MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

PERSON

2023.02.03

三代目JSB·ELLY、ダンスや歌は白いご飯!? その真意とは

各メンバーの約1年にわたるソロをメインとした活動を経て、2023年2月1日にニューシングル『STARS』が発売となった三代目 J SOUL BROTHERS。さらなる高みへと向かう、彼らの第二章とは――。今回は、ELLYのインタビューをお届けする。

三代目JSB ELLY 全身

デニムジャケット ¥97,900、パンツ〈参考商品〉、ネックレス¥61,600、ベルト¥52,800、ブーツ¥121,000(すべてケンゾー/ケンゾー・パリ・ジャパン TEL:03-5410-7153)、他スタイリスト私物

グループの魅力をわかりやすく届ける。それが僕のやるべきこと

「白いご飯って好きですよね? 一生涯嫌いになったりしないですよね? 僕にとってダンスや歌はそういうもの。12年間やってきて、やっぱり好きだなって思うんですよ」

デビューして12年、今思うことは。そうたずねた際に、ELLYはこう答えた。パフォーマンスをすることが好きでしかたない、そこに何の疑問も迷いもない。それこそが自身の大きな強みだと知っているように。

「グループでの曲決めの時も、自分がいいと思ったものは、たとえみんなが『?』という顔をしていても自信を持って推し進めます。強引なわけではもちろんありませんが、僕のダンスは迷いを振り切るような攻めるスタイルですから、グループにもそういう力を与えるのが僕の役割だと思っているんです」

どんな組織にも強い推進力を持つ、エンジンのような存在は必要不可欠だ。ELLYはその役割を自ら買って出る。

「僕は、何をやっていてもグループの広報みたいな気でいるんですよ。ソロではラッパーとして活動していますが、ラップが好きな人たちに向けても、ダンスが好きな人たちに向けても、ほら、三代目ってすごいだろ、見てみてよ! っていう気持ちで。なるべく世の中の人に、グループの魅力をわかりやすく届ける。それが僕のやるべきことなのではないかなと」

三代目JSB ELLY モノクロ

一方で曲作りでは、職人気質のこだわりも持ち合わせる。

「曲を作る際、聞く環境を変えて何度もチェックします。できたものをクルマの中で聞いてみる、ヘッドフォンしてジムで聞いてみる、部屋のオーディオで聞いてみる。いろいろな人がいろんな環境で聞くものですから、その中にあってどう聞こえるか、というのを現場で確認しながら最終調整していきます」

ELLYは続けて言う。「曲作りにもダンスにもルールがあるわけではない」と。ただ「好きだ」と強く惹かれたほうへ吸い寄せられるように向かうのだと。

「好きなことを仕事にすると、難しいこともある、と言う人もいますよね。でもさっき言ったように、白いご飯が好きっていうのは一生変わらないでしょう。そのレベルで僕はダンスが、仕事が、グループが好き。だから何歳まででも続けられる気がするんです。少なくとも、マイケル・ジャクソンが踊っていた歳までは、踊っていようって決めているんです」

仕事を好きでい続ける。この基盤が決して揺るがないから、その表現も止まることはない。

三代目JSB ELLY

ELLY/エリー
1987年青森県生まれ。パフォーマー。多数のアーティストの楽曲の振りつけや構成に携わるなど、幅広く活躍。ソロ活動時はCrazyBoy名義を使用。eスポーツ「FORTNITE」の世界大会に出場しており、2020年2月には8位入賞を果たしている。

TEXT=安井桃子

PHOTOGRAPH=HIRO KIMURA

STYLING=渡辺康裕(7B)

HAIR&MAKE-UP=MAX(L.O.G)

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

ゲーテ7月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ7月号』が2024年5月24日に発売。今号は、“美食四兄弟”が愛してやまない恍惚レストラン。 秋元 康・小山薫堂・中田英寿・見城 徹がこの一年の間に通ったベストレストランを紹介する。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる