GOETHE

MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

WATCH

2020.12.12

192年の歴史を誇るH.モーザー CEOに訊く! 「ミニマリズム」という機能美

H.モーザー初のクロノグラフとして2020年に発表されたストリームライナー・フライバック クロノグラフ オートマティック。コロナ禍の時勢に振り回されるかと思えば、これが世界中で大ヒット。そんなH.モーザー社を執り仕切る CEO エドゥアルド・メイラン氏へのオンラインインタビューが実現。話題の最新モデルについて話を訊いた。

hmoser

開発に時間をかけた意欲作

19世紀、スイスとロシアを股にかけて活躍した時計師・起業家ハインリッヒ・モーザーの名を継承するH.モーザーは、2020年の新年早々、『ストリームライナー・フライバック クロノグラフ オートマティック』という新作を発表した。

これがその後に起こったコロナ禍のなかにあって大ヒット。100本の限定モデルは即座に完売し、8月には三針モデルを発表。さらに11月にはファンキーブルー・ダイヤルの新色のクロノグラフがリリースされた。

「2020年1月に発表した『ストリームライナー・フライバック クロノグラフ』は、2012年にH.モーザーの経営者になった頃から構想していたモデルです。ただし、どうせ作るならH.モーザーらしさを出さなければ、と開発に時間をかけたのです」と、語るのはH.モーザーCEOのエドゥアルド・メイラン氏。

hmoser

H.モーザー社 CEO エドゥアルド・メイラン 1976年スイス・ジュウ渓谷生まれ。米ペンシルベニア大学でMBA取得後、米国での勤務を経て2013年にH.モーザーCEOへと就任。今回のオンラインインタビューでは新作モデルについて、自らその思いを語った。

メイラン家は“複雑時計の揺り籠”と呼ばれるスイス・ジュウ渓谷に長く続く時計の名門一家。父のジョージ・ヘンリー・メイラン氏は某高級時計メゾンの社長を努めた経歴の持ち主だが、その薫陶を受け、子供の頃から世界トップクラスの時計に触れて育った“時計界のサラブレッド”がエドゥアルド氏だ。

そのエドゥアルド氏の思いが詰め込まれた『ストリームライナー・フライバック クロノグラフ』とはどんな時計なのか? これを確かめるべく、新作の発表にちなみオンラインでのインタビューを試みた。

hmoser

CEO自ら新作のストリームライナー・フライバック クロノグラフの裏面を見せて説明。その構成部品はおよそ430以上にもおよぶ。

「H.モーザーは実用性とミニマムなデザインで定評があるので、それを実現した新しいクロノグラフを作りたかったのです。そこで昔から好きなクッション型ケースをモダンに再解釈し、ケースとブレスレットが一体となってしなやかに腕にフィットする形状が生まれたのです。

当社の代表作『パーペチュアルカレンダー』のように、シンプルでも複雑な機能を表示できる画期的なムーブメントを搭載したかったのですが、独自に質の高いクロノグラフを自社で開発するには時間がかかりすぎます。そこで独創的なムーブメント開発で定評のあるジュネーブのアジェノー社との協同開発を選んだのです」

こうして完成したのが430個以上もの部品で構成されたフライバッククロノグラフだった。

hmoser

機能美が薫るストリームライナー・フライバック クロノグラフのムーブメント。その心臓部は独創的な複雑ムーブメント開発で定評のあるジュネーブのアジェノー社との共同開発によるもの。

“ミニマリズム”というコンセプトデザイン

「ミニマリズムこそH.モーザーが目指すもの。インダイアルや小さな針がなくても、一目でクロノグラフだとわかるシンプルな表示を目指しました。ダイアルも60という数字がトップにあり、『これが60分積算計だ』とすぐわかる。プッシャーやリューズも1960年代のストップウォッチにインスパイアされた極力シンプルな造形を採用しました」

hmoser

ケース&ブレスレットが一体となった流麗なフォルムが美しい。ブレスレットのリンクはマットとポリッシュを使い分けた立体的な仕上げとなっている。

最初に発表されたグレーフュメ・ダイヤルのモデルは、年末に発表された2020年の「ジュネーブ・ウォッチ・メイキング・グランプリ(GPHG)」のクロノグラフ部門で最優秀賞を獲得。この受賞と同時期に発表された『ストリームライナー・フライバック クロノグラフ』の最新作では、ファンキーブルーというH.モーザーを代表する色がダイヤルに採用されている。

「これは限定版ではありませんし、将来的にはH.モーザーを代表するコレクションになってくれればと思っています。しかし、まだ序章にすぎません。まったく異なるムーブメントの搭載も計画していますし、すでに永久カレンダー・モデルの開発も動き始めていますから」

H.モーザーの新作攻勢を思わせるエドゥアルド・メイランCEOのコメント。ますます楽しみなH.モーザーから目が話せない。

hmoser

ストリームライナー・フライバック クロノグラフ ファンキーブルー。自動巻き、SSケース、径42.3mm。¥4,800,000

問い合わせ
エグゼス TEL 03-6274-6120
https://www.h-moser.com/ja/

TEXT=名畑政治

PHOTOGRAPH=デレック槇島(StudioMAKISHIMA)

PICK UP

STORY

MAGAZINE

3月号 Now on sale

なぜ、手がける企業は躍進するのか? 佐藤可士和の超仕事術を大解剖!/表紙 佐藤可士和

2021年3月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

3月号 Now on sale

なぜ、手がける企業は躍進するのか? 佐藤可士和の超仕事術を大解剖!/表紙 佐藤可士和

1月25日発売の「ゲーテ3月号」は名だたる企業のクリエイションを一手に担い成長へ導いてきたクリエイティブディレクターの佐藤可士和を大特集。進化型サウナの最前線GO TO SAUNA特集や、魅惑のチョコレート特集も必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

Salon Memberになる