見城徹が悶絶。懐石の王道ながら個性が光る隠れ家『南雲』 ゲーテイスト2018

素材の美味しさをもっともシンプルに引きだし、心身に染みわたるように癒やしてくれる日本料理。日本の粋を感じさせてくれる正統派から革新派までとくとご覧あれ。

突き出しからデザートまで緩急があって飽きさせない

見城 ここの常連の広告代理店の社長に「美味しいからお連れします」ってずっと言われていたの。行ったらば、本当に旨くて。突き出しでやられた。熱々でなめらかな自家製豆腐の上にツバメの巣のあんかけなのね。イチジクの揚げだしも旨かったな。

小山 懐石料理でヒットするってなかなかないですからかなりの実力派なんでしょうね。どこにいた方なんですか?

見城 京都の『たん熊北店』にいて。それから、池袋西武に東京初出店した時から17年間料理長を務めて、10年前に独立したって。だから、懐石料理の王道を行っているんですよ。

店内の1段上がった場所にあり、店主・南雲健一氏との会話も楽しい4席のカウンター。

秋山 お店の雰囲気は?

見城 小さな前庭があって一軒家みたいなんだけど、2階は下宿屋っていうちょっと不思議な佇まい。場所も線路沿いで、「えっこんなとこに?」っていう……。

秋山 隠れ家的ですね。

小山 食事は個室で?

見城 個室もあるけど、4席のカウンターが他のテーブルからは見えない造りになっていて、使い勝手がいいよ。料理はとにかく、刺身も揚げ物も全品旨い。〆鯖の握りもよかったし、タイのカマの唐揚げがボーンとでっかく出てくる。こんなに食べきれないよと思うけど美味しくて全部食べちゃう。秋はでっかいマツタケフライが出てくるし、すっぽん鍋も美味しかった。

秋山 緩急があるんですね。

見城 そう、飽きさせないんだよね。デザートの葛切りまで。

小山 見城さん、すっぽんダメなんじゃ?

見城 姿形が見えなければ大丈夫ですよ、美味しければね。

小山 本当に美味しいんですね。

見城 店主の南雲健一さんの声がでかくてよく響いて、それがね、なんともいえないリズム感を紡いでいるんです。

Nagumo
TEL:03・5983・0083
住所:東京都豊島区目白3-14-18
営業時間:11:30~13:30/17:00~23:00
休み:日曜・祝日
席:カウンター4 席、テーブル10席 個室1室(~10名)

Text=藤田実子 Photograph=原 務