GOETHE

MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

PERSON

2022.01.02

2024年に新アリーナ完成! 共同オーナー制度でBリーグを席巻する北村正揮

創設6年目を迎えた男子バスケットボールのBリーグで、異例の共同オーナー制を敷くクラブがある。兵庫県西宮市に本拠地を置くB2の西宮ストークスは、「新B1」の位置づけで2026年にスタートするトップリーグ入りを目指し、今季から新体制でチーム改革に乗りだした。2024年には、神戸港に新たなホームアリーナも完成予定。志をともにする仲間と一緒に高い理想を掲げて奔走する北村正揮代表に迫った。

北村正揮

チームを一段飛ばしで成長させるために

白熱するコートに視線を向ける時間は短い。11月13日、本拠地・西宮市立中央体育館で開催されたB2リーグの福島ファイヤーボンズ戦。西宮ストークスで陣頭指揮を執る北村正揮代表取締役は忙(せわ)しなく会場内を動き回っていた。プレイに一喜一憂している暇はない。クラブの成長に役立つ情報をひとつでも多く入手するため、ブースターやスタッフとの対話に精を出した。

「ストークスのために新しい情報をキャッチすることを常に意識しています。それをチームにインプットし、新しい形でアウトプットする。例えばスタッフが1日100個の情報をキャッチして、僕が50個しかできなければ、それはクラブに貢献できていないということ。危機感を持ってやっています」

バスケの経験はなく、高校時代は野球部。地方大会で早期敗退するレベルだった。高校卒業後は夢もなくフリーターとなり、都内の喫茶店で調理補佐に従事。その頃、プロ野球の野茂英雄が大リーグで活躍して広くメディアに取り上げられたことで、GMやマーケティング、通訳など選手以外にもスポーツに関わる幅広い仕事があることを知った。

神戸・三宮のウォーターフロント「新港突堤西地区」に完成予定のPlayer Voice 新本拠地。収容1万人規模(バスケは8000人)で、西宮ストークスの兄弟会社One Bright KOBEが運営する。SDGs対応の最先端アリーナ。年間30試合前後の開催となるバスケのほか、コンサート、国際会議などにも活用される。2024年完成予定。

本場でスポーツビジネスを学ぶため、米国に留学。英語がまったく話せない状態から語学学校、短大を経て、ワシントン州立大に編入した。短大時代には日本人グループで過ごす時間が増えたことに危機感を覚え、野球部に入部。米国人ふたりと共同生活を送り、語学力を養った。コーチング、クラブ経営学、スポーツの法律などを学び、帰国。複数の国内クラブに履歴書を送ったが、採用されず、1年間はアディダスの直営店で販売員のアルバイトを経験した。

「日本に戻っても就職先がありませんでした。頭でっかちで、現場では即戦力で使えなかったのだと思う。販売員のアルバイトは貴重な経験でした。アディダスの靴を買ってもらうためには商品の魅力を伝えることが大切。クラブの魅力を発信する今の仕事と重なる部分は多い」

2007年に当時日本プロバスケットボールリーグ(bjリーグ)の大阪エヴェッサに通訳で採用された。外国人選手との交渉窓口や試合の運営、演出など通訳の枠を超えた仕事をこなし、’10年に西宮ストークスの前身である兵庫ストークスの初代GMに就任。チーム立ち上げの中心を担った。’14年からは一時チームを離れ、3×3(3人制バスケ)の普及に尽力。東京五輪は国際バスケットボール連盟(FIBA)のスタッフとして運営に携わった。西宮ストークスの個人オーナーを務め、共同オーナー制や新アリーナ建設計画を進めてきたスマートバリュー渋谷順代表からオファーを受け、五輪後に社長に就任。コネストというホームタウンアクションを立ち上げたり、YouTubeなどデジタルでの戦略を強化するなど改革をスタートさせた。

新B1の創設までにチームの強い基盤をつくる

Bリーグは’16年に発足。新型コロナウイルスによる入場制限の影響を受けるまでは右肩上がりで成長を続け、今後も市場拡大が予想される。今季はB1(1部)が東西各11チームの計22チーム、B2(2部)が東西各7チームの計14チームで構成。’26年に“新B1”と位置づけたリーグに移行し、売上げや平均入場者数などの入会基準を大幅に引き上げることが決まっている。米NBAに次ぐ世界第2位のリーグにすることを掲げ、新基準の売上げは現行の4倍となる12億円以上、平均入場者数は4000人以上に設定された。アリーナ基準の収容5000席以上は維持されるが、スイートルーム設置などの新項目が加わる。

近年のBリーグは今の時代を象徴するベンチャー企業が次々と参入し、オーナーチェンジが盛んに行われている。’17年にはDeNAが川崎ブレイブサンダースを東芝から買収。’19年にはミクシィが千葉ジェッツの経営権を取得した。ジャパネットたかたは将来のB1参入を目指して長崎ヴェルカを発足させ、今季からB3に参戦。

そんななか、西宮ストークスは6社による異例の共同オーナー制を敷く。’15年から個人でオーナーを務めた渋谷が経営を軌道に乗せ、次のステージに向けて仲間を募った。「純投資ではない。お金儲けにはならない」と予(あらかじ)め断ったうえで、若手経営者を中心に声をかけ、志をともにするメンバーが集まった。

11月中旬、本拠地となる西宮市立中央体育館で開かれた、第1回オーナー会議では、初めてオーナー全員が顔を合わせた。メンバーは、i-plug代表取締役CEO 中野智哉、サンワカンパニー代表取締役社長 山根太郎、ダイレクトマーケティングミックス代表取締役 小林祐樹、SRCグループCEO 横山剛に、北村と渋谷を加えた6人。北村を除く面々はビジネスで実績があり、顔見知りがほとんどだった。会議は約1時間。北村はクラブの現状やビジョン、中長期計画、目標達成に向けた課題を丁寧に説明した。

「私だけ初めましてのような感じで緊張しました。皆さんビジネス業界で成功されている方々。アライアンスを組むからには絶対に成功させないといけないと思っています。ビジネスの大先輩の前で偉そうにビジョンを語るのはプレッシャーで、会議の直前は逃げだしたくなりました。でも会議のなかで共同事業体として真剣に取り組んでいこうというメッセージをいただき、心強かった」

共同オーナーは「UNITED of STORKS」として、結束力を高めてチーム運営を進めていく方針。現在チームはB2西地区で上位争いを演じており、来季のB1昇格、’26年の新B1参入をノルマに掲げる。目標達成にはチームの成績に加え、今後5年で売上げを約3倍、平均入場者数を約7倍にすることが条件。’24年には神戸港のウォーターフロント地区に1万人規模の新アリーナが完成予定で、最先端の本拠地の魅力を生かして地域を巻きこんだ“熱”をつくりだすことがカギとなる。就職活動用の登録サイトを持つi-plugから接点の多い大学生を観客動員する施策を提案されるなど、共同オーナーの業種を生かした戦略も進行中だ。

北村は米国留学やFIBAの仕事で培った人脈を生かし、海外の情報にもアンテナを張る。

「チームとして地域に長く存続し、関わるすべての方々の幸せで豊かな時間をつくりたい。バスケはその大きな可能性を秘めていると感じています。これまで、会社の業績にチームの運命が左右されてきたクラブは数多くありましたが、共同オーナーならば、そのリスクを格段に減らすことができる。選手は存分にプレイに集中できますし、我々も、チームの未来はもちろん、西宮や神戸の街を巻きこんだ施策に乗りだせます。共同オーナーと一緒の船に乗り、明確な目標に向かって、一歩踏みだしました。ユニークなクラブの代表として、兵庫だけでなく、他県からも注目されるチームに躍進させます」

 

History

2011 兵庫県唯一のプロバスケチームを結成

兵庫県をホームタウンとして、兵庫ストークスとして発足。日本リーグ2部に参戦した。ストークスは県鳥であるコウノトリの英語名。

2013 連敗が続き苦しい時期にチームの改革を始める

新設されたナショナルリーグに参戦した。リーグワースト25連敗を喫するなど早々とレギュラーシーズン敗退が決定。

2015 西宮ストークスとして再スタートを切る

ホームタウンを西宮市に変え、チーム名を西宮ストークスに変更。本拠地を神戸市立中央体育館から西宮市立中央体育館に移転した。

2016 B2リーグに参戦し勢いをつける

B2リーグに参戦し、初代王者に輝く。翌’17-’18年シーズンはB1昇格も1 年でB2に降格。’21年4 月にスマートバリューが親会社となる。

 

Player Voice 川村卓也

目標はB1昇格ではなく、B1でやっていけるチーム
西宮ストークスは、状況判断の差や単純なミスなどB1との差を感じるところはまだまだありますが、ポテンシャルは十分にあるチームだと感じています。新しいB1は選手にとって高いモチベーションになる。自分がB1で味わった経験を上手くチームに伝えて、優勝争いができるようなチームに、すぐに成長させたいです。

川村卓也

川村卓也
1986年岩手県生まれ。19歳で日本代表に選出され、2005年にアジア杯、’06年にW杯出場の実績を持つ。B1昇格請負人として今季加入。

 

西宮ストークスのオーナーが描くチームの未来

スマートバリュー取締役 兼 代表執行役社長 渋谷 順
地域活性化の象徴としてアイデンティティを示したい

2015年から個人的にオーナーを務めました。その頃は、翌月まで持つか……という経営状況。ですが、今回、同じ船に乗ってくれた仲間は、苦しい状況を何度も乗り越えてきた経営者たち。このメンバーでなら、バスケ界に新しい風を吹かせられると確信しています。

i-plug 代表取締役CEO 中野智哉
ベンチャー企業による共同オーナーに強く惹かれた

共同オーナーという制度にはもちろん、関西のベンチャー企業がタッグを組んで、取り組めることにも魅力と可能性を感じました。関西を基盤としたチームを応援し、日本トップクラスのチームへ成長させる。その時、自分たちも大きく成長していると思います。

i-plug 代表取締役CEO 中野智哉

サンワカンパニー 代表取締役社長 山根太郎
兵庫県出身の私にとっては、唯一かつ最高のチーム

地元の人に認知されていないことが一番の課題だと思います。インターネット通信販売で成長してきた当社のSNS運用などを使って、まずはクラブの認知度を上げていきたい。一度リアルで観戦してもらえれば、魅力は伝わるはず。そのきっかけをつくりたい。

ダイレクトマーケティングミックス 代表取締役 小林祐樹
野球やサッカーに負けないフラッグチームに

渋谷社長の熱い思いにほだされオーナーに加わりました。アリーナが完成すれば好転は多いと思うが、その分、集客とスポンサー開拓は課題になる。ストークスを常勝するチームにして、関西を代表するコンテンツに成長させ、そこからいろいろな活動に発展させたい。

ダイレクトマーケティングミックス 代表取締役 小林祐樹

SRCグループ CEO 横山 剛
バスケを通じて地域活性化に携われることに価値がある

日本のバスケは、まだまだこれから発展していく面白みがある。それぞれの会社が持つリソースを最大限に活かせれば、他のスポーツチームの経営にはない新しい取り組みがいくつもできると、経営者として、とても可能性を感じています。

SRCグループ CEO 横山 剛

 

Masaki Kitamura

Masaki Kitamura
1981年東京都生まれ。高校卒業後、米国に留学し、スポーツマネジメントなどを学ぶ。2007年、大阪エヴェッサに通訳として入社し、’10年、前身の兵庫ストークスの初代GMに就任。’21年から西宮ストークスの代表を務める。

TEXT=木本新也

PHOTOGRAPH=櫟原慎平

PICK UP

STORY

MAGAZINE

7月号 Now on sale

完全保存版! ゲーテイスト2022。ゲーテ7月号は最強のレストラン特集

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

7月号 Now on sale

完全保存版! ゲーテイスト2022。ゲーテ7月号は最強のレストラン特集

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]7月号が5月25日に発売となる。毎年恒例のゲーテレストラン大賞「ゲーテイスト」が今年も開催! 食に対して尋常ではない情熱を傾ける、秋元 康・小山薫堂・中田英寿・見城 徹の美食4兄弟がとっておきのスペシャルな店を紹介する。そのほか、最新リゾートホテルGUIDEやゲーテ公式ECサイト「ゲーテストア」限定アイテムも必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる