GOETHE

MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

ART

2021.01.30

そのお値段3500万円! バンクシーの超高額落札作品の開封現場に密着

オークションで落札した作品が、ついに自宅にやってきた! 緊張と興奮で胸が高鳴るその開封現場を取材した。

Girl with Balloon

バンクシーの中でもっとも人気が高いシリーズ。プリント版も年々価格が上昇している。

ニュースでも有名なあの作品を開封する記念すべき瞬間に密着!

2020年11月、バンクシーの『Girl with Balloon』がロンドンから日本人経営者A氏の自宅に到着した。

A氏は10月のフィリップスオークションにオンラインで初参加、3500万円でこの作品を落札したのだ。

この箱の中に作品があるのかと思うと興奮が抑えられないA氏。

「どうしてもこの作品が欲しくて、オークションに出品されると聞いて参加しました。ああ、これが本当にバンクシーなんですね」。

A氏が震える手で箱を開けると、そこには紛れもない本物が。

ゆっくり開封。バルーンが見えてきた。本物のバンクシーだ!

テンションは最高潮のはずだが、少しはにかみながらA氏は言う。

「15名ほど競争相手がいましたが、オンラインだったので冷静にビットできました。実際に現場に行ったら、興奮してもっとすごい額になっていたかもしれません(笑)」

新居の中で一番作品が映える場所を探しているA氏。

2004~’05年の間につくられた600点のプリント。エディションは67。

TEXT=安井桃子

PHOTOGRAPH=古谷利幸

PICK UP

STORY

MAGAZINE

4月号 Now on sale

創刊15周年特別号! 人生の決戦にチカラを与える、仕事人の勝負アイテムを大特集/表紙 宮本浩次

ゲーテ4月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

4月号 Now on sale

創刊15周年特別号! 人生の決戦にチカラを与える、仕事人の勝負アイテムを大特集/表紙 宮本浩次

2月25日発売の「ゲーテ4月号」は創刊15周年特別号! 表紙を飾るのは、エレファントカシマシのボーカリストであり、現在ソロ活動中の宮本浩次。総力特集は「勝負」にフォーカス! アグレッシブに仕事に打ち込む者たちの傍らには、活力を与え続けてきた勝負アイテムがある。闘う仕事人たちの相棒と、その勝負論に迫る! そのほか「勝負下着特集」や「時計特集」、新連載「JRA競走馬の成長秘話 走れ! ゲーテ号」も必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

Salon Memberになる