件|学芸大学の居心地のいい居酒屋。日本酒とおでんのマリアージュは格別!

毎年恒例のゲーテレストラン大賞「ゲーテイスト」。今回も秋元 康さん、小山薫堂さん、中田英寿さん、見城 徹の食を愛する4兄弟が集結、ここ1年のお薦めのレストラン(全52店)を教えてもらった。21店目は、純米酒の品揃えと、自家製おでんの味わいに定評のある居酒屋。

薄味の透き通った出汁が、日本酒を引き立てる!

――目利きの店主、川辺輝明氏が全国から厳選した純米酒の品揃えと、自家製おでんの味わいに定評のある居酒屋。昨年2月には、店の真向かいに深夜まで開いている姉妹店『日本酒 酒場 コメカラ』をオープンした。

見城:おでんか、いいね。

中田:大将はもともと三軒茶屋の『赤鬼』という日本酒居酒屋にいた方で、ここは日本酒の品揃えがとても豊富なんですよ。僕はずっと日本酒の仕事をしているので、いろいろなお店に行って日本酒と和食がどう合うかを試してるんですけど、大将は本当に日本酒のことをよくご存知で。ここが1番、日本酒とおでんのマリアージュにはこだわっています。

小山:おでんを美味しいと感じさせるのって、難しいでしょうね。おでんって、大体同じ味になりがちだから。

中田:出汁の味ですよね。ここの出汁は透き通っていて、日本酒を引き立てるような薄味です。おでん以外の一品料理も豊富で、最近またレベルが上がったんですよ。

見城:カウンターの店なの?

中田:テーブル席もあって、25席ぐらいです。昨年向かいにできた姉妹店の『日本酒 酒場 コメカラ』はカウンターがメインで、小ぢんまりしてるんですけど。そっちは唐揚げなんかも抜群です。『件』は、日本酒を飲みながら美味しいおでんを食べたい気分の時に行きたい店ですね。雰囲気も落ち着く。

見城:おでんと日本酒のマリアージュは、ちゃんと提案してくれるわけ?

中田:大将に訊くと、本当によく合うものを薦めてくれます。

見城:特に美味しかったのは?

中田:一品料理もいいんです。例えば「店主気まぐれ酒の肴3種盛り」はさり気なく工夫された肴が出てきて、センスがいいなと思いました。

秋元:お酒もいろいろありそうだね?

中田:ここでしか飲めない限定酒が5種類あって、向かいの姉妹店と合わせると約100種類揃ってます。全部純米ですね。

見城:「十四代」も入ってる?

中田:入ってます。

見城:話をしてると、飲みたくなるね。だけど、ゲーテイストにおでんが出てくるのって久しぶりな気がするな。

秋元:僕はそういう雰囲気が大好きですね。できるだけ早く行きたい。

上質な木の質感を生かした店内。カウンターはチーク、テーブルは花梨材。

Kudan
住所:東京都目黒区鷹番3-7-4 関口ビル1F
TEL:03-3794-6007
営業時間:17:00~L.O.24:00(日曜・祝日~L.O.23:00 出汁がなくなり次第終了)
休業日:月曜
座席数:カウンター7席、テーブル16席、テラス2室
料金:コースは¥3,500~

※現在、レストランの営業時間、休業日など記載の情報と異なる場合があります。ご来店時は事前に店舗へご確認ください。

Text=小松めぐみ Photograph=上田佳代子