力によって、「グッドプレーヤーからグレートプレーヤー」となったことです。

ビジネス書の名著『ビジョナリーカンパニー2 飛躍の法則』(日経BP ジェームズ・C・コリンズ著)は次の冒頭の言葉から始まります。

「良好(グッド)は偉大(グレート)の敵である。
偉大だと言えるまでになるものがめったにないのは、そのためでもある。」

ゴルフの場合も「グッドプレーヤー」と「グレートプレーヤー」の間には分厚い壁が存在しています。タイガーがこの壁を破ることができたのは、天性のゴルフの才能に加え、物事を客観的かつ、戦略的に考えることのできる思考があったからです。

タイガーはジュニア時代から天才と呼ばれ、8歳で世界ジュニア大会優勝、全米アマ3連覇、マスターズ最年少優勝などを成し遂げます。しかし、若くして活躍した選手が、グッドプレーヤーから、歴史に名を残すグレートプレーヤーになるとは限りません。才能を生かしきれず表舞台から消える選手、グッドプレーヤーではあるものの、殻を破れずにくすぶる選手は星の数ほど存在します。
ゴルフに限らず、他のスポーツでもプロになるスポーツ選手の多くは、早くから「将来が有望な大器」「幼くして飛び抜けた実力を持つ」などと評された人たちです。そうした「天才」たちが集まる中で、偉大な選手になるのは並大抵なことではありません。

私はPGAツアーにおけるグレートプレーヤーの定義を考えるとき、「メジャー5勝、PGAツアー40勝」を1つの基準として考えています。メジャーを5勝以上している選手には、セベ・バレステロス(5勝)、フィル・ミケルソン(6勝)、ベン・ホーガン(9勝)、ジャック・ニクラウス(18勝)など歴史に名を刻む名手たちが名を連ねています。天性の素質を生かし31歳までに5勝した早咲きのセベ、才能に加えクレバーな取り組みで33歳以降に6勝した遅咲きのミケルソンなど、さまざまなタイプの偉大な選手たちがいます。

タイガーはスーパースターへの階段を上っていく途中、さまざまな挫折を経験し、試行錯誤を繰り返してきました。どんなに優れたプレーヤーでも、その道のりでは必ず壁に突き当たります。壁は、その人のレベルに合わせて高くなったり低くなったりして、難易度を変えます。トッププロが突き当たる壁は高く険しく、これまで誰も乗り越えたことのないレベルです。そのような壁を1人で乗り越えることは、才能に恵まれたスーパースターでもできません。そこで必要になるのは、自分に必要なスキルを持った指導者を見つける能力、アドバイスに対し謙虚に耳を傾ける姿勢、人から応援される人間性だと思います。

タイガーはプロ転向後、主に4人のスイングコーチから指導を受け、スイングを変えてきました。しかも、スイングの変更は微調整といったマイナーチェンジではなく、スイングに対する考えやプレースタイルを変えるほどのフルモデルチェンジでした。

タイガーは、常に自分のゴルフに何が必要かを冷静に分析し、そのために必要なコーチに学び、常に成長したいという意識を持って謙虚に学んできました。これが、タイガーをグッドプレーヤーからグレートプレーヤーへと成長させた最大の理由です。

自分にとって最適なコーチを探し出し、彼らの言葉に謙虚に耳を傾け、自分自身も努力した。要するに、これだけのことなのですが、目標を実現するためには、自らを変革する意志とスキルが欠かせないのです。多くの人はタイガーのプレーやスイングを真似することはできないでしょう。しかし、それ以上に大事な、自らを高めるアプローチ方法や戦略的な思考は真似することが可能です。

「PGAツアー超一流たちのティーチング革命」

 

TEXT=吉田洋一郎

PHOTOGRAPH=小林 司

COOPERATION=取手桜が丘ゴルフクラブ

PICK UP

STORY

MAGAZINE

11月号 Now on sale

ゲーテ11月号表紙は相葉雅紀。エグゼクティブの服選び&秘められし京都の2大特集。

月刊誌「ゲーテ」2022年11月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

11月号 Now on sale

ゲーテ11月号表紙は相葉雅紀。エグゼクティブの服選び&秘められし京都の2大特集。

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]11月号が2022年9月24日に発売となる。今号は秋のファッションと京都の2大特集。さらに、くりぃむしちゅー有田哲平に密着し、普段は見せないビジネス脳を丸裸にする企画ほか、相葉雅紀のインタビューやゲーテ公式ECサイト「ゲーテストア」限定アイテムも必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる