GOETHE

MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

PERSON

2020.08.13

自宅で堪能する究極の和牛“もりたなか牛”~EXILE黒木啓司の九州太鼓判【啓印⑫】

宮崎出身の黒木啓司さんが九州各地を回り、九州が誇るさまざまな魅力を全力で深掘り。さらに、九州の生産者や飲食店を応援するため、YouTube公式チャンネル「THE NINE WORLDS」を始動! 今回、黒木さんが太鼓判(=啓印)を押したプロジェクトとは?

EXILE黒木啓司の九州太鼓判

“今”だから自宅で味わえる上質な熊本黒毛和牛

日本一予約の取れないと言われる幻の焼き肉店「クロッサムモリタ」。そのオーナー兼シェフ・森田隼人さんがグルメECサイト「TASTE LOCAL」とタッグを組んで始めたのが、「熊本黒毛和牛10トン救済プロジェクト」だ。

「自然に恵まれた熊本は食材の宝庫。しかし新型コロナの影響で出荷ができず、行き場をなくした食材が多くあります。そんななか日本でも屈指の畜産家である、たなか畜産の田中健司さんからSOSがあり、何とかしたいと思ったんです」(森田さん)

これは、森田さんが目利きした熊本の黒毛和牛を「TASTE LOCAL」で販売するというもの。そしてこのたび、九州を盛り上げるべく活動している黒木さんが本プロジェクトのアンバサダーを務めることとなった。

アンバサダー就任を記念したイベントでは、熊本のブランド牛「もりたなか牛」を使い、黒木さん自ら、特製肉うどんを調理し試食。調理師免許を持っていることもあり、森田さんも驚くほどの手際のよさで完成させた。

「これは美味しい! 肉を噛んだ瞬間に旨味と甘味が口の中いっぱいに広がりますし、肉の上質な脂と麺が絶妙に絡み合います。この肉を自宅で楽しめるなんて、贅沢すぎますよ!」

もりたなか牛

森田さん自身が生産に携わっている「もりたなか牛」。発酵した酒粕を餌として食べさせることで、旨味を引きだしている。©桜木奈央子

熊本黒毛和牛

厳選された熊本黒毛和牛は、サシが美しい。

黒毛和牛を使った、肉うどん

本プロジェクトで購入できる黒毛和牛を使った、肉うどん。

肉塊を黒木さん自らがカット。

肉塊を黒木さん自らがカット。

「TASTE LOCAL」では一般流通しないA5ランク黒毛和牛のステーキや焼き肉セットなどを販売中だ。(2020年7月6日現在)。

「TASTE LOCAL」では一般流通しないA5ランク黒毛和牛のステーキや焼き肉セットなどを販売中だ。(2020年7月6日現在)。https://taste-local.net

THE NINE WORLDSのYouTube公式チャンネルが始動!
九州の生産者や飲食店を応援するため、黒木さんがYouTubeチャンネルを開設。自宅での料理動画をはじめ、黒木さんが出演するKBC九州朝日放送『ドォーモ』の映像などを配信する。

TEXT=宮寺拓馬(編集部)

PHOTOGRAPH=中庭愉生

HAIR&MAKE-UP=千絵(H.M.C)

PICK UP

STORY

MAGAZINE

12月号 Now on sale

経営者が読む座右の漫画 表紙 V6

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

12月号 Now on sale

経営者が読む座右の漫画 表紙 V6

10月24日発売の「ゲーテ12月号」は座右の漫画特集!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

Salon Memberになる