GOETHE

MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

PERSON

2019.07.05

ホラン千秋が表参道に誕生した北欧のインテリアブランド「アルテック」へ!

仕事で多忙なビジネスパーソンが、ふと閃きを得られる場所を見つけに、毎月ホラン千秋さんが突撃取材! ラグジュアリーホテル、パーソナルジム、インテリアショップなど、話題の新スポットをいち早くご紹介する。

ホラン千秋さんポートレイト

フィンランドのインテリアが日々の暮らしをちょっとだけ特別なものに

北欧モダンを代表するフィンランドのインテリアブランド「アルテック」。海外初のフラッグシップストアが、なんと日本にオープンしたと聞き、早速行ってきました!

「Artek(アルテック)」の語源は、Art(アート)+ Technology(テクノロジー)。その融合が、洗練された美しさと機能性を兼ね備えた作品を生みだすという意味なんです。

スツール

1階には「スツール ワークショップ」が。3 本の脚と座面を好きな素材や色で組み合わせて、自分だけの「スツール 60」をこの場で作ることができるんです。どれにしようか悩み中!

例えば、アルテックの創業メンバーでもあるデザインの巨匠、アルヴァ・アアルトがデザインした「スツール60」のパーツは、シンプルな3本の脚と丸い座面だけ。でも、無垢材を折らずに優雅なラインで曲げる技術や、スタッキングした時さえ美しいデザインなど、1脚の椅子にもアートとテクノロジーの神髄が込められています。あのスティーブ・ジョブズ氏も、アップルの発表会で「最小限の要素で完成している例」として紹介するほど、発表から80年以上が経った今でも、アルテックの考えは大きな影響を及ぼしているんです。

ホラン千秋さんポートレイト

家具はもちろん修理が可能。普遍的なデザインは使う年月とともに味わいが増し、子供へ、孫へと受け継ぐことができるというところにも夢を感じます。

店内にはアルテックの審美眼で国内外から集められた小物も充実。このお皿は何の料理に使おうかな? この椅子ならあの場所が合うかも? と想像するだけで楽しくなっちゃいました。

お店のコンセプトは「現代の暮らしにおける、本当の豊かさを発見できる場所」。日々の暮らしをちょっとだけ特別なものにしてくれる、お気に入りの家具や小物にきっと出合えるはずです!

アルテック内観

地下フロアは部屋のように家具が配置されているので、使用するイメージが摑みやすいんです。店内設計は日本の設計事務所DAIKEI MILLSが担当。印象的な波形の天井は、アアルトが手がけた「ヴィープリ図書館」の天井からアイデアを得たそう。

Artek Tokyo Store

住所:東京都渋谷区神宮前5-9-20 1F・B1
営業時間:11:00~20:00
休み:火曜
TEL:03-6427-6615

TEXT=牛丸由紀子

PHOTOGRAPH=吉場正和(人物)、Petri Artturi Asikainen

STYLING=井阪 恵(dynamic)

HAIR&MAKE-UP=KUBOK(I Three PEACE)

PICK UP

STORY

MAGAZINE

4月号 Now on sale

創刊15周年特別号! 人生の決戦にチカラを与える、仕事人の勝負アイテムを大特集/表紙 宮本浩次

ゲーテ4月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

4月号 Now on sale

創刊15周年特別号! 人生の決戦にチカラを与える、仕事人の勝負アイテムを大特集/表紙 宮本浩次

2月25日発売の「ゲーテ4月号」は創刊15周年特別号! 表紙を飾るのは、エレファントカシマシのボーカリストであり、現在ソロ活動中の宮本浩次。総力特集は「勝負」にフォーカス! アグレッシブに仕事に打ち込む者たちの傍らには、活力を与え続けてきた勝負アイテムがある。闘う仕事人たちの相棒と、その勝負論に迫る! そのほか「勝負下着特集」や「時計特集」、新連載「JRA競走馬の成長秘話 走れ! ゲーテ号」も必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

Salon Memberになる