MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

FASHION

2022.09.06

男に色気を与える、ティファニーの最新ジュエリー

時にファッションとして、時にシンボルとして、またはアートに……。そんな価値ある最新ジュエリーを紹介する。今回は、ギタリスト・MIYAVIが身につけるジュエリーという名のアート「ティファニー」。連載「I Don’t WEAR Jewelry. I WEAR Art」とは……

ギタリスト・MIYAVIとティファニー

美しいものは、美しい。ただそれだけの話

ダイヤモンドの輝きに魅了されるのは、何も女性だけじゃない。ステージの上でギターをかき鳴らす一見ワイルドな男であっても、その高貴な輝きに目を奪われる。ジュエリー界こそいち早くジェンダーレスを受け入れてきたように思える。

この「ティファニー ビクトリア™ コレクション」は、凛と生きる洗練された女性へ向けたコレクションと銘打つ。しかし、このブレスレットは炎のような眩しい輝きを放つハイクオリティなダイヤモンドをふんだんに使用し、手に取った者を惹きつける。見てのとおり男性のコーディネイトにおいても、むしろそのギャップが互いの美を際立たせる相乗効果を果たした。

そのブレスの名は、「ティファニー ビクトリア™ ミックス クラスター ブレスレット」。実に計6.25カラットものダイヤモンドがあしらわれている。

ギタリスト・MIYAVIとティファニー

ブレスレット¥7,535,000(ティファニー/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インクTEL:0120-488-712)

完璧に調和されたジュエリーは、男に色気を与える

フローラルのようなパーツのみならず、リンク部分にも贅沢にダイヤモンドをあしらう「ティファニー ビクトリア™ オルタネーティング グラジュエイテッド ネックレス」。

マーキスシェイプのダイヤモンドを計7.2カラット、ラウンドブリリアントカットのダイヤモンドを計5.52カラット。異なるカラットを組み合わせることにより表現した多彩な煌めきは、確かに女性的な美しさをアピールする。

しかし、炎の輝きに着想を得たモチーフとあり、どこか情熱がにじむ。そんな繊細なつくりと情熱の共演は、男の胸元をセクシーに見せる。ならば、コーディネイトにおいて色使いは不要。黒にダイヤモンドというシンプルな合わせで、存分に華やかだ。

ギタリスト・MIYAVIとティファニー

ネックレス¥11,055,000(ティファニー/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インクTEL:0120-488-712) ジャケット¥143,000、タンクトップ¥44,000(ともにリック・オウエンス/イーストランドTEL:03-6231-2970)

■連載「I Don’t WEAR Jewelry. I WEAR Art」とは……
時にファッションとして、時にシンボルとして、またはアートに……。ジュエリーを身につける理由は、実にさまざまだ。だが、そのどれもがアイデンティティの表明であり、身につけた日々は、つまり人生の足跡。そんな価値あるジュエリーを紹介する。

↑ページTOPへ戻る

 

過去連載記事

TEXT=安岡将文

PHOTOGRAPH=秦 淳司

STYLING=櫻井賢之

HAIR&MAKE-UP=谷森正規(M TANIMORI LABO)

PICK UP

STORY

MAGAZINE

11月号 Now on sale

ゲーテ11月号表紙は相葉雅紀。エグゼクティブの服選び&秘められし京都の2大特集。

月刊誌「ゲーテ」2022年11月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

11月号 Now on sale

ゲーテ11月号表紙は相葉雅紀。エグゼクティブの服選び&秘められし京都の2大特集。

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]11月号が2022年9月24日に発売となる。今号は秋のファッションと京都の2大特集。さらに、くりぃむしちゅー有田哲平に密着し、普段は見せないビジネス脳を丸裸にする企画ほか、相葉雅紀のインタビューやゲーテ公式ECサイト「ゲーテストア」限定アイテムも必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる