MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

TRAVEL

2022.02.15

心洗われるサスティナブルな旅を箱根強羅で体験【ホテルインディゴ箱根強羅】

箱根町の人々と連携して、この土地ならではの歴史や文化を感じられるホテルインディゴ箱根強羅の宿泊プラン「箱根強羅サスティナブル」。今まで知らなかった箱根の息吹を感じる、心身を解放する旅へ。

ダイナミックな箱根の山々を望み、桜並木に彩られた早川のほとりという絶好のロケーションに位置する「ホテルインディゴ箱根強羅」。

温泉、自然、食事、箱根を深く感じる旅へ

ライフスタイル・ブティックホテル「ホテルインディゴ箱根強羅」は、2020年1月24日にオープンしてからというもの、箱根強羅という土地を究極に楽しむサービスや仕掛けが好評を博している。

箱根を感じさせながらも洗練された客室、全客室についている温泉の露天風呂、デジタルアートが刺激的な大浴場、そして薪のグリル料理が楽しめるレストランなど、1日では足りないほど。また、東京駅から小田原駅まで新幹線で約35分、新宿から小田原まで小田急ロマンスカーで約90分、そこからシャトルバスで街の景色をみながら約30分でホテルに到着できる、手軽さもいい。

「プレミアムスイート 露天風呂付」77㎡。早朝、プライベート露天風呂から山と渓谷を望み、お湯に浸かる時間は格別。寄木細工や浮世絵などのクラフトマンシップが魅せるコンテンポラリーアートや、小物のアメニティなども地元にまつわるものが多い。

水着で入る男女共用の温泉プール。5.2×1.7mの巨大スクリーンには、デジタルアートショーが。営業時間:9:00〜22:00。大浴場で着用する湯浴み・水着レンタルは¥500。24時間オープンのフィットネスルームもある。

「リバーサイド・キッチン&バー」。アート空間で味わう、薪オーブンを使用したグリル料理は刺激的かつ美味。

そもそも、世界で約120軒を展開するホテルインディゴブランドは、ホテル近隣の持つ歴史、人々、文化、自然を探り追求するコンセプトで、日本初として「ホテルインディゴ箱根強羅」は誕生した。今回はまさにそんなこのホテルらしい宿泊プラン「箱根強羅サスティナブル旅プラン」を体験! テーマは「箱根 強羅・宮城野100年のストーリー:豊かな自然、歴史・文化の継承へ」。今まで感じたことのない視点から箱根強羅を楽しめる。

箱根の豊かな自然を満喫する、ナショナルパークトレッキング

ホテルから約10分程度で富士箱根伊豆国立公園の入り口へ。宮城野橋から堂ヶ島を巡る約2.5キロの緩やかな散策コースを楽しめる。

東京都、神奈川県、山梨県、静岡県にまたがり、富士山を中心とした国立公園、富士箱根伊豆国立公園に行ったことはあるだろうか? ホテルから徒歩約10分に位置するトレッキングコースの入り口からは、箱根 エリアの宮城野橋から堂ヶ島を巡る約2.5キロの緩やかな散策コースがあるので、気楽な山歩きを体験できる。

この時役立つのが、ホテルで配布された専用散策マップ。登山にあまり慣れていなくても、年齢関係なく安心して参加できるルートだ。四季折々に変化する大自然に想いを馳せながら、各々のペースで、自然の中を散策し、深い森に身をゆだねられる。自分で登山道を調べるのはちょっとハードルが高いが、わかりやすいルートなので普段登山とは無縁の人でも心配はご無用。箱根の森の木々の香り、鳥の鳴き声、川の水音に耳をすますだけで最高にデトックスとなる。

ホテルでは森を感じる地味深いコースと箸作りを

「オリジナル箸作り体験」。箱根の豊かな自然を支える間伐、地域経済と環境の維持・発展について考える時間に。

宿泊プラン「箱根強羅サスティナブル旅プラン」では、箱根を今までとは異なる視点で見る機会を得られる。それが間伐材を使った「オリジナル箸作り」だ。日本における森林が占める面積は国土のおよそ70%。実は木材価格の低迷や林業従事者の減少などが原因により、十分に手入れが行き届かず荒廃していく森林が後を絶たないという。

森林の健全な環境維持に不可欠な「間伐」は、およそ40%しか実施できていないのが現状。箸作り体験では、地元事業者と連携し、周辺地域の間伐材を利用してオリジナルの箸を制作できる。箱根を支える地場産業とそこに携わる人々に触れることは、いつもと違った脳を使えるので心地よく、考え方の視野をも広げてくれる。

「INDIGO ガストロノミー」のラインナップは「富士くぬぎマスのスモーク、レッドオニオンピクルス」「マロンのクリームスープ ベーコンのグリル添え」「ウッドグリルで焼いた地物の鯛 ラビゴットソース」「丹沢で獲れた鹿のロースト 地物野菜と小田原の古代米」「デザート又は南箱根のゴーダーチーズ」他

朝食は「INDIGO イングリッシュブレックファースト」か、地元の食材をふんだんに使用した「ネイバーフッド和食弁当」の2種類のメインプレートから選べる。またセミビュッフェ付きで、シェフ特製のサラダやフルーツも楽しめる。

そしてお楽しみの食事は「地産地消の鹿肉を使ったエシカルダイニング」。地元を大切にするホテルのマインドにより、レストランで提供する料理の食材は、可能な限りホテルの半径約10キロ圏内で調達しているという。ディナーコース「INDIGO ガストロノミー」では、地元産のジビエがメインに。

このセレクトも箱根町ならではの理由があった。町内全域でシカやイノシシ等の出没や掘り起こしによる被害が続出し、神奈川県猟友会箱根支部と協力。“害獣”として扱われているシカをジビエという地域資源に変えることで、貴重な恵みを余すところなく有効活用し、地域・自然環境とのエシカルな共生を目指してる。

人にも、地球にも、社会にもやさしい「サスティナブルツーリズム」により箱根強羅の知られざる魅力を再発見できる。ワーケーションでくるもよし、純粋に旅でくるもよし、クリエイティビティを刺激する新たな旅のスタイルを体験してみてほしい。

箱根強羅サスティナブル旅プラン
箸作り体験、特別ディナーコース、トレッキング
¥75,816〜(1泊2食付き、2名1室利用時の1名料金)
詳しくはこちら

ホテルインディゴ箱根強羅
住所:神奈川県足柄下郡箱根町木賀924 -1
TEL:0460-83-8310(代表)
アクセス:小田急ロマンスカー「箱根湯本」駅より、箱根登山バスで「宮城野橋」まで約15分(バス停より徒歩約2分)、JR「小田原」駅より、無料シャトルバスで約40分、 箱根登山鉄道「強羅」駅より無料送迎で約4分
詳しくはこちら

TEXT=ゲーテ編集部

PICK UP

STORY

MAGAZINE

11月号 Now on sale

ゲーテ11月号表紙は相葉雅紀。エグゼクティブの服選び&秘められし京都の2大特集。

月刊誌「ゲーテ」2022年11月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

11月号 Now on sale

ゲーテ11月号表紙は相葉雅紀。エグゼクティブの服選び&秘められし京都の2大特集。

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]11月号が2022年9月24日に発売となる。今号は秋のファッションと京都の2大特集。さらに、くりぃむしちゅー有田哲平に密着し、普段は見せないビジネス脳を丸裸にする企画ほか、相葉雅紀のインタビューやゲーテ公式ECサイト「ゲーテストア」限定アイテムも必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる