GOETHE

MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

GOURMET

2021.06.20

對馬|多様なジャンルを経験してきた若き店主の辣腕が光る、六本木の中華

秋元 康、小山薫堂、中田英寿、見城 徹の美食を探求する4兄弟の偏愛レストランを大公開するゲーテレストラン大賞「ゲーテイスト」が今年も開催に! 中国料理の技術と伝統に敬意を払いながら現代にマッチするようにアレンジ。ハイクラスなレストランから町中華まで、クリエイティビティとバラエティに富んだ悶絶するほど美味しい中華を堪能したい。

對馬

「鮑の春巻き」。パリッとした皮と大ぶりの蝦夷鮑の食感のコントラストが見事。

秋元康「創意で楽しませたいという心が伝わる気鋭の料理人」

新世代の中華料理人の台頭が目立つなか、オープンして瞬く間に予約困難店となった六本木『對馬(つしま)』。さまざまなジャンルを経験してきた若き店主の辣腕が、訪れたゲストを魅了する。

 東京の中華料理は、本当に百花繚乱だなぁと改めて感じたのが『對馬』です。『Furuta』から独立して去年、元麻布にお店を出したのだけど、すでに予約がなかなか取れない。

ビーフンのキャビアのせ

絶品「ビーフンのキャビアのせ」(料理はすべて¥35,000のおまかせコースの一例)。

 ということは、高級?

 1日ひと組という営業スタイルでおまかせコースは3万5000円からです。焼豚やキヌガサダケのスープ、フカヒレも美味しかったけど、締めの真鴨のラーメンも滋味に溢れていて印象に残っています。胃の腑にじわりと沁みる美味しさ。

 『ル・シノワ』だったり『エピセ』だったり、いわゆる“東京中華”の礎を作ってきた店があると思うんだけど、新しい料理人がどんどん出てきて進化し続けているというのは、本当に中華の奥深さを感じるよね。

天然真鴨と行者ニンニクのラーメン

「天然真鴨と行者ニンニクのラーメン」。天然の真鴨からとった出汁と金華ハムの上湯を合わせたWスープが美味。

 そうですね。『對馬』の店主の對馬健一さんが作る料理はあくまで中華の王道がベースにあるんですけれど、そこに自分のスタイルを加味してお客さんに喜んでもらいたいというサービス精神を感じる。カウンターだけのお店だと、反応がダイレクトにわかるから、本人も絶対妥協しないというか。

 真面目なんだ。

 厨房のフードとか、どれだけ時間をかけて磨いているんだろうというくらいピカピカなんです。そういうところに……。

對馬健一氏

店主の對馬健一氏。パティシエや焼肉店などで働き『Furuta』を経て、独立。

 出るよね。心が。

 本当に。どんなに忙しくても手を抜かず、お客さんの目線に立って仕事をまっとうする姿勢も含めて、これからも期待が持てる料理人だと思います。

ーー今年のゲーテレストラン大賞「ゲーテイスト」は「秘密のレストラン」「陶酔のフレンチ&イタリアン」「美しき芸術の鮨」「職人の技に酔いしれる料理」「百花繚乱の超絶中華」「知る人ぞ知る隠れ家&穴場」「究極の肉を喰らう」がラインナップ! 完全保存版です。

 

tsushima

半年以上先まで予約で埋まっているスペシャルシート。2名から6名までの貸し切りスタイル。

tsushima
住所:東京都港区元麻布3-2-3 けやき坂NEST 1F
TEL:03-6804-2709
営業時間:17:00~24:00
休業日:不定休
座席数:6席
料金:おまかせコース¥35,000~

TEXT=小寺慶子

PHOTOGRAPH=長谷川 潤

PICK UP

STORY

MAGAZINE

12月号 Now on sale

ゲーテ12月号は三代目 J SOUL BROTHERS特集! 全42ページのフォトストーリー&インタビュー! 挑戦を語る

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

12月号 Now on sale

ゲーテ12月号は三代目 J SOUL BROTHERS特集! 全42ページのフォトストーリー&インタビュー! 挑戦を語る

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]12月号が10月25日に発売。三代目 J SOUL BROTHERS特集のほか、スニーカー特集もお見逃しなく!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる