MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

GOURMET

2022.06.11

おみ乃 神谷町|東京は空前の焼鳥バブル! 注目は、名人の技を継いだここ

食に対して尋常ではない情熱を傾ける、秋元康小山薫堂中田英寿見城徹が厳選したとっておきの店を紹介する、最強のレストランガイド「ゲーテイスト2022」。身体が肉を求めるのは、生命力のバロメーター。精力的に仕事と向き合うために欠かせない“肉食レストラン”の最新版! 【Part6:肉の魔力】

おみ乃

手羽先。中にもち米やじゃがいもなどをつめたスペシャリテ。

中田英寿「焼鳥の火入れと鶏を使った創意溢れる一品料理が素晴らしい」

東京は空前の焼鳥バブル。名店出身の次世代職人の活躍もめざましく、地方の人気店も続々とオープン。そのなかで、名人の技を継いだ焼鳥と料理で注目を集めているのがここ!

 鮨店と同じくらいの勢いで焼鳥店が増えていますが、イチオシは『おみ乃 神谷町』です。

 神谷町は薫堂のオフィスの近くだね。美味しいの?

おみ乃

火入れは近火の強火で。鉄柱ぎりぎりまで積み上げた炭の火でしっかりと焼き切りながら部位の個性を引きだす(料理はすべて¥13,000~のコースの一例)。

 東京・押上に1号店があるんですが、そちらとはまた違った趣向で、焼鳥と懐石の『小十』出身の料理長が作る旬の食材を使った鶏料理の二本柱で組み立てるコースが新しくていいと思います。

 焼鳥もどんどん進化しているんだな。店主はもともとどこにいた方?

 『鳥しき』です。師匠ゆずりの火入れで、近火の強火で焼くんですが、焼鳥は串打ちの技術も大切だとあらためて実感しました。僕は、あまりハツが得意ではないんですが、ここのは美味しい。奥吉川と手羽先の組み合わせも印象的です。

おみ乃

右:かしわ。串打ちの高い技術を感じるひと串。左:レバー。ぷつっとした皮膜と、とろりとした食感のコントラストも見事。

 ワインもいいけれど、日本酒と焼鳥は最高だね。

 焼鳥店も多様化していて、今後、海外に出ていく店も増えそう。このお店を見ていると機は熟しつつあると感じます。

おみ乃

焼鳥は店主の小美野正良氏が、鶏を使った一品料理は荒巻将司氏が担当。カウンターのみの落ち着いた空間で、土曜のみ夜と同一内容のランチも営業。予約は電話かOMAKASEのサイトでも受け付けている。

Omino Kamiyacho
住所:東京都港区虎ノ門3-17-1 TOKYU REIT虎ノ門ビル104
TEL:03-6403-1922
営業時間:11:45~L.O.13:00(土曜のみ)、16:30~L.O.20:30
定休日:日曜、祝日、不定休
座席数:カウンター14席
料金:コース¥13,000~

【ゲーテイスト2022】※6月24日までに全公開!
「秘密の店」
「和の神髄」
「洋の絢爛」
「名人の店」
「弩級な鮨」
「肉の魔力」

TEXT=小寺慶子

PHOTOGRAPH=上田佳代子

PICK UP

STORY

MAGAZINE

1月号 Now on sale

ゲーテ1月号表紙は松田翔太。エグゼクティブを刺激するスノーリゾート&時計の2大特集。

ゲーテ1月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

1月号 Now on sale

ゲーテ1月号表紙は松田翔太。エグゼクティブを刺激するスノーリゾート&時計の2大特集。

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]1月号が2022年11月25日に発売となる。本格的なウィンターシーズンの到来に向け、今月号はスキーリゾートを大特集。さらに、新作タイムピースをピックアップした時計特集ほか、新ビジネスを始めた松山ケンイチ、松田翔太のインタビューやゲーテ公式ECサイト「ゲーテストア」限定アイテムも必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる