GOETHE

MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

ENTERTAINMENT

2015.11.06

『恋人たち』滝藤賢一の映画独り語り座11

今月の1本は『恋人たち』。

恋人たち

リアルとは違う"生すぎる"人間の見せ方

先日、熟年のご婦人と映画談義をしていると、「私の年齢になると映画で癒やされたいなんて思わない。むしろ、身をえぐられる想いを味わいたいわ、ウフフ」と意味深な微笑みをされました。「なら僕がお手伝いを……」の言葉を飲みこんだ滝藤です。

というわけで、映画の鑑識眼も感受性も高く、ハードな内容もお手の物な女性と行くのならこれしかない。橋口亮輔監督の『恋人たち』です。

3人のメインキャラクターは橋口監督がワークショップで見いだしたそうで、プロの俳優とそうではない人の狭間にいて、その演技は実に生っぽい。生すぎるといってもいい。でも、リアルとは何か違う気がする。

通り魔事件で妻を亡くした男。半端ない悲劇の主人公ぶり。あまりに卑屈で、もはや笑える域。

鼻持ちならないキザなゲイ弁護士は、プライドだけは高く、自己主張の強い勝手な奴。

毎日が単調なルーティーンの主婦においては、まさにえぐられたい女代表。まぁ、揃いも揃って痛々しいですよ……。

それぞれの人生がどん詰まり。自分の想いがうまく相手に伝わらない。苦しくて息がつまってどうしようもない状況のはずなのに、橋口監督は敢えてその悲惨さを観客に笑わせる演出をしているんじゃないかと感じました。「こんなんだけど、笑ってくれよ!」と、言わんばかりに。あまりにも切羽詰まっている人を見ると笑えてくるんだな……。

また、光石研さんや安藤玉恵さんをはじめ、脇を固める役者が輪をかけて面白い。これでもかと畳みかけてくるのに、不自然に感じないのは、俳優から生々しさを丁寧に掬い取っているからなのかしら。

端々に出てくる何気ない日常がリアリティを増して、映画なのか現実なのかよくわからない錯覚に陥ります。このテイストを、技術と経験を重ねたプロの俳優が出すことは容易ではない。悔しいけど、僕はあの場所へはもう戻れない。でも、僕は出たいです、橋口映画。10数年前、『ハッシュ!』を観た、その日から……。あれ? 最後はラブレターになっちゃいました。
恋人たち
DATA
2015年/日本
監督:橋口亮輔
出演:篠原 篤、成嶋瞳子、池田 良 ほか
配給:松竹ブロードキャスティング、アーク・フィルムズ テアトル新宿ほか全国公開

PICK UP

STORY

MAGAZINE

1月号 Now on sale

キーワードは隠れ家!? 新しい時代の邸宅特集/表紙 近藤真彦

2021年1月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

1月号 Now on sale

キーワードは隠れ家!? 新しい時代の邸宅特集/表紙 近藤真彦

11月25日発売の「ゲーテ1月号」は新しい時代の邸宅特集! そのほか「仕事に効く”個性派”高級ウォッチ」や「賢者8人が選ぶ!秘蔵ワインリスト」も必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

Salon Memberになる