MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

WATCH

2022.04.02

【LVMH WATCH WEEK 2022】時計好きも唸る傑作モデルが続々登場!<ZENITH編>

アフターコロナへと、世界は少しずつ歩み始めている。新作時計イベントの始まりを告げる「LVMH WATCH WEEK 2022」では、華やかさと機能性を両立させた美しい時計が揃った。

LVMH WATCH WEEK 2022

過去と現代を巧みに融合したモデルをリリース

ここ数年は、超ハイビートのクロノグラフやダイナミックなデザインのスポーツウォッチを積極的にリリースしてきたゼニス。しかしその陰で、“リバイバル”と命名したレトロなモデルにも注力。この新旧のバランスこそが、歴史あるマニュファクチュール、ゼニスの他にはない魅力となっていた。

今年もその戦略を継続しており、1969年に誕生したスポーツウォッチ「デファイ」のユニークな8角形ケースを復活させた「デファイ リバイバル A3642」は、時代の空気感まで上手く表現している。これはレトロ好きの時計愛好家を魅了するだろうし、昨今の復刻モデル人気を刺激するだろう。さらにこの角張ったケースデザインをモダンにアップデートした「デファイ スカイライン」は、高い人気を誇るラグジュアリースポーツウォッチの系譜にあり、今年の話題作になることは間違いなさそうだ。

また、「デファイ スカイライン」に搭載するムーブメントは、毎時3万6000回振動するノンクロノグラフタイプのエル・プリメロ、キャリバー3620。ハイビートムーブメントの名門としての矜持を忘れぬ姿勢もまた、ゼニスらしさなのだ。

新たなクリエイションが示す名門の矜持

デファイ エクストリーム カーボン

デファイ エクストリーム
カーボン

自動巻き、カーボン&Tiケース、径45mm。¥2,893,000[予価/4月発売予定]

昨年デビューの”エクストリーム”なスポーツウォッチに、カーボンケースモデルが登場。カラーサファイア製の文字盤は、同社が公式タイムキーパーを務める電動SUVのラリーレース、エクストリームEのカラーリングでまとめている。

デファイ 21 クロマ

デファイ 21
クロマ

世界限定200本。自動巻き、ホワイトセラミックケース、径44mm。¥1,705,000

2系統の動力を持ち、1/100秒の計測が可能な超高性能クロノグラフでありながら、ホワイト×レインボーカラーでポップにまとめた。ラバーストラップのステッチも配色が施されており、腕元が軽くなる季節のアクセントとしても使いたい。

デファイ リバイバル A3642

デファイ リバイバル
A3642

世界限定250本。自動巻き、SSケース、径37mm。¥803,000[予価/今秋発売予定]

1969年製の「デファイ」を、往年の風格はそのままにリバイバル。ラダー(はしご)型のブレスレットやグラデーションダイヤルなど、細部にまでレトロな味つけを加えた。ケースも小ぶりなので、さり気ない個性を楽しめる。

デファイ スカイライン

デファイ スカイライン
自動巻き、SSケース、径41mm。¥968,000

1969年に誕生した「デファイ」の特徴的な多面ベゼルや、斜面を活かしたケースデザインをモダンに刷新した、新型ラグジュアリースポーツ。ガッチリとしたケースは10気圧の防水性能を備え、オフの時間も活躍する。

ダイヤル

ダイヤルには、細かな星があしらわれている。これは天頂(ゼニス)に輝く星というブランド名の由来を表現したものだ。

 

問い合わせ
LVMHウォッチ・ジュエリー ジャパン ゼニス 
TEL:03-3575-5861

TEXT=篠田哲生

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

ゲーテ7月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ7月号』が2024年5月24日に発売。今号は、“美食四兄弟”が愛してやまない恍惚レストラン。 秋元 康・小山薫堂・中田英寿・見城 徹がこの一年の間に通ったベストレストランを紹介する。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる