GOETHE

MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

GOURMET

2019.11.26

一杯15万円のワインをグラスで提供! 東京の最先端レストラン『totanuki』

高価格帯のワイン140種をすべてグラスで提供。凄腕ソムリエによる話題の新店をご紹介。

【画像】totanuki

凄腕の仕掛人が手がける新店

今年5月”コンパクトラグジュアリー”という新しいホテルカテゴリーを掲げ、麻布十番にオープンした『hotel azabu ten』。カッシーナ・イクスシーの監修による、欧風スタイルに日本の伝統美も溶けこませたインテリアに心ときめく。

同様に、ダイニングの料理も洗練の和洋折衷がテーマ。料理長・早見裕亮氏は『レストラン アイ(現KEISUKE MATSUSHIMA)』など数々のフレンチの名店で積んだ経験をベースに、色使いから食感、味わいまで日本人ならではの繊細な表現を工夫する。

【画像】totanuki

NYや東京でサービスを務めていた頃に多くの世界的な賞を受賞したソムリエ梁世柱氏。現在は、ワインスクールやレストランのコンサルタントなど世界を股にかけて活躍。

そして特筆すべきはソムリエ。料理を彩るワインは『World’s 50 Best Sommeliers』のひとりに選出された梁世柱氏が監修する。コルクの上から細い針を差して注ぐ特許技術のサーバー”CORAVIN”を有効活用し、一杯15万円を超える特級畑のものまで、なんと140種をグラスで提供。日本最先端のバイ・ザ・グラスリストは必見だ。

【画像】totanuki

ブランケット・ド・ヴォーのカネロニ仕立て グリーンピースのタルトット添え フランスの家庭料理の定番、仔牛のクリーム煮を再構築。料理はすべて ¥18,000のコースより。

【画像】totanuki

スモークサーモンのフリボリテ 華やかなライムのクリームとキャビアを添えて。

【画像】totanuki

彩り野菜と青森県大西ハーブのサラダにポテトサラダをしのばせて。ともにコースのなかの前菜。どの料理も計算し尽くされた繊細で美しい盛りつけに驚かされる。

【画像】totanuki

totanuki (とたぬき)
住所:東京都港区東麻布2-26-8 
TEL:03-5797-8770 
営業時間:17:30~22:00 
休業日:不定休 
座席数:カウンター10席、テーブル8席、テラス4席、個室1室(~ 8 名)
料金:コース ¥18,000、グラスワイン ¥1,500~ 

TEXT=藤田実子

PHOTOGRAPH=土居麻紀子

PICK UP

STORY

MAGAZINE

12月号 Now on sale

経営者が読む座右の漫画 表紙 V6

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

12月号 Now on sale

経営者が読む座右の漫画 表紙 V6

10月24日発売の「ゲーテ12月号」は座右の漫画特集!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

Salon Memberになる