GOETHE

MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

PERSON

2021.11.22

大物たちを惹きつける反骨のアソビ人生、スタイリスト大久保篤志【独占インタビュー】

男性スタイリストという職業の地位を自らの腕一本で高め、66歳を迎えた今なお木梨憲武、市川海老蔵、高中正義、葉加瀬太郎、田中将大ら数々の一流仕事人のスタイリングを手がけている。大久保篤志は、なぜこれほどまでに大物たちを惹きつけ、愛され続けるのだろうか?魅力の根源を知りたくて編集部は彼とその周辺を徹底取材し、その実像と半生を追った。すると徐々に炙りでてきたのは「反骨」と「アソビ」という相容れない生き様の同居だった。

スタイリスト大久保篤志

TBSで音楽番組『Sound Inn “S”』の収録に臨む木梨の楽屋に密着。大久保が10種以上のネクタイを提示するなど、木梨の希望を聞きながら本番衣装を詰めた。「“スウェットでタキシード”とか“ジーンズでスーツ”など想定外の発注が来るのが木梨さん。それに応えることで俺も新境地を見いだしてきた」と大久保が話せば、「ホントに作っちゃうところがすごい(笑)」と木梨。阿吽の呼吸でスタイルを形成した。

『anan』『POPEYE』を経て広告の世界へ

今から39年前のこと。雑誌『anan』のスタイリスト8人が自由に別冊を作り上げるという企画があった。独立2年目の26歳・大久保篤志は、その誌上にて「ボクは、ボクサーだ」と題したコラムを執筆している。

「僕が思うスタイリスト、これはフットワークが勝利を呼び、左が世界をリードするボクシングの世界ととてもよく似ています。相手を倒す時の美的感覚、パワーある肉体。不屈の精神。どれもスタイリストの性格になくてはならないものなのです」

別冊『スタイリストの本』

1982年4月5日発行anan別冊『スタイリストの本』。当時のananおなじみスタイリスト8 人がそれぞれ得意なジャンルで自由に表現。独立2年目の26歳大久保は「ミスマッチ タッグマッチ」という企画を立てモデルとしても登場(左)。

このコラムに滲みでているのは尖った反骨心と、それを覆い隠してしまうほどのアソビ心。大久保の半生は、そのふたつの精神が混じりあい、失敗と成功を繰り返してきたのだった。

服と音楽への異常なる愛情。天職との出会い

北海道歌登町(うたのぼりちょう、現在は枝幸町と合併)。旭川と稚内(わっかない)の間に位置する人口約3000人の田舎町が故郷である。音楽好きの叔父の影響もあり中学時代からレッド・ツェッペリンを聴き、音楽雑誌を毎月欠かさず購読した。

「同級生はみなフォーク。ロックの俺は誰も話し相手がいなかった。そういう気持ちを同郷の先輩、畠中仁さん(らーめん山頭火創業者)が救ってくれた。ホンダのクルマに乗ったり、ギターを弾いたり、とにかく愉しそうで、まさに心の拠り所だったんだよね」

祖父・卓三郎

かつて樺太(からふと)で開業医をしていた父方の祖父・卓三郎の写真を見ると、全身高級品に包まれ、とてもお洒落だ。「会ったことはないけど、俺のルーツは確かにここにある」。父・晃二、母・美智子も、ともに洋服好きだったという。

畠中に話を聞くと、「あっちゃん(大久保)は、とにかく純粋で、音楽が好きで、音響装置と楽器があった私の部屋によく遊びに来てくれたね」と懐かしむように振り返ってくれた。

大久保の青年期は、「落第」の連続だった。高3の時に日本大学芸術学部を受験するも「勉強してないから受かるわけない」。高校卒業後は札幌に引っ越し予備校へ。しかし、そこでも大久保はアソビ人生をまっとうする。

「ジーンズショップとロック喫茶でアルバイト。再び東京で日芸を受けたけど、都会の人がどんな服着ているのか気になっちゃって入試どころではなかった」

雑誌『ミュージック・ライフ』

中学時代からレッド・ツェッペリンに憧れ、雑誌『ミュージック・ライフ』の通販でレコードを現金書留で取り寄せていたという。「ジミー・ペイジと同じ恰好をしたくても当時の北海道には売ってなかったんだよ」

結局、友人に誘われ文化服装学院に入学するため上京。それでも、学校には行かず、原宿・竹下通りの「パンツショップ ラー」でアルバイトをして、そこで大半の時間を過ごした。

1年で文化服装学院を退学し、その後、伊東衣服研究所に籍を置いたが、続かず……。そんな時、バイト先に出入りしていた生地屋に勧められ、コムデギャルソン・オムの立ち上げに伴い、面接を受けることに。

「履歴書を持って川久保玲さんと面接。“経験者を求めているので”、と不採用通知が届きました」

その後、同じ生地屋の紹介で、オンワード樫山に契約社員として途中入社した。

「パタンナーだったけど勉強してないからパターンもひけない。サラリーマンの世界はほんとにつまんなかった。1年半で双方ともに“もうやめましょう”と」

そしてたどりついたのが、雑誌『POPEYE』。素人モデルとして出入りするうちに憧れのファッションディレクター北村勝彦のアシスタントに。ようやく「ここが居場所だ」と実感したが、そこでも挫折を味わう。

「評価が低くて1年でクビ。服は好きだったけど原稿が書けなくてね。東銀座の喫茶店に上司から呼ばれて“君は才能ないからやめてくれる?”と。荷物を整理しに行った時に北村さんを中心に次号の打ち合わせをしていて、それが嫌だったね。みんな俺のことジーっと見てね」

1978年11月10日号『POPEYE』

1978年11月10日号『POPEYE』。上京したての23歳。読者モデルとして誌面に登場。「オンワード樫山」就職後も編集部に出入りするうち、’80年に憧れのファッションディレクター北村勝彦の「3番目のアシスタント」に就任。「原稿が下手」などと評され、わずか1年でクビに……。

1ヵ月ほど「ぼーっとしてた」というが、そんな時に自宅に1本の電話が。平凡出版社員の石﨑孟(現マガジンハウス取締役相談役)からだった。「ananでプレッピー特集をやるからオマエ、手伝ってみない?」と言われ「やります」とふたつ返事。当時25歳。この瞬間、スタイリスト大久保篤志が誕生した。ananで突如として、水を得た魚のように大活躍した。

「貝島はるみさんというファッションディレクターや編集者の秦義一郎さんや淀川美代子さんたちがかわいがってくれた。1年もたたずにひとりでいろんなことをやらせてもらって」

表紙のスタイリングを任された号が大ヒットし、クライアントから「行ったことないなら欧州に連れていくよ」と“ご褒美旅”に誘われた。

「フィレンツェでアルマーニのスーツを着こなすイタリア人に衝撃を受けた。そんな恰好をしている日本人いなかったから。旅行から帰ってきて仕事ができなかった。雑誌は自分のなかで終わったなと思って、次は広告の世界に行きたいと思った」

『anan』

1981年5月1日発行『anan』(右)。このプレッピー特集号からフリースタイリストとして参画。同年11月13日発行(左)では表紙スタイリングを担当し、モデル・くればやし美子にマリテフランソワジルボーを着させて大ヒット。

困った時になぜか助け人が現れるのが、大久保の人生だ。PARCOの広告・CMの仕事が舞いこんできたり、会社を設立したばかりのアートディレクター横山修一から海外ロケの誘いがかかったり……。仕事が仕事を呼び、その才能とキャラクターを誰もが認めた。なぜなら、大久保ほど服を愛し、大久保ほどよく食べてよく飲む男性スタイリストは、どこを探しても存在しなかったから。

PARCOの広告『狩人か。旅人か。』

1983年PARCOの広告『狩人か。旅人か。』。初めての広告の仕事はAD井上嗣也、Photo十文字美信、Copy糸井重里という大物に囲まれ「無名だったのはぽつんと俺ひとり」。少年たちの衣装はAD井上からカラーチェックを渡され、ハリウッドランチマーケットのゲン垂水に依頼。

著名人との仕事も増えた。その代表的な存在が矢沢永吉だった。独立6年目の1986年に『月刊プレイボーイ』の撮影でLAロケをやったのが初めての矢沢との仕事。’88年はツアー衣装を担当した。夢のような時間だった。

「スタイリストが入りこめる余地がない人は誰だろうと考えた時に矢沢さんしかいないと思った。矢沢さんのスタイリングができるのであれば、スタイリストをやめてもいいと思ったほど」

矢沢永吉

’80年代後半に長年憧れていた矢沢永吉のスタイリングを担当。写真上は1988年12月21日東京ドーム・コンサートでの衣装。下の紙は、大久保が大切に保管していたその年の矢沢のコンサートのスケジュール。9~12月の4ヵ月で計77公演。驚くほどびっしりと予定が埋まっている。

そんな時、事件は起こった。いや、起こしてしまった。

当時34歳だった’89年。ミュージシャン高中正義のジャケット撮影をするためにマイアミへ。その直後にはLAでハリウッド女優を起用した大きなCMの仕事が入っていた。しかし、大久保は突然失踪した。

「当時、大きい広告の仕事だと、宣伝部に加えて営業部までロケについてきたり、とにかく大名行列で。それに嫌気がさしてしまった。少人数の気の合う仲間でやったマイアミでの撮影が素晴らしすぎて、雑誌の感覚が蘇ってきた。これが基本だと。そこにマイアミの美しい風景が重なって俺はそのまま残った」

ビーチサイドのホテルを予約し、オーシャンビューの部屋にチェックイン。

「なんか走り続けたものがプツッと切れたんだよな。憧れだった矢沢さんや高中さんのスタイリングもできた達成感があって」

スタジオ・アルバム『GAPS!』

1989年、ミュージシャン高中正義のスタジオ・アルバム『GAPS!』のジャケット撮影のためマイアミへ。この撮影後、“失踪事件”を起こしてしまう。

帰国後、CM制作会社から通告書が届いていた。罰金1500ドルの支払い。そして、何よりもそれ以降、矢沢からいっさい声がかからなくなってしまったのだ。

「やっぱり矢沢さんをスタイリングしている人間が仕事をばっくれたりすることなんて許されないことなんです。そんなヤツに矢沢さんの仕事は任せられない。ずっと一緒にやっていた時だったから迷惑をかけてしまったと思っています。当時のことを振り返ると、いまだに申し訳ない気持ちでいっぱいです」

『55mph A BOOK FOR MORTORCYCLIST』

ヤマハ発動機カタログ『55mph A BOOK FOR MORTORCYCLIST』。’80年代中盤、ダイアモンドヘッズAD横山修一に誘われスタイリング担当に。欧州、モロッコなどで過酷ロケを敢行。

ただ、意外と業界内で大久保が干されることはなかった。むしろ、愛され続けたのがこの男のすごみでもある。小室ファミリー、サザンオールスターズなどスターのスタイリングに加え、菊池武夫のショースタイリング。大きな仕事が舞いこみ続けた。だが心に穴はあいたままだった。

ある日、LAの日本食レストランでばったり矢沢と遭遇。会釈をしたが、特に会話もなく、気まずい雰囲気だった。その帰りの空港でまた会って「お疲れ様です」と声をかけた。その時に耳元で、言われた言葉がいまだに耳に残っている。「センスはいいんだから」ーー。

大久保

写真右端が大久保。

もうひとつの成功と失敗。アソビ人生のツケ

2006年、大久保は自身のブランド「The StylistJapan®」を立ち上げた。知人から「やりませんか?」と誘われ、「自分が着たいと思うワークウェア素材のスーツや分厚いボタンダウンシャツを作りたい」と考えて、話を受けた。想像以上に順風満帆。

2006年、自身のブランド「The StylistJapan®」を立ち上げた。ローンチ時から大久保とともに、ファッション・キュレーターの小木“POGGY”基史がブランドの顔としてモデルを務める。

日本全国に販路が広がるほどブランドは認知され、業界内外での評判も上々だった。だが2019年にあることに気がついた。

「なんでうちの会社こんなにお金ないんだろ」

税理士に聞くと一緒に会社を立ち上げた人物が、個人支出で2769万円を使いこんでいた。裁判にかけて勝ったものの相手に支払い能力はなく、残ったのは銀行からの借り入れだけ。

キックボクシングジム「Bungeling Bay」

毎週土曜の午前中、恵比寿のキックボクシングジム「Bungeling Bay」に通って1時間汗を流すことを10年以上続ける。「仕事の時はやっぱり自分を押し殺している。こうやってミット打ちをすると、ストレスが解消されるんだよ」

「66歳にして、もう一回やり直しなんだよ。矢沢さんや高中さんと仕事できて、一回崩壊して、マイアミで休憩したわけじゃん。そっから干されることもなく仕事をやり続けることができて、順風満帆でやってきたけど、やっぱりもう少し人を見る目とか、自分の甘さとかにしっかり気づけていればこんな失敗はしなかった。アソビ人生のツケだよ。自分が好きなことに対しての仕事ばっかりやってきてさあ。こういう天職に出くわして……。もう一度ふりだしに戻りたい。原点回帰。そして、やっぱり矢沢さんのスタイリングをやりたい。できることなら」

反骨のアソビ人生を命尽きる直前まで続ける覚悟の66歳。インタビューの最後にこう言った。

「この世界に時効がないことは当然わかってるんだけどね」

 

Atsushi Okubo

Atsushi Okubo
1955年北海道生まれ。’78年に上京し、文化服装学院などを経てオンワード樫山に契約社員として入社。退職後、雑誌『POPEYE』編集部を経て’81年にスタイリストとして独立し、雑誌『anan』で活躍。その後、広告やショースタイリング、著名人の専属担当などに活動の舞台を移し、評価を不動のものに。2006年からは自身のアパレルブランド「The StylistJapan®」を展開する。

TEXT=鈴木 悟(編集部)

PHOTOGRAPH=鈴木規仁

PICK UP

STORY

MAGAZINE

1月号 Now on sale

ゴルフをもっと探究すべきだ!ゲーテ1月号は完全保存版のゴルフライフ特集。

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

1月号 Now on sale

ゴルフをもっと探究すべきだ!ゲーテ1月号は完全保存版のゴルフライフ特集。

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]1月号が11月25日に発売となる。エグゼクティブが知っておくべきゴルフ場やギアなど、ゴルフライフが一層楽しくなる大特集。そのほか、最新ゴルフウェアを大胆に纏った鷲見玲奈のグラビアや、秘蔵の腕時計特集も必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる