GOETHE

MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

WATCH

2020.08.22

ジュエリーの装飾と超複雑機構の融合を試みたオーデマ ピゲ「ロイヤル オーク コンセプト」の新境地

オーデマ ピゲの2020年新作の中で異彩を放つコレクションがある。それが、こちらのレディスウォッチ、「ロイヤル オーク コンセプト フロステッドゴールド フライング トゥールビヨン」である。超複雑機構の新境地を切り開いたハイエンドウォッチの詳細について述べていこう。

オーデマ ピゲ

ケースに煌めきを与えるフィレンツェ伝統のジュエリー技法

高級時計のあり方を模索し、先進的な時計を手掛ける「ロイヤル コンセプト」は、「ロイヤル オーク」の誕生30周年を記念して2002年に発表されて以来、前衛的なデザインと、超複雑機構を搭載する最上級のクラス感を持つモデルを常に提案し続けている。

これまでメンズではハイテク素材を用いることが多かった同コレクションだが、一方のレディスでは、ジュエリーウォッチの側面を強化するという方針に基づいた力強いヴィジュアルを打ち出している。

貴石にも似た輝きを放つ唯一無二のホワイトゴールドケースに注目。手巻き、18Kホワイトゴールドケース、径38.5mm。価格は要問い合わせ

貴石にも似た輝きを放つ唯一無二のホワイトゴールドケースに注目。手巻き、18Kホワイトゴールドケース、径38.5mm。価格は要問い合わせ

フロステッドゴールド仕上げのゴージャスな雰囲気が際立つ。手巻き、18Kピンクゴールドケース、径38.5mm。価格は要問い合わせ

フロステッドゴールド仕上げのゴージャスな雰囲気が際立つ。手巻き、18Kピンクゴールドケース、径38.5mm。価格は要問い合わせ

新作の魅力を語る上で、第一に触れるべきポイントが、18Kピンクゴールドと18Kホワイトゴールドで展開されるフロステッドゴールド仕上げのケースにある。

フィレンツェの伝統的なジュエリーの技法であるフロステッドゴールド仕上げは、ジュエリーデザイナーのキャロリーナ・ブッチとの出会いからはじまった。ちなみに、「ロイヤル オーク コンセプト」での採用はこのモデルが初である。

フロステッドゴールド仕上げのほかに、2つの仕上げを駆使することでゴールドケースの新たな可能性を見出している。

フロステッドゴールド仕上げのほかに、2つの仕上げを駆使することでゴールドケースの新たな可能性を見出している。

ダイヤモンドダストを彷彿させる質感とベゼルの面取り部分のポリッシングとのコントラストは、「ロイヤル オーク コンセプト」が持つ固有のケースフォルムの美しさを際立たせている。

また、伝統的な技法を最大限に引き立たせる深いブルーを身に纏うアリゲーターストラップも見逃せない。このほかに星座をモチーフにしたテキスタイル加工が施されたブルーのラバーストラップが付属する。

非日常へと誘う至高のダイヤルデザイン

さらに、何にも増してこの時計を特別な存在に押し上げている要因は、6時位置のフライングトゥールビヨンケージを起点に4つの円がブルーの陰影を描く、いまだかつてない多層構造のダイヤルだろう。

ジュエリーウォッチとハイ・コンプリケーションの融合に結実である多層構造のダイヤル。

ジュエリーウォッチとハイ・コンプリケーションの融合に結実である多層構造のダイヤル。

グラデーションと立体的な効果を生む、陰影のニュアンスやサンバーストモチーフなどに見られる高次元の仕上げは、美術工芸品さながらの超絶的な技工によって成り立っている。

ブリリアントカットダイヤモンドを施した円環状のフライングトゥールビヨンケージはその最たる例として挙げられる。

ご覧のように、この時計のダイヤル上にアワーマーカーが一切ないが、これは計器としてのゴールよりも、究極のラグジュアリーウォッチを目指している証だと言っても過言ではない。

ケースバックから手巻きムーブメントCal.2964を見ると、ダイヤルの模様を想起させる円状のモチーフが確認できる。

ケースバックから手巻きムーブメントCal.2964を見ると、ダイヤルの模様を想起させる円状のモチーフが確認できる。

レディスウォッチとしては極めて稀なフライングトゥールビヨンを備えるために、このモデルのために自社製ムーブメントのCal.2964が搭載されている。

最後に、その他の「ロイヤル オーク コンセプト」と同様、38.5mm径のケースはボリューム感があるため、男性でも問題なく着用できることも付け加えておこう。

 腕元のアクセントにも最適な「ロイヤル オーク コンセプト」特有のケースフォルム。

腕元のアクセントにも最適な「ロイヤル オーク コンセプト」特有のケースフォルム。

問い合わせ
オーデマ ピゲ ジャパン TEL 03-6830-0000

PICK UP

STORY

MAGAZINE

1月号 Now on sale

キーワードは隠れ家!? 新しい時代の邸宅特集/表紙 近藤真彦

2021年1月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

1月号 Now on sale

キーワードは隠れ家!? 新しい時代の邸宅特集/表紙 近藤真彦

11月25日発売の「ゲーテ1月号」は新しい時代の邸宅特集! そのほか「仕事に効く”個性派”高級ウォッチ」や「賢者8人が選ぶ!秘蔵ワインリスト」も必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

Salon Memberになる