MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

PERSON

2022.04.20

【岸博幸】思いやりと忍耐力を養える、絶対的な2匹の相棒

ビジネスの最前線で闘うリーダーやスペシャルな人の傍らには、仕事に活力を与え、心身を癒やす、大切な愛用品の存在がある。それらは、単なる嗜好品にとどまらず、新たなアイデアの源となり、自らを次のステージへと引き上げてくれる、最強の相棒=Buddyでもあるのだ。今回紹介するのは、慶應義塾大学大学院教授・岸博幸さんの2匹の相棒。特集「最強の相棒」

岸 博幸

我が家に愛を運んでくれた相棒たち

大学院教授や内閣官房参与のほか、複数の企業のアドバイザーやテレビのコメンテーターを務めるなど、超多忙な日々を送る岸博幸氏。自宅でも仕事に費やす時間が長いというが、張り詰めた心と頭脳に安らぎを与えてくれる存在がハリネズミの〝ハリーちゃん〞だ。

「夜中、机に向かって仕事をしていると、ハリーが近づいてきて僕の腕を乗り越えていく。あの短い手足とぼってりとした身体で。その姿を見て、こんな小さいハリーが頑張っているんだから、僕ももっとできるはずだと気合いが入るんです」

ハリネズミを飼い始めたきっかけは、まったくの偶然。子供のためにペットショップへハムスターを買いに行ったところ、ハリネズミにひと目惚れ。結果、ハリーが家族の一員になった。

「ハリネズミはハムスターよりも小さく、弱い動物。思いやりの心を育むには、かえってよかったんじゃないかと(笑)。それと、想像以上に育てやすい。夜行性なので、日中は寝て、夜に遊んでくれる。ビジネスパーソンのペットに向いているのでは」

岸 博幸

ヨツユビハリネズミのハリーちゃん。

岸 博幸

ソマリという猫種のソマちゃん。どちらも生まれたてから岸家の一員。

しばらくして、今度こそハムスターを買おうと再び訪れたペットショップ。だが、岸氏の心を摑んで放さなかったのはネコの〝ソマちゃん〞だった。

「昔、気になっていた野良猫に似ていて……。ネコは気分屋で、人間の思いどおりには動いてくれない。ソマは僕と子供に、忍耐の大切さを教えてくれます」

当初は「ハリネズミとネコがうまく共存してくれるかが心配だった」と話す岸氏。だが、その心配は無用に終わった。

「ハリーがちょこちょこと歩きだすと、ソマが心配そうにあとを追っていく。一緒に暮らしていると、動物にも思いやりの心が生まれるんだな、と。我が家に愛を運んでくれた2匹の相棒に、心から感謝しています」

岸 博幸
慶應義塾大学大学院教授
岸博幸

1962年東京都生まれ。慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授。2021年7 月に内閣官房参与に任命され、成長戦略や規制改革などを担当。エイベックスGH顧問など、企業の相談役も務める。

TEXT=川岸 徹

PHOTOGRAPH=鈴木規仁

PICK UP

STORY

MAGAZINE

9月号 Now on sale

ゲーテ9月号はハワイ特集。最強のハワイガイドが完成!

2022年ゲーテ9月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

9月号 Now on sale

ゲーテ9月号はハワイ特集。最強のハワイガイドが完成!

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]9月号が2022年7月25日に発売。総力特集は「涙するハワイ」。誰しもの心の故郷ともいえるハワイをどこよりも早く、アップデートしたハワイ情報を一挙に紹介する。そのほか、二宮和也のインタビューやゲーテ公式ECサイト「ゲーテストア」限定アイテムも必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる