MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

ART

2022.05.17

「秋元康さんの詞を書にしたい!」稀代の書道家・金田石城の書とは

美空ひばりの「川の流れのように」から坂道グループの楽曲まで、いつの時代も人々の心に響く詞を書き続ける作詞家・秋元 康氏。伝統を踏まえつつも新しい作品を生みだし、墨の魔術師と呼ばれる書道家・金田石城氏。稀代のクリエイターふたりが出会った時、どんな化学反応が起きるのか。

秋元 康と墨の魔術師・金田石城がタッグ

書という楽器で描くメロディー

坂道グループの楽曲のなかから作詞家・秋元康氏が46作品をセレクトした自選歌詞集、『こんなに美しい月の夜を君は知らない』。この歌詞集にインスピレーションを受けた書道家の金田石城(せきじょう)氏が、その作品のなかから14点を厳選。墨彩の屛風に仕立て上げ、展覧会『墨の魔術師 金田石城が描く 秋元康の詩の宇宙展』で披露した。

「秋元さんの詞を書にしたい! と自分からお願いしたのですが、これが実に難しい作業で。曲のなかからどこの歌詞を抽出し、行間の響きを表現するか。毎日、何枚も書き直しました」

川の流れのように

「川の流れのように」。歌詞集の刊行を記念し、『墨の魔術師 金田石城が描く 秋元康の詩の宇宙展』を4月に開催。

会場では秋元氏とのトークイベントも開催。実際に作品を目の前にした秋元氏は、その迫力に驚いたという。

「楽曲用に書いた歌詞が、こんなにも筆や墨に合うのかと。書という楽器で描くメロディーが、この空間に満ちているのを感じます」

サイレントマジョリティー

「サイレントマジョリティー」。先の14点に秋元氏の代表作5点を加えた19の詞を金田氏がしたためた屛風を展示した。

金田氏は、詞を額ではなく屛風にしたためた理由についてこう話す。

「秋元さんの現代的な歌詞を、敢えて古典的な形式で表現したかったんです。大きな屛風に描いたことによって、ロマンやスケール感をより感じさせる作品になったと思います」

トークショー

展覧会会場ではトークショーも。幻冬舎・見城 徹(右)を司会に、秋元氏(中)と金田氏(左)がトークを披露。秋元氏の作詞作法など、話題は多岐に及んだ。

 

『こんなに美しい月の夜を君は知らない』

『こんなに美しい月の夜を君は知らない』
秋元氏の初となる自選歌詞集。「君の名は希望」「二人セゾン」など坂道グループの楽曲から46作品をセレクトし、長沢 明氏のイラストとともに収録。(幻冬舎 ¥1,540)

TEXT=川岸 徹

PHOTOGRAPH=古谷利幸

PICK UP

STORY

MAGAZINE

9月号 Now on sale

ゲーテ9月号はハワイ特集。最強のハワイガイドが完成!

2022年ゲーテ9月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

9月号 Now on sale

ゲーテ9月号はハワイ特集。最強のハワイガイドが完成!

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]9月号が2022年7月25日に発売。総力特集は「涙するハワイ」。誰しもの心の故郷ともいえるハワイをどこよりも早く、アップデートしたハワイ情報を一挙に紹介する。そのほか、二宮和也のインタビューやゲーテ公式ECサイト「ゲーテストア」限定アイテムも必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる