GOETHE

MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

GOURMET

2018.03.31

青華こばやし|美しい器と料理に目も心も奪われる四谷三丁目の日本料理

懐深き日本料理素材の美味しさをもっともシンプルに引きだし、 心身に染みわたるように癒やしてくれる日本料理。日本の粋を感じさせてくれる正統派から革新派までとくとご覧あれ。

青華こばやし

1日3組しか予約をとらない荒木町の名店

小山 前から気になっていて、やっと行けたのが『青華こばやし』。予想どおりいいお店でした。

秋元 場所は?

小山 荒木町です。

見城 神楽坂もだけど、荒木町もいいお店が増えた実感がある。

小山 そうですね。ここは1日3組しか予約を取らないんですが、料理も器使いも素晴らしかったです。器好きは絶対に行くべき。

奥行きのあるカウンター。

見城 器好きの店主なんだ。

小山 店主の小林雄二さんのコレクションだけで器展ができそうなくらい。僕が好きな須田菁華(せいか)の器もたくさんお持ちなんですが、前に京都で欲しい器があって、ポンと買えるものじゃないからちょっと悩んでその日の夕方にやっぱり欲しい! ってお店に行ったら売れてしまった後で。悔しい思いをしたんですが、なんとその器があったんですよ!

秋元 『青華こばやし』に?

小山 それで、すごく盛り上がりました。僕、この器、欲しかったんですよ! って。

見城 素晴らしい器でいただくと料理の美味しさも際立つよね。

店主のもとに集まった器の数々。

店主のもとに集まった器の数々。

小山 どのお料理も美味しかったけど、焼き物は秀逸でした。季節で桜鱒(ます)とか鮎とか鰻とか、種の魚を使うと言っていました。炭火で塩焼きにしているんですが、日本の魚って旨いなぁとしみじみ思いました。

秋元 シンプルなだけに、料理人の腕前がわかるよね。

小山 ごまかしが利かないですもんね。お話をしていても思ったんですが、ものすごく実直な人なんだろうなぁと。正直者が真心をこめて作る料理は間違いなく、美味しいですよね。高級食材でごまかさないところも好感が持てました。

見城 店主の器も大きいと。荒木町に行かないといけないな。

蒸しアワビ。

蒸しアワビ。須田菁華の鯰(ナマズ)の器で。※料理は一例。コース ¥23,000~

お造り。

お造り。この日は淡路産の鯛。赤絵龍文角鉢は四代須田菁華が手がけたもの。器の美しさもさることながら、旬の魚の淡く上品な旨味にも心を摑まれる。

焼き物。

焼き物。焼物は小林氏の料理を象徴するひと皿。塩を当て、備長炭で焼いた真名鰹。皮目は香ばしく身はほくほくとして甘みがある。ちなみに、こちらが小山氏の心をも射止めた皿。

Seika Kobayashi
電話:03-6380-0978
住所:東京都新宿区荒木町10-17 1F
営業時間:12:00~21:30(最終入店)
休み:不定休
座席数:カウンター8席、個室1室(4~10名)

TEXT=小寺慶子

PHOTOGRAPH=富澤 元

PICK UP

STORY

MAGAZINE

1月号 Now on sale

キーワードは隠れ家!? 新しい時代の邸宅特集/表紙 近藤真彦

2021年1月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

1月号 Now on sale

キーワードは隠れ家!? 新しい時代の邸宅特集/表紙 近藤真彦

11月25日発売の「ゲーテ1月号」は新しい時代の邸宅特集! そのほか「仕事に効く”個性派”高級ウォッチ」や「賢者8人が選ぶ!秘蔵ワインリスト」も必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

Salon Memberになる