GOETHE

MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

PERSON

2021.01.01

ホラン千秋が名和晃平にインタビュー! 表参道で開催中の個展『Oracle』は心を開放する聖地!?

ホラン千秋の閃き空間

年始は1月3日(日)スタート! 表参道のGYRE GALLERYでアート初詣

1月31日まで名和晃平さんの個展『Oracle』が表参道のGYRE GALLERYで開催中です。今回特別に、名和さんへの電話取材が実現したので名和さんの解説とともにお届けしたいと思います。

なぜこれだけの作品を集結することができたのか。それは新しくなったGYRE GALLERYが複数の空間で構成されている点にありました。

思わず手を合わせてしまいそうなほど神こう々ごうしいこの作品は「Trans-Sacred Deer(g/p_cloud_agyo)」。

ギャラリー内の作品はすべて2020年の最新作です。思わず手を合わせてしまいそうなほど神々(こうごう)しいこの作品は「Trans-Sacred Deer(g/p_cloud_agyo)」。鎌倉‐ 南北朝時代に制作されたとされる“春日神鹿舎利厨子(かすがしんろくしゃりずし)”の神鹿(しんろく)をモチーフに3Dシステム上でデータを制作し、木彫、漆塗り、箔押しなどの伝統技法で作られたそう。

「部屋を進んでいくと、空間が展開していく面白いスペースだったので、一番に考えたことは体験としてこの空間をどう活かせるか、ということ。それで複数の作品を織り交ぜる展示になりました」(名和氏)

アート作品は感じたままに、自由に見ることが一番とわかりつつも、どんなイメージを持って構成をしたのか気になります。

私がひと目で素敵! と目を奪われた「Catalyst」。

私がひと目で素敵! と目を奪われた「Catalyst」。点から始まり、空間を這いながら網状に増殖し続ける造形で、彫刻とドローイングの間のような存在だといいます。

「自然環境やその移り変わり、生命との関係でしょうか。入り口にカラス(「PixCell-Crow#5」)がいますよね。それから土壌を想起させるような黒い絵画(「Black Field」)。つまり、種子を運ぶ存在である鳥と、何もない土壌から始まる。奥に入るに従って、気象現象やランドスケープ、植物の種子が次々に生まれてくるようなイメージと出会います」(名和氏)

なかでも、私が最も心惹かれた作品は「Catalyst(カタリスト)」。聞けば、名和さんがグルーガンを用いて壁面に描き上げたものだといいます。光を当てないと見えないぐらい透明なのに、光の反射でいろんな見え方になる。名和さんのインスピレーションの源を聞かずにはいられません。

配置や構成によって空間に律動をもたらしている「Rhythm#2(Velvet)」。

ベルベットに包まれた可愛い大小の球体を組み合わせ、その配置や構成によって空間に律動をもたらしている「Rhythm#2(Velvet)」。

「『Catalyst』で使ったグルーガンもそうですが、漫然と概念と向き合うというよりも、物質に反応しているのだと思います。それぞれの素材が持っている特性をどう引き出したらいいかと考えます。そこからコンセプトやイメージが出てくることが多いです」

作品を目の前にして眺めていると、思わず覗きこんでしまう。文字どおり、惹きつけられる力がアートにはあるようです。

個展会場の入り口では「PixCell-Crow#5」がお出迎え。

個展会場の入り口では「PixCell-Crow#5」がお出迎え。まるで、土壌に落ちている種子をついばんでいるようですね。

「直接作品を見ると表現がより豊かに伝わるので、コロナ禍の今だからこそ、作品を身体で直に感じてもらいたいと思います」

いろんな体験が制限される今だからこそ、アートはさらに心を豊かに、脳に刺激を与えてくれます。皆さんも“名和ワールド”を体感してくださいね。

 

Chiaki Horan

鹿のはく製を透明の球体で覆った彫刻作品「PixCell-Reedbuck(Aurora)」もお気に入り。思わず見惚れてしまいます。ワンピース¥48,400(mint desings TEL:03-6450-5622) バングル¥9,900、ツイストバングル¥7,700、チェーンブレスレット¥8,250、クロスフープイヤカフ(右耳)¥9,900、スターパールイヤカフ¥22,000(左耳)、パールサークルイヤカフ(左耳)¥11,000 (すべてNATURALI JEWELY/NATURALI JEWELY 新宿髙島屋店 TEL:03-3351-5107) パンプス¥27,000 (ALBANO/rev k shop TEL:03-3407-0131)

KOHEI NAWA SOLO EXHIBITION 『ORACLE』
展示期間:2020年10月23日(金)~2021年1月31日(日)
開館時間:11:00~20:00
会場:GYRE GALLERY, GYRE 3F
住所:東京都渋谷区神宮前5-10-1
詳細はこちら

 

Chiaki Horan
1988年東京都生まれ。青山学院大学卒業。『Nスタ』(TBS系、毎週月曜~金曜日15:49~19:00 ※地域により異なる)にてキャスターを務めている。

TEXT=編集部

PHOTOGRAPH=古谷利幸

STYLING=森外玖水子

HAIR&MAKE-UP=山田大輔(Cake.)

PICK UP

STORY

MAGAZINE

2月号 Now on sale

謎に包まれたアートの仕事を徹底解剖!/表紙 西野七瀬

GOETHE 2021年2月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

2月号 Now on sale

謎に包まれたアートの仕事を徹底解剖!/表紙 西野七瀬

12月24日発売の「ゲーテ2月号」は豪華3本立て! 総力特集は「アートのお仕事」。アートの世界で働く仕事人たちを徹底取材! 一度心を捉えたら離さない、アートの奥深い魅力を大公開します。また、多彩な活躍をする西野亮廣が時代をつくる才能の育て方を激白。さらに、競馬界のレジェンド武豊さんに1年密着取材を敢行! 孤高のジョッキーの光と影が語られます。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

Salon Memberになる