GOETHE

MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

GOURMET

2021.06.30

ひとりしゃぶしゃぶ 七代目松五郎|自家製づくめの赤坂の良店

秋元 康、小山薫堂、中田英寿、見城 徹の美食を探求する4兄弟の偏愛レストランを大公開するゲーテレストラン大賞「ゲーテイスト」が今年も開催に!

ひとりしゃぶしゃぶ 七代目松五郎

見城徹「開発に2年半かけた特製ポン酢が絶品!」

昨年6月、ひとり鍋仕様のカウンターしゃぶしゃぶという画期的なスタイルでオープン。美味しいのに格安、コロナ禍ということもあって話題に。

 渋谷の『厨(くりや)七代目松五郎』が新業態として始めたんですよ。独自の肉のルートを持っているから、A4・A5の雌の黒毛和牛も他の店に比べてかなり安い。特選で3280円ですよ。野菜やご飯、〆の麺もついて。普通のロースならもっと安い。

小つまみ

「小つまみ」は10品ほど用意されている。奥が「自家製和牛ビーフジャーキー」¥680、手前は「牛すじ煮込み豆腐」¥480ほか。

 僕も行きました。楕円のカウンターに電磁調理器が埋め込まれていて。仲間と行っても鍋の肉や野菜を共有しないから、このご時世でも安心。しかも、肉はカウンター内のスライサーで切り立てを出してくれます。

 画期的! これから流行りそうですね、こういうスタイル。

 流行ると思う。でも僕が一番素晴らしいと思っているのは特製のポン酢。ダイダイとスダチとレモンをブレンドしていて酸味がキリリとしている。ドライエイジングで水分を少し抜いて凝縮させている肉の味を最大限に引き立てるために開発したそうで、相性が完璧ですよ。

 見城さん好みの綺麗な酸。

〆のひと口ラーメン

「〆のひと口ラーメン」は、多少煮こんでもコシがなくならないよう極限まで水分量を減らした特注麺を使用している。

 うん、肉の旨味やコクを引き立てつつ脂は流してくれる。

 僕はガーリックチップとラー油をトッピングする胡麻だれ派。特に豚しゃぶは胡麻が合う。あと、つまみも美味しかった。

 めっけもんなのが特選ビーフを30分くらいフライパンに押しつけて作っている自家製ビーフジャーキー。

 自家製ずくめですね。

 スタッフが熱心なんですよ。

特選極ロース(120g)のセット¥3,280。肉の量は80gと120gで選べる。

 〆のラーメンも特製だれを用意。最後まで手抜きなしのいい店です。

ーー今年のゲーテレストラン大賞「ゲーテイスト」は「秘密のレストラン」「陶酔のフレンチ&イタリアン」「美しき芸術の鮨」「職人の技に酔いしれる料理」「百花繚乱の超絶中華」「知る人ぞ知る隠れ家&穴場」「究極の肉を喰らう」がラインナップ! 完全保存版です。

 

Hitorishabushabu Nanadaime Matsugoro

30席ある楕円形のカウンター。

Hitorishabushabu Nanadaime Matsugoro
住所:東京都港区赤坂3-7-12 ベストウェスタンホテルフィーノ東京赤坂1F
TEL:03-5544-9977
営業時間:11:30~22:00
休業日:無休
座席数:カウンター30席、個室1室(~6名)

TEXT=藤田実子

PHOTOGRAPH=鈴木拓也

PICK UP

STORY

MAGAZINE

9月号 Now on sale

ゲーテ9月号の表紙は本田圭佑、総力特集は「最高の仕事を生む椅子」。トップランナー20人が愛でる一脚とは?

ゲーテ9月号COVER

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

9月号 Now on sale

ゲーテ9月号の表紙は本田圭佑、総力特集は「最高の仕事を生む椅子」。トップランナー20人が愛でる一脚とは?

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]9月号が7月26日に発売。総力特集は、「エグゼクティブは椅子にこだわる! 最高の仕事を生む椅子」。表紙の本田圭佑をはじめ、各界で活躍するトップランナー20人が愛でる一脚と、そのストーリーに迫る。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる