MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

GOURMET

2022.06.21

銀座レカン|今が狙い目! 極上ワインがリーズナブルに飲める名門フレンチ

食に対して尋常ではない情熱を傾ける、秋元康小山薫堂、中田英寿、見城徹が厳選したとっておきの店を紹介する、最強のレストランガイド「ゲーテイスト2022」。フレンチ、イタリアン、スパニッシュ、洋食…。クリエイティヴィティに富んだ百花繚乱の洋のレストランを紹介。【Part3:洋の絢爛】

銀座レカン

前菜「タスマニアサーモンとタスマニア産グリーンアスパラガスのショーフロア」。

小山薫堂「いいヴィンテージをリーズナブルに! ワイン好きは今こそ狙い目」

1974年に誕生したフランス料理の名店。メニューは料理長が交代するとすべてが一新されるため、創業時から続く料理は存在しない。2017年6月にリニューアルオープンし、現在はフランスで研鑽を積んだ栗田雄平シェフが8代目料理長として活躍中。ワインは1万6000本のストックがある。

 『銀座レカン』、懐かしいなあ。薫ちゃんが今ここを挙げたのはどうしてなの?

 老舗のグランメゾンですが、行くとやっぱりいい。でも、今の理由は、ずばりワイン。ワインの値段は最近どこでも驚くほど上がっていますが、ここはすごくいいワインをリーズナブルに飲ませてくれる。今こそ狙い目なんじゃないかと思うんです。

銀座レカン

新鮮なヒメジにウロコに見立てたじゃがいもを張りつけて焼いた「ヒメジのエカイエ仕立て 酸味の強いブールブランとエポワスのフォンデュ」(ともに¥24,000のディナーコースの一例)。

銀座レカン

前菜「ブリのマリネ ビーツのクレームとヴィネグレット ケールのサラダ」(¥9,000のランチコースの一例)。

 そんなにお手頃なんだ?

 はい。昔からいいヴィンテージを買って揃えているからで、例えばボルドーの’89年や’90年が2万円台で飲めたりします。ペアリングでもいいワインを出してくれますよ。

 『銀座レカン』って、40年ぐらい前に『アピシウス』『オテル・ドゥ・ミクニ』『マキシム・ド・パリ』と並んでフレンチ四天王と言われていた店。こういう店がまた注目を浴びる時代がきたっていうのが面白いよね。

銀座レカン

全7種のワインペアリング(¥16,500)の一例。メインにはフランスワインが合わせられる。

Ginza L’ecrin
住所:東京都中央区銀座4-5-5 ミキモトビルB1
TEL:03-3561-9706
営業時間:11:30~13:30、17:30~L.O.21:00
席数:30席、個室(4~14名)
定休日:無休
料金:コース/ランチ¥9,000~、ディナー¥19,000~

【ゲーテイスト2022】
「秘密の店」
「和の神髄」
「洋の絢爛」
「名人の店」
「弩級な鮨」
「肉の魔力」

TEXT=小松めぐみ

PHOTOGRAPH=上田佳代子

PICK UP

STORY

MAGAZINE

1月号 Now on sale

ゲーテ1月号表紙は松田翔太。エグゼクティブを刺激するスノーリゾート&時計の2大特集。

shota matsuda

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

1月号 Now on sale

ゲーテ1月号表紙は松田翔太。エグゼクティブを刺激するスノーリゾート&時計の2大特集。

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]1月号が2022年11月25日に発売となる。本格的なウィンターシーズンの到来に向け、今月号はスキーリゾートを大特集。さらに、新作タイムピースをピックアップした時計特集ほか、新ビジネスを始めた松山ケンイチ、松田翔太のインタビューやゲーテ公式ECサイト「ゲーテストア」限定アイテムも必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる