MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

LATEST ISSUE
2024年8月号
美食旅の新スタンダード、泊まれるレストラン オーベルジュ
STORE
WATCH PR
【CASIO】

カシオ「オシアナス」20年の歴史を支えた“ブルー”のアイデンティティ 

誠実な印象を与えながらも、徹底的なこだわりと大人の色気を感じさせる。2024年に20周年を迎えたカシオ「オシアナス」は、数ある腕時計ブランドのなかでも独自の立ち位置を築いてきた。オシアナスはいかにしてオシアナスになりえたのか。20年の歴史をふたりのキーマンが語った。


スポーティ&エレガンス”なクロノグラフを目指して

まじめで、実直で、時計好き。オシアナスをつけている人から感じられる、そうした印象。2004年に誕生したこのブランドの歴史をひもとくと、それが決して間違っていないということがわかる。

長年、オシアナスのデザインを担当してきたカシオ計算機開発本部デザイン開発統轄部プレミアムリストデザイン室のチーフデザイナー、藤原陽氏がその誕生当時のことを語ってくれた。

「カシオは1990年代にG-SHOCKの大ブームがあり、次は本格的なメタルのクロノグラフに挑戦しようということで開発を進めていました。当時はクロノグラフといえばスポーティという印象が強かったし、メタルの時計といえば実用性だけを追い求めたものばかり。ビジネスパーソンがオフィスでも使えるような、“スポーティ&エレガンス”なクロノグラフをつくりたい、というのがオシアナスの出発点だったんです」

2004年に発売されたファーストウォッチ「OCW-500」は、フルメタルボディのクロノグラフ。3時位置にデジタル表示を搭載した電波ソーラーモデルだ。実用性もデザイン性も高いモデルだったが、オシアナスという新しいブランドを一気に広めるほどのヒットとはならなかった。

「初期の数年間は試行錯誤が続きました」

そう語るのは現在、カシオ計算機開発本部デザイン開発統轄部プレミアムリストデザイン室で室長を務める白石俊也氏。彼もまたオシアナスの進化と成長に携わってきたひとりだ。

「今でこそスポーティ&エレガンスという言葉は目新しくもないですが、当時の時計業界においてはかなり異質なものだったんです。カシオとしては、スポーティ&エレガンスなデザインに加えて、技術的な先進性も取り入れたかった。電波時計であり、ソーラー発電も搭載し、そのうえで装飾品としての価値も持っている腕時計。それを実現するために、オシアナスはムーブメントから開発を進めたんです」

針が動き、時間を伝えるという腕時計のロマン

ブレイクスルーのきっかけになったのは、ひとつの“色”だった。

「オシアナスというブランド名の由来は、ギリシア神話における海の神『オケアノス』。そこから、海の色、ブルーを使ってみようということになったんです。最初はマークだけに使っていたんですが、徐々にブランドカラーとしてブルーを大胆に使うようになり、そこからブランドとしての認知度が広まっていきました」(藤原氏)

オシアナスの人気を一気に高めたのは、2006年に発売された「OCW-M700」と2009年に発売された「OCW-S1400」、通称“マンタ”のサードモデル。当時、ビジネスユースの腕時計のカラーリングといえば、白、黒、シルバーのモノトーンが一般的だった。

「大胆にブルーを使ったデザインは、社内でも『派手すぎる』と議論になりました。でも思い切ってブルーを多用した『OCW-M700』がすごく売れたことで、オシアナスというブランドが知られるようになった。クールだったり、落ち着きだったり、また私たちが目指す先進性を表す色でもある。ブルーという色はブランドとの親和性もすごく高かったんです」(白石氏)

「次の『OCW-S1400』ではさらに、これでもかってくらいブルーを使った(笑)。それが大ヒットして、オシアナス=ブルーというイメージが確立されました。ただ、それ以降もオシアナスがこだわってきたのは、単にブルーのパーツを組みこむことではなく、“テクノロジーのあるブルー”を使うということ。新しいテクノロジーで、新しいブルーを表現していく。ブルーも常に進化しているんです」(藤原氏)

ブランド20周年記念モデルとなる3本、「OCW-S7000BV-2AJR」「OCW-S6000BV-1AJR」「OCW-T6000BV-2AJR」もそれぞれ順に「快晴の空を映す紺碧の大海原」、「自然への畏敬を感じさせる荒れた大海原」、「日差しが反射して輝く海」を異なるブルーで表現している。

「OCW-S7000BV-2AJR」、「OCW-S6000BV-1AJR」では、ブルーに着色したマザー・オブ・パールの文字盤や、カットを施したサファイアガラスのベゼルを採用。1本ずつ異なる表情が他にはない高級感を漂わせる。

「オシアナスはカシオウォッチのフラッグシップであると同時に、アナログウォッチを引っ張っていくようなブランドでなければならないと思っています。だからどんどん新しいことにチャレンジしたいし、ファンを増やしていきたい。

クルマに例えるなら、機械式時計はクラシックカー、スマートウォッチは電気自動車。そのなかでオシアナスは最新のガソリン車みたいなものだと思っています。ガソリン車の音とか匂いとか、そういったモノが好きな人はまだ多いはず。時計には針が動いて時間を伝えるという物語、ロマンもある。

オシアナスは正確で使いやすく、それでいて時計としての美しさを追求する、モノとしての魅力を持ったブランドであり続けたいなと思っています」(白石氏)

「オシアナス」20周年記念の新作3モデルを紹介!

オシアナスの新作時計1
20周年記念モデル「OCW-S7000BV-2AJR」。ベゼルはグラデーション蒸着、文字盤にマザー・オブ・パールを採用するなど、新たなオシアナスブルーの可能性を感じさせる1本。Bluetoothを搭載、スマートフォンリンクなど最新テクノロジーが詰めこまれている。世界限定1,200本。クオーツ(電波ソーラー)。Tiケース&ブレスレット、縦47.5×横42.8mm。¥258,500
オシアナスの新作時計2
航海時の海の情景からインスパイアされたという20周年記念モデル「OCW-S6000BV-1AJR」。波の躍動感を表現した、サファイアを用いたベゼルやマザー・オブ・パールの文字盤が、ブラックのケースとブレスレットの中で美しく煌めく。世界限定350本(シリアルナンバー入り)。クオーツ(電波ソーラー)、Tiケース&ブレスレット、縦47.1×横42.5mm。¥423,500
オシアナスの新作時計3
20周年記念モデル「OCW-T6000BV-2AJR」。透明感のあるライトブルーで、日差しが反射して輝く海を表現したという。文字盤に波をイメージした柄を採用した人気のクラシックモデル。世界限定1,000本。クオーツ(電波ソーラー)、Tiケース&ブレスレット、縦47×横42.6mm。¥162,800

オシアナスの開発に終わりはない

これからのオシアナスはどう進化していくのだろうか。

「ファッショナブルではあるけれど、ファッションのための時計じゃない。やっぱり時計としての信頼感や高い視認性、装着性はこれからも追求していきたいと思っています。奇をてらうようなデザインは、オシアナスにはいらない。

20年にわたってオシアナスのデザインを担当し続けてきましたけど、決して現状に満足することなく、次はもっとこうしたい、ここをこうしたらいいんじゃないか、そういうことをこれまでも考えてきましたし、これからもそう。それをひとつずつカタチにしていくことで、オシアナスは進化し続けていくのではないでしょうか」(藤原氏)

オシアナスは、まじめで実直で時計好きな人たちがつくってきた時計だ。でもそれだけではない。そこに添えられたブルーがさり気なくロマンを語ってくれる。まだ20年。これからオシアナスは、いったいどんな物語を紡いでいくのだろうか。

お問い合わせ
カシオ計算機 お客様相談室
0120-088925

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年8月号

美食旅の新スタンダード、泊まれるレストラン オーベルジュ

2024年8月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

バックナンバー一覧

MAGAZINE 最新号

2024年8月号

美食旅の新スタンダード、泊まれるレストラン オーベルジュ

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ8月号』が2024年6月25日に発売。今号は、フランス発祥の“泊まれるレストラン”、オーベルジュを大特集。今市隆二は、2024年2月にグランドオープンしたばかりの「仙石原古今」を訪れた。

最新号を購入する

電子版も発売中!

バックナンバー一覧

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる