GOETHE

MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

GOURMET

2018.03.17

SUSHI B GINZA|意外なロケーションに心を摑まれる気鋭の鮨店。

レストランはエンタテインメントの場。味だけではなく、五感をフルに使って愉しむ場だ。摩訶不思議な演出から、たどりつくだけでも大冒険の店まで、サプライズとともに味わう、名店たちを紹介。

SUSHI B GINZA

小龍包店の奥の階段を上った先にある隠れ家のような鮨店

小山 誰もが認める2枚目なのに、お茶目な一面もある。ギャップが魅力の福山くんにぴったりだと思ったのが

見城 え? それ、寿司屋なの?

小山 名前も鮨屋っぽくないんですけど、ロケーションもかなり変わっているんです。

秋元 場所はどのあたり?

小山 銀座です。『さわ田』の近くの三原小路。

銀座の三原小路に佇む小龍包専門店が目印。

銀座の三原小路に佇む小龍包専門店が目印。鮨店の看板 は出ていないので見落とさないようにご用心。

見城 そんな所に鮨屋あった?

小山 店構えでは絶対にわからないんですよ。看板が表には出ていなくて1階が小籠包の店でその店の奥にある階段を上っていくと鮨屋になっているという。

店奥に上階へと続く階段が。

店奥に上階へと続く階段が。まさか、この上に鮨店があるとは。これぞサプライズ !

秋元 よく見つけたなぁ。大将はもともとどこにいた方なの?

小山 銀座の直前は、すすきので奥様とお鮨屋さんをやっていたそうです。石川真文(まさふみ)さんという方なんですけど、15年くらい前にザ・ウィンザーホテル洞爺の『わく善』にいたと聞いて一気に親近感が湧いて(笑)。

階段を上がるとヒノキのカウンターの『SUSHI B GINZA』が出現。

階段を上がるとヒノキのカウンターの『SUSHI B GINZA』が出現。落ち着いた雰囲気が大人好み。 料理長の石川真文氏が温かく迎えてくれる。

秋元 えっ⁉︎ その頃の『わく善』、大好きだった! それは絶対に行きたい!

見城 秋元がそれだけ食いつくのはよっぽどだな。

小山 裏メニューなんですが、いなり寿司がすごく美味しかったです。鰻とか甘酢のガリが入っていて。油揚げがじゅわーっと甘くて。

見城 それは食べたい。俺は鮨屋の裏メニューで出しているおいなりさんがすごく好き。

小山 俵型が関東で、三角型は関西スタイルなんですよね。握りもサイズ感がほどよいし、つまみも気が利いていて満足度が高い。

秋元 ロケーションも面白いし、鮨も旨くて、それは最高。

見城 意表つかれると「なんだ、そうきたか!」って嬉しくなっちゃうよな。うん。これは、絶対に福山にも行ってもらいたいね!

裏メニューのいなり寿司。

裏メニューのいなり寿司。俵形は関東風で三角形は関西風。具材は鰻、刻んだ厚切り卵、 甘酢ガリ、大葉、胡麻、アーモンドなど。サバ節で旨味を出すのも特徴。裏メニューなので、 登場するかしないかは店主の気分しだい。

かぶとからすみ餅とからすみ。

かぶとからすみ餅とからすみ。

握り(右から小肌の昆布〆、中トロ、クエの昆布〆)

握り。右から小肌の昆布〆、中トロ、クエの昆布〆。内容は季節で異なる。※料理は一例。 夜のコース ¥20,000~

スシ ビー ギンザ
TEL:03-6274-6407
住所:東京都中央区銀座5-9-6 2F
営業時間:11:30〜L.O.13:30/17:00〜L.O.21:30
休み:年末年始
席:メインカウンター5席、サブカウンター3席、テーブル8席、個室なし

TEXT=小寺慶子

PHOTOGRAPH=富澤元

PICK UP

STORY

MAGAZINE

1月号 Now on sale

キーワードは隠れ家!? 新しい時代の邸宅特集/表紙 近藤真彦

2021年1月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

1月号 Now on sale

キーワードは隠れ家!? 新しい時代の邸宅特集/表紙 近藤真彦

11月25日発売の「ゲーテ1月号」は新しい時代の邸宅特集! そのほか「仕事に効く”個性派”高級ウォッチ」や「賢者8人が選ぶ!秘蔵ワインリスト」も必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

Salon Memberになる