MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

AND MORE

2022.11.21

新たなNYのアイコンに! アマン初のブランデッド・レジデンスが誕生

待ちに待った「アマン ニューヨーク」が開業した。世界中のファンの心を釘づけにするその魅力を、ホテルジャーナリストのせきねきょうこさんが解説。【特集 浪漫のある家】

静寂に包まれた14階のラウンジバー。天井には巨大なアートピースが飾られ喧騒のないくつろぎの別世界。©️AMAN

東洋のアートがちりばめられたアマン ニューヨーク

今年度下半期における数多のホテル開業のなかでも、待ち望まれた「アマン ニューヨーク」開業のニュースは、波紋のように輪が広がり、たちまち世界中に広まった。

2022年8月2日「アマン ニューヨーク」は、マンハッタンの57丁目と5番街の交差する角地に誕生。舞台は1921年に建築以来、街のアイコンとして愛されてきた、クラウンビルである。美しく蘇(よみがえ)ったビルにふさわしいグローバルなラグジュアリーホテルは、マンハッタンの新たなるアイコンとしてオーラを放っている。開業プロジェクトチームによる5年もの歳月をかけた大改修は、敢えて、華やかな広告を控え、静かなる開業を迎えたのである。アマンの新規開業はいつも密やかなプロジェクトに始まり、確実なる開業の“その日”まで世間は知ることもなく突然にやってくる。

すでに美しくエレガントに蘇った当のクラウンビルには、客室スイート83室が用意され、同時に、ブランデッド・レジデンス22部屋が上階に併設されている。マンハッタンの象徴であり続けた話題のビルに住まうというアーバンレジデンスの存在。ニューヨークならではのゴージャスな話題が舞っている。

9〜11階を占めるアマン・スパ。10階には焚火台やデイベッドの配された20mの温水プールが。©️AMAN

ビルの歴史に敬意を払い、未来に向かう

ウルトラ富裕層向けのレジデンスは、建築中からすでにほぼ完売状態であったと聞けば、ロケーションのよさや建物自体の持つ価値もさることながら、アマンブランドの信頼度にも驚かされるばかり。ブランデッド・レジデンスは、現在、世界的に流行の兆しが見えてきていて、ラグジュアリーホテルブランドを冠とするレジデンスはにわかに増加中だ。

ここクラウンビルでも、レジデンスの内装はオーダーメイド仕上げが施されている。音響システム、床暖房、バスルーム、キッチンまでハイスペックな設備が整い、完璧なセキュリティとともに、当然、レジデンス専用のエントランスが設置されている。

紹介できるのはここまでだ。パブリックなホテルとは異なり、多くの情報は公にならず、写真も一般には公開されないから。まさに都会のハイダウェイ的存在である。

「アマン ニューヨーク」のホテル&レジデンスの内装を担当したのは、他のアマンも手がけているジャン=ミッシェル・ギャシー氏(デニストン設計事務所)である。特にこれまでのアマンとの違いはソーシャルなスペースが多いこと。2層吹き抜けのアトリウム、ニューヨークでは珍しく1年を通して屋外で食事が楽しめるガーデンテラス(14階)、イタリアンダイニング「Arva」、斬新な和食で既に話題の「Nama」、スタイリッシュな「ジャズクラブ」、そして3フロアを使い、300m²を超えるのがフラッグシップの「アマン・スパ」の展開だ。他に、20mのインドアプール、10室のトリートメントルーム、フィットネスなど、ホテルの概念を超えたプライベート感溢れるどの施設も、滞在客のみならずレジデントも利用可能となっている。

贅の限りが尽くされた「アマン ニューヨーク」。見逃せないのは、随所にアマンのルーツである東洋の伝統が薫ること。なかでもホテルロビーを飾る陶芸家・辻村塊の巨大な花器、各スイートにも長谷川等伯の代表作で国宝『松林図屏風』を再現したウォールアートが壁面を飾る。洗練された館内にはアジアの精神性が宿っている。

問い合わせ
アマン 共通フリーダイヤル TEL:0120-951-125(10:00〜17:00)

【特集 浪漫のある家】

TEXT=せきねきょうこ

PICK UP

STORY

MAGAZINE

1月号 Now on sale

ゲーテ1月号表紙は松田翔太。エグゼクティブを刺激するスノーリゾート&時計の2大特集。

ゲーテ1月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

1月号 Now on sale

ゲーテ1月号表紙は松田翔太。エグゼクティブを刺激するスノーリゾート&時計の2大特集。

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]1月号が2022年11月25日に発売となる。本格的なウィンターシーズンの到来に向け、今月号はスキーリゾートを大特集。さらに、新作タイムピースをピックアップした時計特集ほか、新ビジネスを始めた松山ケンイチ、松田翔太のインタビューやゲーテ公式ECサイト「ゲーテストア」限定アイテムも必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる