MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

FASHION

2022.11.14

込められたストーリーが人を魅了するシャネルのジュエリー

連載「I Don’t WEAR Jewelry. I WEAR Art」。今回は、ジュエリーを通じた自己表現を教えてくれる「シャネル」

シャネルのジュエリー

シンプルなデザインは、すなわち強い想いゆえ

ここ数年でジュエリーにおけるジェンダーの壁はなくなった。いや、そもそもジュエリーにおいてジェンダーという概念はあったのか。「ココ クラッシュ」を見ると、そう思えてくる。

1920年の初登場以来、馬具からインスピレーションを得たシャネルを象徴するキルティングモチーフは、多くの女性を魅了してきた。デザインは実にシンプルで、いくつものスクエアが連なる。リングは艶やかな質感と相まって一見するとやわらかな印象を受けるが、一方でモードな空気も感じ取れる。それもそのはず、このコレクションは既成概念に縛られた女性の解放を願い、型破りであるマドモアゼルのスピリットを継承しているのだから。

シャネルのジュエリー

ネックレス¥1,155,000、薬指リング¥484,000、小指リング¥660,000(すべてシャネル/シャネル カスタマーケア TEL:0120-525-519) ジャケット¥49,500(マインデニム/マインド TEL:03-6721-0757) その他スタイリスト私物

意匠に込められたストーリーが、人をより魅了する

その名は「スール シーニュ デュ リオン」。リオンとは獅子を指し、獅子座のマドモアゼル シャネルのシンボルである。18Kイエローゴールドで形作られたライオンにはいくつものダイヤモンドがセットされ、シンボル性をより強調する。

最愛の人を亡くし失意のなか訪れたヴェネチアで、多くの建物や石像に飾られた獅子はマドモアゼルを勇気づけたとか。雄々しき造形の裏側にある悲哀を含んだエピソード。ともするとジュエリーが人々を魅了するのは、デザインの裏側にそうした背景を無意識に感じ取っているからかもしれない。写真上で身につける「シャネル N°5」のネックレスも然り、そこにどんな意味があるのかを想像させる。そして、こんなインディゴブルーのデニムにあしらう人は、どんな人なのだろうと。

シャネルのジュエリー

イヤーカフ¥162,800、ブローチ¥3,190,000(ともにシャネル/シャネル カスタマーケア TEL:0120-525-519)ジャケットは上記と同じ

 
■連載「I Don’t WEAR Jewelry. I WEAR Art」とは……
時にファッションとして、時にシンボルとして、またはアートに……。ジュエリーを身につける理由は、実にさまざまだ。だが、そのどれもがアイデンティティの表明であり、身につけた日々は、つまり人生の足跡。そんな価値あるジュエリーを紹介する。

↑ページTOPへ戻る

 

過去連載記事

TEXT=安岡将文

PHOTOGRAPH=秦淳司

STYLING=櫻井賢之

HAIR&MAKE-UP=谷森正規(M TANIMORI LABO)

PICK UP

STORY

MAGAZINE

1月号 Now on sale

ゲーテ1月号表紙は松田翔太。エグゼクティブを刺激するスノーリゾート&時計の2大特集。

ゲーテ1月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

1月号 Now on sale

ゲーテ1月号表紙は松田翔太。エグゼクティブを刺激するスノーリゾート&時計の2大特集。

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]1月号が2022年11月25日に発売となる。本格的なウィンターシーズンの到来に向け、今月号はスキーリゾートを大特集。さらに、新作タイムピースをピックアップした時計特集ほか、新ビジネスを始めた松山ケンイチ、松田翔太のインタビューやゲーテ公式ECサイト「ゲーテストア」限定アイテムも必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる