GOETHE

MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

GOURMET

2020.09.09

何度も通いたくなる! 名店の心を受け継ぐ日本料理の新鋭「御成門はる」

素材や器も一流の名店で修業した気鋭の料理人が独立し、新店を開業。旬の選り抜きの食材や盛りつけを通し、季節を味わう喜びに浸りたい。

【画像】御成門はる

季節の素材を存分に楽しめる小体な店

名店「くろぎ」で活躍した小川晴行氏が今年の3月にオープンした、おまかせ一本の小こ 体ていな日本料理店。約11品のコースは季節感溢れる先付から始まり、2品目には旬の野菜の「ごま和え」が続く。その驚くほどの香り高さは、ひと組ごとに炮ほう烙ろくでごまを煎り、すりたてのごまを使うからこそ生まれるものだ。

【画像】御成門はる

ご主人との会話やできたての料理の香りが楽しめるカウンター席。店は、愛宕警察署の斜向かいに位置する。

小川氏のモットーは、食材の美味しさを最大限に生かし、最もよい状態で提供すること。例えばお造りのスズキは、余分な水分を抜いてベストな食感を引きだすために、活け〆めした直後に昆布〆している。初秋の「季節の鍋」の主役となるハモは、その日の朝に〆たものを一汐し(塩水に漬け)、純粋な旨味を引きだしたものだ。焼いたハモの骨を鰹と昆布の出汁で炊いたスープは、まさに滋味豊か。残ったスープで作るおじややにゅうめんも味わい深く、至福の時を過ごせる。

【画像】御成門はる

スズキの昆布〆。薬味はわさび、梅肉、自家製おかきを砕いたもの。自分好みの薬味の組み合わせで、煎り酒や醤油をつけて楽しむ。

【画像】御成門はる

スズキの昆布〆。薬味はわさび、梅肉、自家製おかきを砕いたもの。自分好みの薬味の組み合わせで、煎り酒や醤油をつけて楽しむ。コースの終盤に登場する「季節の鍋」の一例。初秋は脂ののったハモを主役に、ハスイモ(レンコンの根)とシイタケを取り合わせる。土鍋は雲井窯の中川一辺陶作。

【画像】御成門はる

いんげんのごま和え。いんげんの香りと煎りたてのごまの香ばしさが際立つ。料理はすべて¥15,000のコースの一例。

【画像】御成門はる

店主の小川晴行氏は「朱雀」「くろぎ」などの名店で研鑽を積んだ料理人。「その料理が一番美味しいタイミング」を見極め、ベストな状態で提供する。

御成門はる
住所:東京都港区芝大門1-2-2 中川ビル1F 
TEL:03-6809-2502
営業時間:18:00~23:00
休み:不定休 
座席数:カウンター7 席、個室2 室( 4 ~ 6 名) 
料金:コース ¥15,000

TEXT=小松めぐみ

PHOTOGRAPH=上田佳代子

PICK UP

STORY

MAGAZINE

1月号 Now on sale

キーワードは隠れ家!? 新しい時代の邸宅特集/表紙 近藤真彦

2021年1月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

1月号 Now on sale

キーワードは隠れ家!? 新しい時代の邸宅特集/表紙 近藤真彦

11月25日発売の「ゲーテ1月号」は新しい時代の邸宅特集! そのほか「仕事に効く”個性派”高級ウォッチ」や「賢者8人が選ぶ!秘蔵ワインリスト」も必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

Salon Memberになる