MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

WATCH

2022.12.26

ホラン千秋のファーストラグジュアリーブランド! ゼニスの銀座ブティックへ

仕事に邁進するビジネスパーソンが、ふと閃きを得られる場所に毎月ホラン千秋が突撃取材! 話題のスポットを紹介​する本連載「ホラン千秋の閃き空間」の番外編。​今回訪れたのは、時計ブランドZENITH(ゼニス)の日本のフラッグシップショップ「ゼニス ブティック銀座」。ゼニスが選出する世界で6人の輝く女性“ドリームハーズ”でもある彼女が、ゼニスの世界観あふれるブティックの魅力を紹介する。

 

銀座並木通りへ! 時計選びにワクワク

日本の老舗とともに世界のラグジュアリーブランドが立ち並ぶ街・銀座。歴史と華やかさを併せ持つ並木通りに位置するのが、スイスの時計ブランド、ゼニスのフラッグシップショップ「ゼニス ブティック銀座」です。私も、ゼニスのDREAMHERS(ドリームハーズ)に就任したのをきっかけに、時計の中に広がる技術に歴史、フィロソフィーが作り出す小宇宙に魅了されました。今回はこちらのブティックで、ゆっくりゼニスの世界観に浸れたらと思っています。

店内に入るとすぐ目に入るのが、ゼニスのコレクションが一目でわかるショーケース。最先端の技術と未来的なフォルムや素材を組み合わせた「デファイ」、世界で初めてクロノグラフを開発したゼニスを象徴する「クロノマスター」、空を飛ぶ夢に思いを馳せながら現代の冒険者のためにデザインされた「パイロット」、シンプルでミニマムなデザインを追求した「エリート」という4つのコレクションの代表的なモデルとともに、その特徴を知ることができます。

ホラン千秋さん ゼニス銀座ブティックにてポートレイト

「知識豊かなスタッフに教えてもらいながら、ラグジュアリーな空間でゆっくりと選ぶことができます」

ブランドカラーのネイビーブルーとクールグレーを配し、洗練されたデザインの店内には、最新コレクションからレギュラーコレクションまでが揃い、コレクションごとに分かれているので、自分の好みにあわせて選びやすい配置に。世界でも数少ないフラッグシップショップだからこそ、限定商品など希少なアイテムを見ることができるのも貴重でした。

店内には“ストーリーバー”と呼ばれるバーカウンターのようなスペースも。ここではゼニスの歴史や時計づくりがわかる貴重な映像を見ることができます。ちなみに映像の切り替えは、「え? これで替わるの!?」とスパイ映画のような思いがけない仕組みになっているので、ご興味ある方はぜひお店でスタッフの方に聞いてみてくださいね。

ゼニス クロノマスター

伝統的キャリバー「エル・プリメロ」を進化させたゼニスのクロノグラフの集大成、クロノマスター コレクション。1/10秒の精度を実現し、ゼニスの歴史あるクロノグラフにインスパイアされた多彩なデザインを誇る。

ゼニスは1865年に創業し、ムーブメント製造の技術と美しさで1900年にパリで行われた万国博覧会では金賞を受賞。その後も、他のラグジュアリーブランドにムーブメントを提供していたほど、その信頼性の高さは世界でも認められています。なかでもゼニスの名を知らしめたのが、世界で初めて自動巻きクロノグラフを開発したこと。

その流れをくむ、ムーブメント“エル・プリメロ”は、クロノマスターコレクションとしてゼニスの代表的なシリーズとなっています。実は数あるモデルのなかから、私が選んだのも「クロノマスター オープン」なんです。私が普段携わっているニュースの仕事に必要なストップウオッチ機能があるところと、カジュアルにもきれいめにも合うデザインが自分のスタイルにぴったりと思って選んだのですが、身に着けるほどに愛着がわいて、もう大のお気に入りになっています。

ゼニス 銀座ブティック VIPルーム

ゼニス ブティック銀座の奥にある、独立したVIPルーム。

時計から“男性用”“女性用”という概念をいち早く取り払い、誰でも好きなデザインを固定概念なく選べるようにしたのもゼニスの特徴です。私もどちらかというとフェミニンさを感じるデザインよりも、マニッシュな印象を受けるものやクラシカルなデザインが好きなので、選ぶ楽しさがあり、迷ってしまうほど(笑)。

でも私が時計選びで大事にしたことは、普段大切にしている自分のスタイルを持ちつつも、人生を歩むなかで次のステップを感じさせてくれるような大胆さが感じられるものという点です。ゼニスの時計も、腕につけているといつも自分の夢を見守ってくれるような、いつの間にかそんな存在になっている気がしています。

ホラン千秋さん ゼニス 銀座ブティックにて

「性別とか年齢とか垣根のないフラットな店内。華美ではないインテリジェンスな雰囲気も好きです」

ふと見上げれば店内の天井にはたくさんの星が。実はゼニスのロゴマークが星なのは、創業者がある日、無数の星のなかにきらめく一番星を見て、自分がつくっている時計もそんな輝く存在になろうと決意したことからだそう。その話を聞き、「一番星のような存在を目指す」という想いって本当に素敵だなと感じました。

今回、私がゼニスのグローバル フレンド オブ ブランド & ドリームハーズに選んでいただけたことも、一人の努力ではなく、同じ星を、私をサポートしてくださる人たちとチーム一丸となって目指せたことによる幸運だったのではないかと思っています。

辛くて歩きたくないと思う時には、背中をさすって休ませてくれたり、時にはお尻を叩いて叱咤激励してくれたり。私が今日までやってこられたのは、本当にいいバランスのチームだからこそ。まさに、これからも一つの目標に向かって皆で前進していきたいと思わせてくれる、人間味あふれるチームなんです。また新たな一歩を踏みだし、家族も、スタッフも、友人も、一緒に新しい景色を見て、みんなの笑顔を増やしていければと心新たにさせてくれた、ゼニス ブティック銀座への訪問となりました。

遊び心も知的好奇心もそそる、ゼニスの世界観を感じることができるゼニス ブティック銀座にぜひ訪れて、楽しい時を体験してみてくださいね。

ゼニス 銀座ブティック内観写真

「TIME TO REACH YOUR STAR(最も高い、あなたの星をつかむために)」というブランドフィロソフィーを彷彿とさせる店内。

ゼニス ブティック銀座
住所:東京都中央区銀座6-7-16
TEL:03-3575-5861
営業時間:11:00〜19:00
定休日:毎月第2水曜

Chiaki Horan
1988年東京都生まれ。趣味は韓国ドラマ鑑賞。『Nスタ』(TBS系、毎週月曜~金曜15:49~19:00 ※地域により異なる)にてキャスターを務めている。

PICK UP

STORY

MAGAZINE

3月号 Now on sale

【ゲーテ3月号】表紙は三代目JSB。これから10年通い続けたい鮨&BARを大特集!

ゲーテ3月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

3月号 Now on sale

【ゲーテ3月号】表紙は三代目JSB。これから10年通い続けたい鮨&BARを大特集!

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]3月号が2023年1月25日に発売となる。今号の表紙を飾るのは三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE。さらなる高みへと挑戦する彼らの想いに迫った。総力特集は鮨&BAR。これから10年、20年通いたい、とっておきのカウンターを紹介する。そのほか、プロ野球選手・鈴木誠也やロック歌手・宮本浩次、シンガーソングライター/俳優・泉谷しげるのインタビューやゲーテ公式ECサイト「ゲーテストア」限定アイテムも必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる