GOETHE

MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

GOURMET

2019.09.11

【兵庫県】中田英寿が全国の蔵元に教わった最高に旨い店<ゲーテイスト特別版>

2009年から’15年の6年半、のべ500日以上をかけて、47都道府県を旅した中田英寿さん。そこで出会った数々の酒蔵には、ある共通点があった。それは、「良質な蔵元であればあるほど、良質な食を知り尽くしている」ということ。中田さんが出会った全国津々浦々の特別なる蔵人にしか知りえない、最高に旨い”地元の名店”を紹介する。ゲーテのレストラン大賞「ゲーテイスト2019」に参加した中田さんによる、「ゲーテイスト特別版 全国の旨い店ガイド」がここに完成!

ビフテキのカワムラ

『播州地酒と全国銘酒 肴ひの』 神戸市/和食居酒屋

推薦人
「仙介」/泉酒造 永井正明さん(営業部長)

兵庫・神戸の繁華街「三宮」に店主の優しさがやみつきになるお店がある。「たくさんの兵庫県の日本酒が揃っているので、“日本酒のお店”といえばここがオススメです。“こんな日本酒もある!”というのを知ってもらいたいという店主の計らいで、有名どころのみならず規模の小さい蔵元の銘柄も置いているというのも魅力的なんです。そんな粋な店主の人柄に惹かれて、地元の人たちも頻繁に足を運んでいます。播州地方名物の『播州おでん』と『ポテトサラダ』は、日本酒にはうってつけの絶品メニューですよ」

播州地酒と全国銘酒 肴ひの

播州地酒と全国銘酒 肴ひの
住所:兵庫県神戸市中央区北長狭通2-4-7 隴西ビル 4F
TEL:07-8333-7751

 

泉酒造
12年の時を経て醸造を再開——「若き老舗」と呼ばれる、神戸にある「泉酒造」。18世紀の宝暦年間に創業と「老舗」ではあるが、1995年の阪神・淡路大震災で大きな被害を受け営業を停止。一時は再建を諦めかけたものの、2007年に製造を再スタート。兵庫県産山田錦を原材料に用いてこだわり抜いた丁寧な手法で造るイチオシの「仙介」は、いまや「平成29酒造年度全国新酒鑑評会」で金賞を受賞するにまで仕上がった。そのフルーティーでスッキリとした風味は和食やイタリアンにも合う日本酒として定評を得ている。

泉酒造

銘柄:仙介、琥泉
創業:宝暦年間(1756年)*設立は1945年
住所:神戸市東灘区御影塚町1-9-6
TEL:078-821-5353
https://izumisyuzou.co.jp

 

『四季旬菜 和』 宍粟市/懐石料理

推薦人
「播州一献」/山陽盃酒造 壺阪雄一さん(代表取締役)

自然豊かな宍粟(しそう)の地元で採れる「山菜」や「川魚」を使った日本酒にうってつけの料理が食べられるお店がある。「“うまい店”といえばいつもここを紹介します。地元で採れた新鮮な食材を使っているのですが、なかでもお店のすぐそばを流れる揖保川(いぼがわ)で採れた「鮎」の刺身は鮮度抜群です。秋は「サワガニ」、冬は「牡丹鍋」が日本酒好きなら一度は食べておきたい鉄板メニューです」

四季旬菜 和

四季旬菜 和
住所:兵庫県宍粟市山崎町庄能393
TEL:0790-62-1120

 

山陽盃酒造
兵庫県を代表する酒米「山田錦」や「兵庫夢錦」の産地、宍粟市山崎町にある「山陽盃酒造」。代表の壺阪雄一さんは「手間を惜しまずに造ります」と、天保8年の創業以来、この酒造で大切にされてきた酒造りへの想いを受け継ぐ。自慢の銘柄「播州一献」は、養父市大屋町にある明延鉱山の坑道「明壽蔵(めいじゅぐら)」で貯蔵されており、関西で唯一、貯蔵目的で坑道を利用する。一年を通して温度変化の少ない「天然セラー」で熟成されたまろやかで深みのあるお酒は、“一献(=一杯)”では終われないほどの味わいだ。

山陽盃酒造

銘柄:播州一献
創業:天保8年(1837年)
住所:兵庫県宍粟市山崎町山崎28
TEL:0790-62-1010
http://www.sanyouhai.com/index.htm

 

『炉端焼 みちのく』 姫路市/ろばた焼き

推薦人
「龍力」/本田商店 本田眞一郎さん(代表)

世界のコンテストでも注目される「龍力」を気軽に飲める炉端焼の居酒屋がある。「カウンターに並ぶ旬の食材は、見ているだけで食欲をそそります。このお店は、気軽に立ち寄れてなおかつリーズナブル。姫路で採れた新鮮な食材を食べられるので、地元の人なら”行きつけ”になるお店です。”鮮魚のお造り”も評判ですが、特に”厚切りベーコン”と日本酒の組み合わせはやみつきになること必至です」

炉端焼 みちのく
住所:兵庫県姫路市南町5 モルティひめじ
TEL:079-282-7088

 

本田商店
2019年の「全国新酒鑑評会」で金賞を獲得した「龍力 米のささやき」。そのこだわりの製法について、本田商店の代表、本田眞一郎さんは「日本酒は米の味が大切」だという。酒米として使用する兵庫県の「山田錦」は、なかでも品質の高い「特A地区産」のみを選ぶ。そんな酒米にこだわった「龍力」は、冷酒としての評価が高いまろやかな味わい。アメリカの国際ワインコンテスト「World Wine Championships」で世界最高金賞を受賞するなど、いまや日本国内だけでなく世界の舞台で活躍するブランドだ。

本田商店

銘柄:龍力
創業:大正10年(1921年)
住所:兵庫県姫路市網干区高田361-1
TEL:079-273-0151
https://www.taturiki.com/

 

『ビフテキのカワムラ』 神戸市/ステーキ

推薦人
「白鶴」/白鶴酒造 安元康一郎さん(商品開発本部 課長)

「最高級の神戸牛を提供する、オーセンティックなステーキハウスです。美しいサシの入ったステーキに合わせたいのは、『白鶴』の大吟醸。磨かれた米の洗練された旨味が、肉の旨味とマッチしながら、脂の後味を綺麗に流してくれます。赤レンガの壁面に赤じゅうたんが敷き詰められた店内は、なんとも言えずエレガント。美味しい肉と日本酒を合わせたくなったら、また特別な記念日に是非お出かけください」

ビフテキのカワムラ

ビフテキのカワムラ
兵庫県神戸市西区伊川谷町有瀬1524
TEL:078-974-5883
https://www.bifteck.co.jp

 

白鶴酒造
白鶴酒造の使命として、日本酒造りにおいて、一切の妥協を許さずこだわり抜く。幻の酒米を現代に蘇らせて造ったお酒「山田穂」や「白鶴錦」なども誕生させている。「日本酒を愛している人はもちろん、やや苦手意識を持っている人も、今夜の夕食に盃一杯分の日本酒を合わせてみてはいかがでしょうか。量は飲まなくても大丈夫、いい酒を少し。日本酒が人生を豊かにすることを、私がお約束します」

白鶴酒造

銘柄:白鶴
創業:寛保3年(1743年)
住所:兵庫県神戸市東灘区住吉南町4丁目5-5
TEL:078-822-8901
http://www.hakutsuru.co.jp/

 

中田さんが開発している日本酒アプリ「Sakenomy」では、さらなる情報を公開! さらなるレストランに加え、宿やお取り寄せ情報も掲載しているので、兵庫を旅するときのお供に!!

TEXT=星 佑貴、本庄真穂

PICK UP

STORY

MAGAZINE

2月号 Now on sale

謎に包まれたアートの仕事を徹底解剖!/表紙 西野七瀬

GOETHE 2021年2月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

2月号 Now on sale

謎に包まれたアートの仕事を徹底解剖!/表紙 西野七瀬

12月24日発売の「ゲーテ2月号」は豪華3本立て! 総力特集は「アートのお仕事」。アートの世界で働く仕事人たちを徹底取材! 一度心を捉えたら離さない、アートの奥深い魅力を大公開します。また、多彩な活躍をする西野亮廣が時代をつくる才能の育て方を激白。さらに、競馬界のレジェンド武豊さんに1年密着取材を敢行! 孤高のジョッキーの光と影が語られます。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

Salon Memberになる