GOETHE

MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

PERSON

2019.09.02

ホラン千秋が週末に最適なアーバンリゾート「ハイアット プレイス 東京ベイ」に潜入!

仕事で多忙なビジネスパーソンが、ふと閃きを得られる場所を見つけに、毎月、ホラン千秋さんが突撃取材! ラグジュアリーホテル、パーソナルジム、インテリアショップなど、話題の新スポットをいち早くご紹介する。

ホラン千秋さんポートレイト

江戸前寿司、鉄板焼きなどレストランも充実!

暑さもピークを越え、どこか気持ちのよい近場でのんびりしたい!そんな時にぴったりのホテルが、日本初上陸したと聞き、行ってきました!

場所はディズニーリゾートのすぐ近く、新浦安。海を眼前に望める場所に建つホテルが「ハイアット プレイス 東京ベイ」です。ハイアットグループのなかで、日本初進出となる「ハイアット プレイス」は、オンとオフをシームレスに切り替えて、快適な滞在を満喫することを目的にしたホテル。肩肘張らずゆっくりできそうな、シンプルでモダンなインテリアの客室は、半数以上がオーシャンビュー!

ルーフトップバー

ルーフトップバーの営業時間は17:30~24:00。目の前に何も遮るものがない、海風の気持ちいい絶景バー。

室内と同等の広さのテラスを備えたお部屋もあるんです。都心から電車やクルマで30分ほどで得られるこの心地よさに、週末を過ごす気軽な”ステイケーション”を楽しむ人も多いそう。

お薦めは、東京湾を一望できるルーフトップバー。海まで視界を遮るもののない、開放的なテラス席でのサンセットタイムは格別。シャンパンやオリジナルカクテル「ウラヤススリング」などとともに、仕事帰りに大人の夕涼みが楽しめちゃいます。

メインダイニング

本格的なピザ窯やグリルオーブンを備えた、24時間営業のダイニング「ギャラリーキッチン」。ここにもテラス席あり。奥にはパーティにも使えるプライベートルームも。他に江戸前寿司を堪能できる「すし絵」や松坂牛をメインに旬の素材を目の前の鉄板で焼き上げる「鉄板焼 富貴亭」も。また、コシノジュンコさんが描いた600号の油絵が印象的なロビーの奥には「ナインドットバー」が。ワインセラーには希少なワインも。朝から利用可能なので、シャトルバスを待つ間にコーヒーも楽しめます。

メインダイニングが24時間オープンなのもハイアット プレイスの特長。ファミリーでのレジャーやビジネスでも、ホテルに戻ってゆっくり食べたいという時に閉店時間を気にせず美味しいご飯が食べられるのは嬉しい! ホテル内にはお寿司や鉄板焼レストランもあり、食のバリエーションも豊富。さらに近隣のディズニーリゾートまでは無料シャトルバスもあるので、旅行にも便利です。

アーバンリゾートを存分に楽しみたいですね!

ホテルスタッフ

ハイアット プレイス 東京ベイ

住所:千葉県浦安市有海5-8-23 
TEL:047-305-1234
客室:「ツイン・キング」から「チェアマンスイート」まで全9タイプ 
レストラン:「ギャラリーキッチン」(24時間営業)、「すし 絵馬」、「鉄板焼 富貴亭」、「ナインドットバー」、「ルーフトップバー」全5店

詳しくはこちら

TEXT=牛丸由紀子

PHOTOGRAPH=吉場正和

STYLING=森外玖美子

HAIR&MAKE-UP=COCO(関川事務所)

PICK UP

STORY

MAGAZINE

4月号 Now on sale

創刊15周年特別号! 人生の決戦にチカラを与える、仕事人の勝負アイテムを大特集/表紙 宮本浩次

ゲーテ4月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

4月号 Now on sale

創刊15周年特別号! 人生の決戦にチカラを与える、仕事人の勝負アイテムを大特集/表紙 宮本浩次

2月25日発売の「ゲーテ4月号」は創刊15周年特別号! 表紙を飾るのは、エレファントカシマシのボーカリストであり、現在ソロ活動中の宮本浩次。総力特集は「勝負」にフォーカス! アグレッシブに仕事に打ち込む者たちの傍らには、活力を与え続けてきた勝負アイテムがある。闘う仕事人たちの相棒と、その勝負論に迫る! そのほか「勝負下着特集」や「時計特集」、新連載「JRA競走馬の成長秘話 走れ! ゲーテ号」も必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

Salon Memberになる