三田牛竈炭火焼 ウェスタ| 日本橋のステーキ店。最高の食材でもてなす接待の切り札

毎年恒例のゲーテレストラン大賞「ゲーテイスト」。今回も秋元 康さん、小山薫堂さん、中田英寿さん、見城 徹の食を愛する4兄弟が集結、ここ1年のお薦めのレストラン(全52店)を教えてもらった。16店目は、柔らかく繊細で、濃厚な旨みを持つ三田牛を特別な竃で焼き上げるステーキの名店。

特別な竈で焼き上げる三田牛は感動モノ

――高温の炉窯で焼く三田牛のステーキが看板メニュー。三田牛は但馬牛を素牛とする、兵庫県のブランド和牛。三田市から直送される三田牛は柔らかく繊細で、濃密な旨味が持ち味。複数の部位の食べ比べも楽しい。

中田:名物の三田牛をはじめ、食材が素晴らしいんですよね。天然のベルーガキャビアやら、噴火湾の活毛蟹やら、最高のものばかり出てきます。

見城:接待で人を連れて行く時にはいいよね。

中田:食材を目の前に運んできてプレゼンテーションしてくれたり、外国人受けする要素もたくさんあるので、僕は特に外国人をよく連れて行きます。料理はシンプルですし。

秋元:僕も何回かお邪魔していますが、安心して任せられますね。ワインもたくさん揃ってますしね。

中田:グラスでもシャトーマルゴーなんかを出してます。

小山:接待の切り札的なレストランですね。

見城:肉は三田牛しか使ってないんだよね?

中田:はい。あまり流通していない希少な和牛ですが、ここは1頭買いしているので、いろんな部位が揃ってますね。トウガラシとか、赤身の部位もあります。

秋元:ちょっとずつ食べ比べたりできるの?

中田:例えばふたりで行って違う部位を注文すると、盛り合わせて出してくれるから、食べ比べもできますよ。肉は炉窯で焼くのである程度厚みがあったほうがいいということで、注文は1部位150gからです。

見城:キッチンに特製の炉窯があって、紀州備長炭で焼くんだよね。炉窯で焼くから美味しいっていうのもあるの?

中田:高温で焼くことで余分な脂が落ちて、旨味が閉じ込められるそうです。だからサーロインも脂がしつこくなくて、本当に美味しい。食べることが大好きな外国の人も感動してます。

Vesta Tokyo
住所:東京都中央区日本橋3-8-13 華蓮日本橋ビル1F
TEL:03-6262-3355
営業時間:12:00~L.O.22:00(日曜・祝日~L.O.21:00)
休業日:不定
座席数:テーブル24席、個室1室(~20名)
料金:コースはディナー¥30,000(シャトーブリアンをチョイスの場合、別途¥5,000)
www.vesta-tokyo.com

※現在、レストランの営業時間、休業日など記載の情報と異なる場合があります。ご来店時は事前に店舗へご確認ください。


Text=小松めぐみ Photograph=上田佳代子