MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

BEAUTY

2022.08.09

歯科矯正革命を起こす! Oh my teeth 西野誠が語る、挫折しない大人の歯科矯正

歯の矯正と言えば1年以上かかるのは当たり前、治療費も高額だし、歯に装着する金属のワイヤーが見えるのも気になる…そんな話は今、過去のものになりつつある。2019年「未来の歯科体験を生み出す」をミッションに生まれたのが、オーラルテックベンチャーである「Oh my teeth(オー マイ ティース)」。展開するのは、オーダーメイドの透明なマウスピースを用い、クリニックへの定期的な通院なしで24時間のLINEサポートによって短期間で矯正を実現する、日本初のD2Cマウスピース矯正ブランド「Oh my teeth」だ。テクノロジーによって新たな事業を創造した、代表取締役CEO西野誠氏に話を聞いた。

西野誠氏

若き起業家が目指すのは、歯医者を超えた矯正の未来

──今回、ゲーテ編集部の二本柳が訪れたのは、マウスピース矯正「Oh my teeth」を導入し6月にオープンしたばかりの「東京銀座有楽町矯正歯科」だ。多忙な時間を割いてまで歯医者に通うのは無理! と言っていた二本柳も、ここならと今回矯正を始めたばかり。

二本柳 僕も今、こちらで矯正をしていますが、なかなか時間がとれない自分には本当に助かっています。「通わなくていい」「数ヵ月で矯正できる」「いつでもLINEで相談できる」という、これまでの矯正のイメージを大きく覆したOh my teethですが、西野さんがこのOh my teethを立ち上げたきっかけを教えてください。

西野 僕は以前から歯医者が苦手だったんです(笑)。もちろん歯医者にもよりますが、予約しても結局待たされるし、そもそも予約が電話しかできない。診療が始まっても治療が終わるまで長い期間がかかるので、途中で行かなくなってしまうことも。

二本柳 まさにそう。行かなきゃと思っていても、そういうことを考えるとなかなか一歩が踏み出せないのが歯科なんですよね。

西野 僕はもともとエンジニアだったんですが、歯医者のそういったシステムがネックなのであれば、テクノロジーで解決できるのではないか?と思ったのが最初なんです。

二本柳 歯科治療の中でもOh my teethは、矯正に特化していますよね。

西野 僕自身もそうですが、自分のまわりでも歯並びに悩んでいる方が多かったんです。そこで実際にこの事業を立ち上げる前に調査をしたんですが、「歯並びに自信がない」という回答がなんと8割以上。その人たちのほぼ100%が矯正の経験がないという結果でした。その理由は「高い」「長期間通わないといけない」「目立つワイヤーをしたくない」の3つ。解決すべき問題とマーケットはそこにあると考えたんです。

二本柳 矯正は子供の時にすべきというイメージが大きくて、年齢的に無理なのではと思っている方もいますよね。今回僕が矯正を始めたことをfacebookで報告したら、どんなシステムなのかとすぐに反響がありました。

西野 歯並びの状態によりますが、矯正自体は子供の時だけではなく、年齢関係なく可能です。タイミングを逃してしまいながら、でもこの年齢と立場になったからこそ直したいという人もとても多いと感じています。

二本柳 何より何度も通わなくていいし、治療の期間自体も短いというのも、ビジネスパーソンにはありがたい。

西野誠氏

西野 来店は、最低1回です。Oh my teethの矯正は透明なマウスピースを使用しますが、矯正のステップに合わせたオーダーメイドのキットはすべて自宅へ届けられます。矯正期間も、前歯だけなら平均3ヵ月。

二本柳 矯正と言えば1~2年は当たり前ですし、前歯だけというのも気軽です。

西野 実は矯正をする方の3割が、途中で挫折してしまっているんです。通常の歯医者でも部分矯正の技術はあったんですが、やはりすべてきれいにした方がいいというのがこれまでの考え方でした。時間や金額で断念したり、途中で挫折する状況を変えたい、というのが僕たちの考えです。実際にOh my teethの利用者のほとんどが前歯の部分矯正なんです。

二本柳 聞けば聞くほど、これまでの歯科の常識を覆した本当に画期的なシステムですよね。

西野 やっぱり自分がユーザーの視点でこの事業を始めたということは大きいと思います。こういうことはできないか? これは省けないか?など、ユーザーとして疑問に思うことを、正直にドクターにぶつけてみたんですよね。そうすると、ドクターの視点では気がつかなくても、実は意外とできることが多かったんですよ。

二本柳 逆にドクター側からの反対というものはなかったですか?

西野 最初はこのシステムに賛同してくださるドクターを探すのには苦労しましたし、業界を破壊するというような意見を言われたことも。でも、歯科矯正のハードルを下げて一般に広め、新たな需要喚起の入り口にするのがOh my teethの目的です。歯科医のこれまでのイメージを変え、より身近にするという目的を理解してくださる方が、現在はとても増えてきています。さらに言えば、LINEを通しての患者様とのコミュニケーションやAIの活用など、これまでの歯科にはなかったシステムも提供できることで、ドクターご自身の仕事の仕方も変わるはずと考えています。これからもたくさんのドクターとともにOh my teethで、矯正をだれもが身近に感じるようにしていきたいですね。

二本柳 進捗状況チェックやコーチングなど、僕にも毎日LINEメッセージが来ますが、すごくフレンドリーだし、今日もやらなきゃとモチベーションもあがってます(笑)。歯医者という感じがしないのも、楽に続けられる秘訣ですね。

西野 歯医者じゃないみたいって言われるのが、実は一番嬉しいんです(笑)。医療的な技術は大きく進歩したのに、歯科に対するイメージは、自分の子供のころと比べまだまだ変わっていない。もっと手軽にきれいな歯並びを手に入れるために、Oh my teethはそんな現状を変えていく存在になりたいと思っています。

 

Makoto Nishino

Makoto Nishino
1994年生まれ。学生時代に物流スタートアップ「オープンロジ」にて創業期を経験。ワークスアプリケーションズに入社し、大規模基幹システムの開発業務に従事。2019年10月、Oh my teethを共同創業。日本初の歯科矯正D2Cブランド「Oh my teeth」をローンチすると、2022年4月時点で希望者含むユーザー数が2万人を超えた。Open Network Lab 第21期「DemoDay」最優秀賞。ICCサミット FUKUOKA 2022「D2C&サブスク カタパルト」優勝。

 

Oh my teeth

東京銀座有楽町矯正歯科(Oh my teeth 導入クリニック)
住所:東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館2F
TEL:03-6206-3100
営業時間:10:00~21:00/土日祝 9:30~18:30
定休日:不定休
詳細はこちら

 

問い合わせ
Oh my teeth Mail:hi@oh-my-teeth.com

TEXT=牛丸由紀子

PHOTOGRAPH=鈴木拓也

PICK UP

STORY

MAGAZINE

11月号 Now on sale

ゲーテ11月号表紙は相葉雅紀。エグゼクティブの服選び&秘められし京都の2大特集。

月刊誌「ゲーテ」2022年11月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

11月号 Now on sale

ゲーテ11月号表紙は相葉雅紀。エグゼクティブの服選び&秘められし京都の2大特集。

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]11月号が2022年9月24日に発売となる。今号は秋のファッションと京都の2大特集。さらに、くりぃむしちゅー有田哲平に密着し、普段は見せないビジネス脳を丸裸にする企画ほか、相葉雅紀のインタビューやゲーテ公式ECサイト「ゲーテストア」限定アイテムも必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる