MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

PERSON PR

2023.11.25

【アイヴァン】佐々木希「眼鏡は、ファッションを超えた存在」

1972年の設立以来、一貫して日本(福井県・鯖江)製の高品質なアイウエアを生み出し続ける「EYEVAN」。その眼鏡をかけた仕事人たちを写真家・操上和美が撮り下ろす連載の第2弾がスタート。第2回は俳優・モデルの佐々木希。「人生を彩る眼鏡#2」

PERSON 52
俳優・モデル/佐々木希

佐々木希

今は眼鏡について学ぶことも楽しい

「視力はよいので、眼鏡はあくまでもファッション。10代の頃にトラッドスタイルが流行っていて、ジャケットに眼鏡を合わせるのが好きでしたね。ただ一方で、若い頃は人見知りでしたし、仕事に対する不安もあったので、眼鏡をかけることで一枚フィルターを入れるというか、それでちょっと安心できる気持ちになったこともありました。でも今は、眼鏡=ファッションですね、完全に」

だから眼鏡のない生活は、もはや考えられない。

「家の玄関近くに、眼鏡がずらっと並んでいる場所があります。服をコーディネイトして、靴を履いて、さて最後にどの眼鏡をかけようか悩む。全身のバランスを見てから、眼鏡を選ぶことが多いかな。ちょっと物足りないと思ったらフレームを太くしようとか、眼鏡でコーディネイトが仕上がるイメージです。最近は寒くなってきたので、洋服と同じように眼鏡も華奢なものより太めの黒いフレームのものがお気に入りかも。眼鏡はたくさん持っていますし、街でオシャレに眼鏡をかけている人を見かけると、目で追いかけちゃいますね」

佐々木さんは2017年からワンマイルウェアブランド「iNtimité(アンティミテ)」を手がけており、2022年からはEYEVANとのコラボレーションブランド「iNtimité by EYEVAN」がスタートしている。

「眼鏡好きではありましたが、こんなに奥深い世界とは知りませんでした。EYEVANさんとの打ち合わせは勉強させてもらう気持ちで臨んでいますし、眼鏡の歴史や材料、製法の話などを学べるがことが嬉しい。今度は眼鏡を製造している(福井県)鯖江にも行ってみたい。もっと眼鏡のことを知りたいんです」

そんな佐々木さんが今回選んだ眼鏡は、EYEVAN「Byron」。その名称はジェームス・ディーンのミドルネームから名付けられ、彼がデニス・ホッパーと一緒に撮られた写真でかけていたフレームからインスピレーションを受けてデザインされたもの。60sのクラシックさに90年代のフレームが持つモードな雰囲気を組みあわせた、タイムレスなMIXスタイルとなっている。

「以前EYEVAN Tokyo Galleryにお邪魔した時に、べっ甲フレームにひと目惚れしたんです。とても高価なものなので、まだ手に入れてはいませんが、このアセテートのフレームなら似た雰囲気が楽しめますし、私がこれまで選んできたタイプとは違う雰囲気にも惹かれました。これならデニムも似合うかな、ニットもいいだろうな。どんなファッションでも楽しめそうですね。お団子ヘアにしたら間違いなくかわいい! かけたい眼鏡を決めてから着る服を決めることもありますし、私にとって眼鏡は、ファッションを超えた存在なのかもしれませんね」

佐々木希/Nozomi Sasaki
1988年秋田県生まれ。2006年芸能界デビュー。以降映画やドラマ、CM、雑誌など多岐に渡り活躍する。現在、NHK Eテレ『すてきにハンドメイド』でMCとして出演。またワンマイルウェアブランド「iNtimité(アンティミテ)」も手がけている。

衣装クレジット
眼鏡¥38,500(EYEVAN/EYEVAN Tokyo Gallery TEL:03-3409-1972)、トップス¥39,600(ヴェニット/ハルミ ショールーム TEL:03-6433-5395)

問い合わせ
EYEVAN Tokyo Gallery TEL:03-3409-1972

【連載「人生を彩る眼鏡」】

TEXT=篠田哲生

PHOTOGRAPH=操上和美

STYLING=木津明子 

HAIR&MAKE-UP=中野明海

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

3月号 Now on sale

【ゲーテ3月号】表紙は山﨑賢人。家づくりは究極の大人の遊び、“多拠点邸宅”特集

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

3月号 Now on sale

【ゲーテ3月号】表紙は山﨑賢人。家づくりは究極の大人の遊び、“多拠点邸宅”特集

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ3月号』が1月25日に発売となる。今回の特集は“多拠点邸宅”。人生を楽しみ尽くすための、こだわりの邸宅をご紹介。表紙を飾るのは俳優・山﨑賢人。その他にも伊勢谷友介の器コレクションや俳優・川口春奈へのインタビューなど必読だ。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる