GOETHE

MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

CAR

2020.11.02

“身近なマセラティ”と称されるギブリSグランスポーツ

往年のギブリの名を2013年に復活させた3代目。先代の2ドアクーペから4ドアスポーツセダンへと生まれ変わると同時に1000万円を切る、身近なマセラティとして世界中で大ヒット。最上位機種のギブリSグランスポーツには、フェラーリが手がけた最高出力430psのV6ツインターボを搭載する。

NAVIGOETHE

つづら折りを貫く、三叉矛の”熟成GT”ギブリのさらなる深化

三叉矛(さんさそう)をエンブレムに冠した老舗ラグジュアリースポーツカーブランド、マセラティ。

グラントゥーリズモの名を掲げる旗艦クーペを筆頭に、4枚ドアを意味するセダンのクアトロポルテやSUVのレヴァンテを展開。

そして新たにスーパースポーツ、MC20がファミリーの頂点に加わるのだが、それはさておき、いずれのモデルも頭ひとつ抜きんでたGT="グランドツーリングカー"性能を併せ持つ。

マセラティにとって欠かせない伝統的資質、それがGT性能。端的に言えば 「長距離を快適に走れるエレガントなクルマ」 である。

MASERATI GHIBLI S GRANSPORT 01

なかでも今回、東京から栃木県日光へと長距離ツーリングを試したギブリSグランスポーツは、その車名が示すとおり、GTカー性能を極めた存在。ストリートから高速路まで全方位をカバーしている、上等なスポーツセダンだ。

その高速道路上で、偶然、他のマセラティと鉢合わせた。ミラー越しに迫りくる姿はスポーツカーそのもの。慌てて右車線を譲り、同じギブリであったことに驚かされる。

妖艶なイタリアンデザインを纏(まと)った去り際の体躯は、まるでクーペだ。

日光いろは坂に差しかかり、スポーツモードをひとたびONにすれば、乾いたラウドな咆哮(ほうこう)が響き渡る。

MASERATI GHIBLI S GRANSPORT 02

足回りが硬められ、たちどころに鼻先軽いスポーツカーへと覚醒。タイトコーナーの連続を軽快なリズムで一気に駆け上がる。

その一方で、中禅寺湖界隈を静かに流している時さえ、気分が心踊るのは血統馬たるギブリだからこそ。

心臓部にはフェラーリが開発に携わった430psのパワーを放つV6ツインターボを収める。高い静粛性(せいしゅくせい)や優れた乗り心地、運転時の疲労感を抑える高速安定性。

さらにレーンキープや前走車追従機能など、安全装備にも磨きがかかった。東京から片道約200㎞のドライブツーリングなんて朝飯前。

移動する歓びを感性に訴えるクルマ、それが熟成極まる最新ギブリなのであった。

MASERATI GHIBLI S GRANSPORT 03

MASERATI GHIBLI S GRANSPORT ¥13,100,000~[税込]

問い合わせ
マセラティ コールセンター TEL:0120-965-120

TEXT=ダニエル利樹

PHOTOGRAPH=柏木龍馬

PICK UP

STORY

MAGAZINE

4月号 Now on sale

創刊15周年特別号! 人生の決戦にチカラを与える、仕事人の勝負アイテムを大特集/表紙 宮本浩次

ゲーテ4月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

4月号 Now on sale

創刊15周年特別号! 人生の決戦にチカラを与える、仕事人の勝負アイテムを大特集/表紙 宮本浩次

2月25日発売の「ゲーテ4月号」は創刊15周年特別号! 表紙を飾るのは、エレファントカシマシのボーカリストであり、現在ソロ活動中の宮本浩次。総力特集は「勝負」にフォーカス! アグレッシブに仕事に打ち込む者たちの傍らには、活力を与え続けてきた勝負アイテムがある。闘う仕事人たちの相棒と、その勝負論に迫る! そのほか「勝負下着特集」や「時計特集」、新連載「JRA競走馬の成長秘話 走れ! ゲーテ号」も必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

Salon Memberになる