MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

WATCH

2023.07.03

ロレックスの新作「パーペチュアル 1908」希少なスモールセコンドタイプ

2023年は、近年まれにみるラグジュアリーウォッチの当たり年。本特集ではその中でも特に、“美しい時計”を厳選。今回は、ロレックスを紹介する。【特集 美しい時計】

ロレックス「パーペチュアル 1908」

王者が提案する新しい美的表現

シースルーバック、あるいはトランスパレントケースバックと呼ばれる裏蓋からムーブメントを見せる手法は、この十数年で一気に広まった。本来黒子であったムーブメントにも注目してほしいというブランド側のメッセージは、時計愛好家からも支持されている。

2023年はロレックスもトランスパレントケースバックを、一部のモデルではあるが採用した。「パーペチュアル 1908」のムーブメントは、ロレックス コート・ド・ジュネーブの装飾や機構がよく見えるように開口部を設けたローターなど、見どころは多い。しかもロレックスでは希少なスモールセコンドタイプで、その設置位置はダイヤル外縁部に近い場所。

プロポーションの見事さも含めて、ロレックスの美的センスのよさを再認識できるだろう。

パーペチュアル 1908

モデル名は、ブランド名を商標登録した1908年にちなんだ。1931年発表のオイスター パーペチュアルの初期モデルの雰囲気を継承し、ケースは薄くてベゼルは繊細。日差-2~+2秒という高精度。自動巻き、18KWGケース、径39㎜。2023年秋発売予定。¥2,768,700[予価]

▶︎ Hand
バーと丸を組み合わせた時針が、レトロなムードを引きだしている。

▶︎ Movement
大型で薄い、完全自社開発・製造の新型ムーブメントCal.7140を搭載。パワーリザーブは約66時間。

▶︎ Clasps

ロレックス「パーペチュアル 1908」のストラップ

ケースと同素材を使ったデュアルクラスプは、開閉も容易でフィット感も優れる。グリーンのライニングを施したブラック、またはブラウンのアリゲーターレザーストラップを採用。

 

オイスター パーペチュアル コスモグラフ デイトナ

誕生60周年を迎え、細部をアップデート。ミドルケースのデザインを見直し、ムーブメントは新型のCal.4131を搭載した。

ロレックス「オイスター パーペチュアル コスモグラフ デイトナ」

自動巻き、Ptケース、径40㎜。2023年秋発売予定。¥9,253,200[予価]

オイスター パーペチュアル ヨットマスター 42

頑強で錆びないRXLチタンは、海の時計に最適。SS製の同様のモデルに比べて約1/3軽量化され、着用感に優れる。

ロレックス「オイスター パーペチュアル ヨットマスター 42」

自動巻き、RXLチタンケース、径42㎜。2023年秋発売予定。¥1,670,900[予価]

問い合わせ
日本ロレックス TEL:0120-929-570

【特集 美しい時計】
 

この記事はGOETHE2023年8月号「特集:美しい時計」に掲載。購入はこちら▶︎▶︎

TEXT=篠田哲生

PHOTOGRAPH=五月女幸希

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年5月号

身体を整えるゴッドハンド

ゲーテ5月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

2024年5月号

身体を整えるゴッドハンド

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ5月号』が3月25日に発売となる。成功者たちを支える“神の一手”を総力取材。すべてのパフォーマンスを上げるために必要な究極の技がここに。ファッション特集は、“刺激のある服”にフォーカス。トレンドに左右されない、アートのようなアイテムが登場。表紙は、俳優・山下智久。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる